フェティッシュの火曜日 2016年11月1日
 

地味な仮装限定ハロウィンに300人が集まった

突然のコラボ

地味ハロウィンの醍醐味はコスプレ同士が一緒になることでシーンが生まれることである。たとえば…。
東京地検特捜部
東京地検特捜部
この4人は他人である。バラバラにやってきて東京地検特捜部と報道記者になった。自然発生した特捜部は世界中でここだけだ。次は犬つながりのこの3人。
左から、長い紐で犬を散歩させている人、年配女性、飼い犬を探している人
左から、長い紐で犬を散歩させている人、年配女性、飼い犬を探している人
年配女性は仮装のはずがすっかり表情もそれになっている。そして同一テーマは瞬時にグループになってシーンを作っていた。
テーマパーク帰りの人たち
テーマパーク帰りの人たち
結婚式の二次会(左から二番目はきっと親族)
結婚式の二次会。5チーム合同
ビンゴカードやハンドベルが二次会っぽさを溢れさせている。ハンドベルを持った人のコスプレテーマは「余興を断れなかった人」だそうだ。断れなかった、というところにリアルを感じる。
中央の和服の女性は新郎側の親族という設定が現場で生まれていた。
市民オーケストラとイベント司会
市民オーケストラとイベント司会
無印良品の店員と無印良品の客
無印良品の店員と無印良品の客
リアリティあふれる4人だがすべてコスプレで何ひとつ本物はいない。バイオリンの女性はバイオリンが弾けない。
小学校教諭、調理実習の小学生、進学校にいる生物教師
小学校教諭、調理実習の小学生、進学校にいる生物教師
合格発表を見に来た高校生と軽音の勧誘
合格発表を見に来た高校生と軽音の勧誘
繰り返すがどの組み合わせも初対面である。合格発表を見に来た高校生コスプレのピーコートがリアル。
こちらは店員コスプレの集合写真。左から、2002年のファミリーマート店員、熱があるスターバックス店員、家電量販店の販売応援に来たメーカーの人、ビックカメラ店員、秋月電子の店員
こちらは店員コスプレの集合写真。左から、2002年のファミリーマート店員、熱があるスターバックス店員、家電量販店の販売応援に来たメーカーの人、ビックカメラ店員、秋月電子の店員
2002年のファミリーマートは過去からやってきたコスプレである。懐かしい。
この二人が立っているだけで空気が量販店になる
この二人が立っているだけで空気が量販店になる
市民オーケストラ、パルム、チケットが欲しい人  こういうまったくわからないコラボも味わい深い。頭の悪い不思議の国のアリスみたいである。
市民オーケストラ、パルム、チケットが欲しい人
こういうまったくわからないコラボも味わい深い。頭の悪い不思議の国のアリスみたいである。
ビラ配りの4人(左からコンタクトレンズ、サバゲーサークル、軽音サークル、進路説明会)
ビラ配りの4人(左からコンタクトレンズ、サバゲーサークル、軽音サークル、進路説明会)
わかりにくいけど、左から「一泊三日でインドに行き人生観が変わった人」「ユニクロのマネキン」「熱が出てるのにバイトに出てるやつ」「中華系のツアーガイド」「歩き遍路」「あだち充」「ダヴィンチ恐山」
左から「一泊三日でインドに行き人生観が変わった人」「ユニクロのマネキン」「熱が出てるのにバイトに出てるやつ」「中華系のツアーガイド」「歩き遍路」「あだち充」「ダヴィンチ恐山」
見事にバラバラ。酸素を吸って二酸化炭素を吐いている、ぐらいしか共通点がない。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓