ロマンの木曜日 2016年10月20日
 

その寺はどこにあるのか?

地名になってるお寺に行ってみた
地名になってるお寺に行ってみた
高円寺、豪徳寺のように、なんとか寺っていう地名は多い。

でももとになった寺についてはよく知らない。駅の近くにほんとにあるんだろうか。

お寺には詳しくないけど、とりあえず見てきました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

高円寺はひたすら素敵だった

まずは高円寺に行ってみた。
これかー
これかー
寺としての高円寺は、中央線の高円寺駅から歩いて5分ぐらいのところにあった。商店街が終わって住宅街になるところ。

そして境内はひたすら素敵だった。
高円寺にこんなところが!
高円寺にこんなところが!
本当にお寺だったんだ、という謎の感慨
本当にお寺だったんだ、という謎の感慨
これが高円寺か
これが高円寺か
右下の青いピンが高円寺
お寺としての高円寺は、曹洞宗の宿鳳山(しゅくほうざん)高円寺というそうだ。阿波踊りの街だと思ってたけど、宿鳳山とか言われると急に格調高い。

お寺ができたのは460年前。鷹狩りのときに将軍が寄ったとかで徳川家と関わりが深く、葵の紋があったりする。
門の扉に葵の紋
門の扉に葵の紋
高円寺の駅ができるまでは、お寺のまわりには田んぼと、あとは家が点在していて、とくにお寺の周りが栄えていたふうではないようだ。

駅ができたのは100年前。それ以来、近くに道路や建物ができて栄えていったが、お寺としての高円寺はかわらず高円寺だった。「ちいさいおうち」のパターン。
高円寺データ

駅との距離 334メートル
場所の状況 商店街が終わって住宅街になるところ
備考 緑が多くてすてき

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓