ひらめきの月曜日 2016年11月7日
 

情報系同人誌即売会に行けば面白い本が必ず見つかる

おもしろ同人誌バザールでの戦利品。どれも商業誌にない面白さ。
おもしろ同人誌バザールでの戦利品。どれも商業誌にない面白さ。
同人誌といわれるとどんな本を想像しますか?「ああ、コミケとかで売っている薄くてアニメとかマンガとかが書いてあるやつでしょ。」と答える人も多いと思います。

確かに同人誌というと、アニメやマンガ。更には、ちょっと手に取るには恥ずかしい、肌色の部分の割合が高い女の子の絵が描いてあるような本が多くあります。

しかし、同人誌はそれだけではありません。「情報系」という同人誌があります。普通の本屋では買えない、面白い情報の詰まった情報系同人誌ばかり集めた即売会「おもしろ同人誌バザール」で各種入手してきましたので紹介します。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

情報系同人誌とは

そもそも情報系同人誌とはどういうものなのか。おもしろ同人誌バザールのページにはこのように書かれています。

「読者に伝えたい「情報」をテーマにまとめられた同人誌」
「第2回おもしろ同人誌バザール」の会場は有楽町。東京交通会館の3階。入場無料。
「第2回おもしろ同人誌バザール」の会場は有楽町。東京交通会館の3階。入場無料。
コミケでは「評論・情報」というカテゴリーがあります。そこには何かについての批評、イベントレポート、グルメレポートや料理本、様々な体験談、趣味のノウハウなどについて書かれた同人誌が並びます。

他にも「鉄道・旅行・メカミリ」「スポーツ」などのカテゴリーでは、自分で撮影した電車の写真集、旅行記、戦車や戦闘機に関する本、スポーツ観戦記など、アニメやマンガとはほぼ関係ない趣味の情報をまとめた本が並びます。
ジャンルは様々。自分の好きな事で誰かに伝えたい情報が詰まっていれば何でもOK(18禁の画像が含まれる物などは不可)。
ジャンルは様々。自分の好きな事で誰かに伝えたい情報が詰まっていれば何でもOK(18禁の画像が含まれる物などは不可)。
おもしろ同人誌バザールでは、食べ物、飲み物、旅行、本、映画、スポーツ、学問、世界の国と地域、文化、家電、雑貨、ライフスタイル、更には各種の趣味や仕事にいついて。どんなジャンルでも「情報っぽいもの」であればOKな同人誌即売イベントです。

様々なジャンルの本があります

それでは今回入手してきた本を紹介していきます。グルメ、料理、旅行、軍装備、鉄道、アニメデータなど各種あります。気になる本から写真をクリックしていただくか、最初から順にご覧ください。

誰でも楽しめる同人誌イベント

最後に主催者の臼井さんになぜこのようなイベントを開催したのかお聞きしました。
主催者の臼井さん。サークル「版元ひとり」で色々な本を作っています。
主催者の臼井さん。サークル「版元ひとり」で色々な本を作っています。
「元々こういうジャンルの本を作っていて、売る場所をもっと増やしたい。一般読者の方にも見てもらう機会を増やしたいと思ってはじめました。同人誌に馴染みのない人にも気軽に来て見てもらえるように会場を選んでいます。」

今回の第2回おもしろ同人誌バザールは有楽町駅前。全国自治体のアンテナショップが入り、多くの人が行きかう東京交通会館で行われました。第1回は池袋のニコニコ本社。どちらも駅から近い様々な店舗が入った商業ビル内で行われています。入場は無料。今回は57のブースが出店していました。
駅から近い商業ビル内で開催されているので参加者も幅広い。お子様連れの方もいる。誰でも楽しめます。
駅から近い商業ビル内で開催されているので参加者も幅広い。お子様連れの方もいる。誰でも楽しめます。
同人イベントには、グルメ関係の本ばかり集めた「グルメコミックコンベンション」。自作ゲームばかり集めた「ゲームマーケット」など、特定分野の物が幾つかあります。自分の趣味の分野ならば、興味を持ってそのようなイベントに参加するかもしれません。

しかし、同人イベントが初めてという人にとって参加には戸惑う点も多い。実際コミケでは、夏場会場内に雲が出るほど異常に暑いとか、驚異的な人数の人が集まっていて思うように動けないなど、戦場と言われるほど厳しい面があります。
こんなハッピを着てビルの外でチラシ配りをしているスタッフもいました。同人誌イベントではあまり見ない光景。
こんなハッピを着てビルの外でチラシ配りをしているスタッフもいました。同人誌イベントではあまり見ない光景。
その点、おもしろ同人誌バザールは、会場的にも内容的にもオープンな感じで参加のハードルも低く、誰でも楽しめる同人誌即売会となっていました。

もちろん、お釣りが大きくならないように小銭を用意するとか、列に並ぶとか、本の上に物を置かない、通行を妨げない、本を見るときに隣のブースに被らないなど、どこのイベントでも共通する暗黙のルール的なものには注意が必要です。当たり前のマナーを守れる人なら問題はありません。

是非一度足を運んでみてください。面白い本が必ず何か見つかります。
以前紹介したミリンの飲み方本の壱の方を購入しようと思って後で行ったら売り切れでした。買いたいと思った時が買い時です。
以前紹介したミリンの飲み方本の壱の方を購入しようと思って後で行ったら売り切れでした。買いたいと思った時が買い時です。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ