はっけんの水曜日 2016年11月2日
 

10種類のベトナム麺料理を食べてまわる

!
我々がいつも食べる麺類と言えば、なんだ。

ラーメン、うどん、そば、そんなところか。きしめん、そうめん、と広げていけばまだあるが、季節モノだったりご当地モノだったり、いつも食べるかと聞かれると違う気もする。

ベトナムの麺類について紹介したい。その種類の数は、実に10!スープや具材が違うというレベルではなく、そもそも麺の製法からして10種類!フォーだけだと思ってた?とんでもない、極論フォーは日本でも食べられる!ヌードル大国ベトナムの真髄に今、触れてほしい。
1984年大阪出まれ、2011年からベトナム暮らし。日本から3600km離れた土地で、ダチョウに乗ったり、ドナルドのコスプレをしたり、札束風呂に入ったりしている。
> 個人サイト べとまる

10種類とは言ったけど7種類は全部「米」です

今やコンビニにもひとつやふたつはある、フォー。
今やコンビニにもひとつやふたつはある、フォー。
あまり知られていないが、ベトナム人は世界で一番お米を食べる。2012年のデータでは一日の平均量は3.6杯(日本は2杯)、ついでに言えば輸出量も世界2,3位に位置するほどの「お米強豪国」だ。南部の常夏の気候では年に三度の収穫が可能で、有り余る米は惜しみなく、腹に収めるか・海外に売るかのどちらかになる。

なので、ベトナム人は大昔から「いかにして米を飽きずに食べるか」について考え続けてきた。ガリレオ・ガリレイが地動説を唱えたときも、ニュートンが落ちたりんごを目撃したときも、ベトナム人は常に米を食べる方法ばかり考えてきた。

というと真っ赤な嘘になるのだが(フォーの歴史は20世紀初頭からと意外に浅い)、10種類中7種類の麺類が米粉からできているという事実から言っても、米の食べ方に並々ならぬ情熱と努力を重ねてきた国民だろう。

先に書くと、種類はこの通り。

・フォー
・ブン
・フーティウ
・ミークアン
・バインダー
・カオラウ
・ヌイ
・ミー
・ミエン
・バインカン


今回、麺類と併せてお店も書きました。自分で言うなよと思われるかもしれないが、今回の観光情報としての価値はかなり高いですぞ!!ぜひこのページを見ながらベトナム(ホーチミン市)まで来てほしい。スマホじゃなくて印刷してね、ひったくられちゃうからね。

正直辛かったが、ベトナム料理をまだまだ知らないことを痛感できた

思った以上に観光記事になっちゃった感はあるが、食べ物を紹介する以上どうしてもそうなるし、ライターをやってる理由の3割くらいはベトナムのことを日本に伝えたいのでそれはそれとしていい。ともかく今回、麺類を(カオラウを除き)9食攻めることは地味に辛かった。

日本人は、日本で暮らして日本食を食べてきたからこそ日本人だという面もある。いくらベトナム料理は日本人の舌に合うと言われていても、やっぱり日本食は常にちょくちょく挟んでおきたい(そもそも日本人好みは一般に北部料理を差し、私はというと南部に住んでいる)。

しかし、バインダーやヌイなど、なんとなく敬遠していたが食べたらめちゃくちゃ美味しかったという発見があったので、改めてベトナム料理への探究心を怠ってはいけないなと思ったのでした。ホーチミンへ観光に訪れる方は、ぜひとも麺料理を巡ってみてください。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓