ひらめきの月曜日 2016年10月31日
 

全国こけし祭りのこけしパレードに参加してきた

前から2つめのこけしの中に、私が入っています。
前から2つめのこけしの中に、私が入っています。
こけし好きの友人から、「張りぼてのこけしに入って温泉街を練り歩くパレードに出ようや」と大阪弁で誘われた。なんでも宮城県の鳴子温泉でおこなわれる全国こけし祭りのイベントで、こけしに入る人を募集しているらしい。なんだろう、張りぼてのこけしって。

正直こけしに対する思い入れはまったくなく、こけしに入ってパレードしたら楽しそうだな〜くらいの軽い気持ちで参加してみたのだが、うっかりこけしが好きになるほどの濃い体験となった。きっと来年も参加する。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

温泉番付東の横綱、鳴子温泉へやってきた

全国こけし祭りは、1948年にはじまって今年で62回目を迎える伝統ある祭り。全国と名がつくだけあって、鳴子だけでなく日本各地からこけし職人が集合して、こけしコンテストや即売会がおこなわれるという、こけし業界の一大イベントらしい。

この祭りがおこなわれる鳴子は日本一のこけし産地であり、『青春18きっぷで行く温泉番付』とやらで東の横綱になるほど有名な温泉地なのだとか。
いで湯とこけしの郷、鳴子にやってきました。
いで湯とこけしの郷、鳴子にやってきました。
パレードは9月3日(土)の夜で日帰りも可能だったが、せっかくだからと2日の昼から二泊することにした。

鳴子の温泉、こけしだらけの町並み、泊まった自炊宿など、どれも最高だったので、この判断はとても正しかった。
駅にある足湯にとりあえず手を入れてみたら、ただのお湯じゃないんだよ感がすごかった。これが横綱の実力か。
駅にある足湯にとりあえず手を入れてみたら、ただのお湯じゃないんだよ感がすごかった。これが横綱の実力か。
鳴子温泉は最高だったのだが、紹介し出すときりがないので、この記事ではこけし祭りのことしか書かない。

こけしを買うために1週間並んでいる人がいる

鳴子駅でこけし祭りのリピーターである友人夫婦と合流し、その友人である工人(こうじん)の大沼さんに御挨拶。

ここでいう工人とは、こけしを作る職人さんのことで、最盛期は鳴子に100人近くの工人さんがいたそうだが、現在は20名ほどまで減っている。そして鳴子の人口も半分まで減少した。
左が工人さんである大沼さん。右は祭りに誘ってくれた友人夫婦。
左が工人さんである大沼さん。右は祭りに誘ってくれた友人夫婦。
大沼こけし店のこけし。これよく見ると模様が全部違うんですね。そして意外と安い(小さめのサイズです)。
大沼こけし店のこけし。これよく見ると模様が全部違うんですね。そして意外と安い(小さめのサイズです)。
それでも最近は第三次こけしブームが到来していることもあって、全国こけし祭りの会場には徹夜組の熱いファンが並んでいるらしい。

こけしブームというものが過去に2度もあり、そして現在が3度目のブームとは知らなかった。ちなみに第一次が戦前の昭和15年頃、そして第二次が高度経済成長期の40年頃とのこと。

いくらブームとはいえ、こけしのためにといったら失礼だが、徹夜までするなんて本当だろうかとメイン会場の鳴子小学校体育館へといってみると、確かに入り口前で開場を待つ人達がいた。
並んでいる方は写真NGということで、代わりに私が座ってみました。
並んでいる方は写真NGということで、代わりに私が座ってみました。
並んでいる方々に話しを伺ったところ、狙いはコンテストに出品したけれど惜しくも入賞を逃した審査品と呼ばれるこけしであり、その優先販売のために並んでいるそうだ。

一番に並んでいる方は先週の土曜日からいるそうで、ここがオープンするのは明日の土曜日だから、丸一週間の場所取りとなる訳か。

新しいアイフォンとかよりも、新作のこけしに人は並ぶ時代なのかもしれない。
今から並ぶと20番でギリギリ審査品が狙えるらしい。でも並ぶのは無理!
今から並ぶと20番でギリギリ審査品が狙えるらしい。でも並ぶのは無理!

こういったこけしのイベントは、規模は様々だが全国のこけし産地でおこなわれており、そこに並んでいるのはだいたい同じメンバーなので、みんな顔見知りという感じらしい。

昼間は前後の方に了解を得て抜けたりしながら場所取りをして、夜になると宿に戻るそうだ。

もはやこけし目当てというよりは、並ぶこと自体が目的になっているところがあるよねとニッコリ。

盛大にこけしが燃やされた

こけし祭りでおこなわれる最初のイベントは、2日(金)の夜に温泉神社でおこなわれる、こけし供養祭。

可燃ゴミとして出すのは心が痛むと、全国から集まった古いこけしを燃やして供養する儀式だ。

日が暮れた頃に点火され、大きな炎を上げて燃えていくこけし達。100%木なのでよく燃える。
だるまや人形などは聞いたことがあるけれど、こけしの供養祭というのは初めて聞いた。
だるまや人形などは聞いたことがあるけれど、こけしの供養祭というのは初めて聞いた。
わー、こけしが燃えていくー。
わー、こけしが燃えていくー。
炎が龍になって天へと昇っていくような燃えっぷりだ。
炎が龍になって天へと昇っていくような燃えっぷりだ。
雰囲気を盛り上げる幻想的なフルートの生演奏。熱くて大変そうですね。
雰囲気を盛り上げる幻想的なフルートの生演奏。熱くて大変そうですね。
こけしー!今までありがとうー!
こけしー!今までありがとうー!
このイベントはちょっと見るだけでいいかなと思っていたのだが、なんとなく最後まで見入ってしまった。

私はこけしに対する思い入れがまったくなく、現時点でもその魅力にまだピンときていないのだが(ちょっとかわいいなと思うようにはなってきた)、今日一日で「こけしに対する強い思い入れを持つ人がいる」ということは実感できた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓