土曜ワイド工場 2016年11月12日
 

確実に売れるペット漫画を描いてみた

!
ペット漫画って常に人気がある。
漫画家やイラストレーターが、飼っているペットを題材にしたエッセイ風の漫画のことである。
一応僕も犬を飼う絵描きのはしくれとして、これは自分も描かねば!そして一発当てたい!
ということで今回は、確実に売れるペット漫画を描いてみたいと思う。
多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!
> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

うちではいま柴犬を飼っているのだが、この柴犬のペット漫画にかぎってみても、けっこう発売されている。
!
あら、こんなにも。
!
かわいいわねぇ。ペットへの愛が伝わってくるわねぇ。うふふ。
!
そんなペット漫画ってそもそもどんな内容なのかいろいろ調べてみたところ、どうやら基本的に「ペットのあるある」をテーマにすればいいようである。

わかるわかる、かわいい〜!という声を得られればいいようである。偏見がすぎるがそういうことにする。
!
そこで、うちの柴犬もものあるあるとして想起してみたところ、一つのあるあるが浮かんできた。

それは「どんなに寝ていても、禁断のフレーズ『おやつ』と言えば、ソッコー目を覚ましてもらいに来る」というものである。

つまりは、写真で表すとこんな感じである。
!
やる気ゼロでチョー寝ているが、この状態から「もも、おやつ」と、声をかけてみると…
!
!!
!
ソッコー目をさました。あんなに熟睡してたのに。
!
この犬、ゲスい。
!
そうして突っ込んできて
!
おやつをくれくれくれくれと、言ってくるのである。
!
この犬、ゲスい。
「おやつ」という甘美な響きに食欲が刺激され、睡眠欲をあっさり凌駕する、という本能のみで生きる犬ならではのやつであろう。
みんなの柴犬もそんなはずである。そう思いたい。そう思わなきゃやってられない。ちなみに、この様子を動画でも表現しておく。
よりゲスさは引き立つであろう。ではこの柴犬あるあるをもとにして、それなりにペット漫画化していきたいと思う。
!
そんな際に、まず大事なことといえば、やはりキャラデザインであろう。各作家、各自の画風でかわいい柴犬を、みごとに描ききっている。
!
その路線でうちの犬も、ペット漫画に出うるキャラとして
!
デザインしてみよう。というわけで、
!
おもむろにペンを走らせ、とりあえずできたのが、コチラである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓