ロマンの木曜日 2016年11月10日
 

飛行機に乗ってるように見える写真を撮る方法

!
「海外旅行に行ってきま〜す」SNSのタイムラインでこのような写真を見かけて、うらめしく思った経験はないだろうか。海外の名所や料理を紹介する写真なら「へーこんな場所あったんだ!」とか「美味しそう!」とか思えるからまだいいのだ。

しかし、機内から見える空とかアップされても、「うらやましい」か「高度スゴそう」しか言えない。

僕もそんな飛行機からの写真をアップしたい。しかし、海外旅行に行く予定などない。そこで再現することにしたのだ。結果からいうと成功した。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

「今からハワイ!エンジョイするゾ〜」
「今からハワイ!エンジョイするゾ〜」
「エンジョイするゾ〜!」
「エンジョイするゾ〜!」
「するゾ〜」
「するゾ〜」
「ゾ〜」
「ゾ〜」
というわけで今回やりたいことはこれだけだ。ただ、なぜこのような写真を撮ったのか気になる人が2人ぐらいいると思うので(その内ひとりは母です。毎回記事の感想をLINEで送ってくるのは止めてください)ご紹介させていただきたい。
機内の写真といえば、おなじみ「飛行機の羽根」。
機内の写真といえば、おなじみ「飛行機の羽根」。
これでもかと羽根が写っている。きっと、又吉の相方もアメリカへと飛び立つ時、羽根の写真を撮るだろう。飛行機の写真を再現するためには、飛行機の羽根が絶必なのだ。そんなわけで、ヨドバシカメラに行く。

飛行機の羽根を金で買います

プラモデルコーナーに眠る飛行機たち。
プラモデルコーナーに眠る飛行機たち。
戦闘機の中に、こじんまりとジャンボジェットのプラモデルがあった。ファンの方には申し訳ないのだが、腰抜かすくらい興味がわかない。
しかも、4000円した。開けてみる。
しかも、4000円した。開けてみる。
背骨がきしむくらいシンプルなパーツ群。
背骨がきしむくらいシンプルなパーツ群。
サンマみたいなサイズ。
サンマみたいなサイズ。
5分で組めた。プラモデルって、箱の割に完成したら小さい!という欠点あるけど、飛行機はでかくてうれしい。
【問題】このパーツはなんでしょう。
【問題】このパーツはなんでしょう。
正解は、「おもり」
図体がデカすぎるので必要になるようだ。かっこいいぞ!ジャンボジェット。簡単にできて充実感があるので、意外と初心者にやさしいプラモデルかもしれない。
リアリティを出すだめ、指定の色で塗っていく。
リアリティを出すだめ、指定の色で塗っていく。
汚し塗装開始。
汚し塗装開始。
違和感がない写真にするためには、羽根の「本物感」が大切になってくるはず。古くなった筆の先をカットして、ドライブラシとして使う。汚し塗装を施すのだ。本当のジャンボジェットはピカピカに清掃されているけれど、ちょっと強めに汚すほうが写真で見た時リアルに見えるのでは……
羽根完成!
羽根完成!
突然ですが、ここでクイズです。
Q.「パンはパンでも食べられないパンは?」
正解は、フライパン
正解は、フライパン
アジフライ
アジフライ
ハネつき餃子
ハネつき餃子
牡蠣フライフライ
牡蠣フライフライ
夕食を紹介して申し訳ない。脱線してしまったが、こちらの羽根をもって街中に出れば素敵な写真が撮れるはずなのだ。さっそく撮ってみよう。

街中で撮影してみよう

ん?
ん?
……「コン・エアー」のラストシーンみたいにしかならない。

ある程度高い場所に行かないと、それっぽい写真は撮れないのかもしれない。身近で見晴らしのいい場所……
ということできました。梅田スカイビル。
ということできました。梅田スカイビル。
高さは173m!イギリスの出版社が選んだ「歴史的建造物トップ20」に、オリンポス神殿やコロッセオとともに選出されたことでも有名である。

来場者の半分は、海外からの旅行者が占めていた。入場料は「1000円」

お、おう。受付で後ろにいた海外からの観光客も、「めっちゃ高い!(値段が)」みたいなことを言っていた。日曜なのにすいている。
中はこんな感じ。
中はこんな感じ。
これが1mあたり5.78034682円の景色か〜
これが1mあたり5.78034682円の景色か〜
先ほどの海外からの観光客も「めっちゃ高い!(景色が)」とはしゃいでいる。羽根で写真を撮ってみよう。
パチリ。
パチリ。
おぉ!
おぉ!
飛行機が飛び立つ瞬間っぽい写真が撮れた。本物の飛行機と同じく太陽の光の下撮影すると、それっぽい。
これとかそれっぽさスゴくないですか。
これとかそれっぽさスゴくないですか。
ちょっと同時多発的なやつに見えるので失敗。
ちょっと同時多発的なやつに見えるので失敗。
「もうすぐホノルル空港に到着〜」
「もうすぐホノルル空港に到着〜」

海外旅行に行くふりをしてみて

再開発が進む大阪。今度このビルに登るのは何年後だろうか。その時には、大きく景色が変わっていることだろう。取材中抱っこしていた息子も大きくなっているに違いない(なんとなくそれっぽいことを書いて終わります)。
ライジング・サン
ライジング・サン

【ライター個人のお知らせ】


TV番組制作陣・劇団・Youtuber・広告会社……異業種の人たちが映像作ってどれがいちばんバズるかという、NHKの血も涙もない企画に参加しております(広告会社枠・藤井さんのお手伝いとして)チャンネル登録者数50万のYoutuberの方に勝てる気がしないのでヤケクソ気味ですが、素敵な啓蒙ビデオができあがりましたので、ぜひ見てくださいね。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓