フェティッシュの火曜日 2016年11月15日
 

伝説!最強!自褒めパワーワード飲食店

街のあちこちに伝説とか天下無敵が溢れている。
街のあちこちに伝説とか天下無敵が溢れている。
飲み屋の多い通りをうろうろ歩いていると、やけに強そうなお店を見かけることがある。
競争力が強いとかそういう商売上の話ではなくて、自己評価が高いというか、自分に対しての称賛を惜しまないというか、究極の○○とか最強○○みたいな、ひと目見て「おっ、盛り上げてきたな」と思うようなやつだ。
そういう自褒めパワーワードなお店を集めてみたら面白いかな、と思ってあちこち撮り歩いてみた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

とどまること無き自己評価

「自褒めパワーワード店」って文章だけだとちょっと分かりづらいかもしれないが、現物を見れば「ああ、そんな感じの」と理解していただけると思う。
要するに、こういうやつだ。
冷静に考えたら「最強名物」って聞いたこと無い単語だ。
冷静に考えたら「最強名物」って聞いたこと無い単語だ。
例えばこちらの「最強名物」という単語。かなり強めに自分を褒めているだろう。
このチャーハンが当店の評判のメニューです、というなら「当店名物」でいいはずなんだけど、そうじゃなくて「最強名物」。最強に名物と言われると、よく分からないけど相当にすごいチャーハンな気がする。
というか普通に美味そうだ、肉あんかけチャーハン。
これは分かりやすい自褒めパワーワード。
これは分かりやすい自褒めパワーワード。
そして、「日本一おいしいミートソース」。ジャパン・ミートソース・チャンピオンズカップ(JMCC)みたいな催しがあったのだろうか。それとも自己評価なのだろうか。
自己評価で日本一を名乗るのはなかなかに度胸がいると思うが、そう自称する以上、マズいことはないんじゃないか。写真も美味そうだし。

味噌ラーメンは高み目指しがち、焼き鳥は極めがち

ところで、こういうのを探し歩いていると、自前パワーワードと料理のジャンルにもしかしたら共通点があるんじゃないか、という例を見つけた。
分母が少ないので、あくまでも「そうじゃないか」ぐらいの話だが。
天下に敵無し。最強の味噌ラーメン、ということか。
天下に敵無し。最強の味噌ラーメン、ということか。
トップオブ味噌ラーメン。高み。
トップオブ味噌ラーメン。高み。
まず、味噌ラーメンは高いところを目指しがち。
自称パワーワードで飾られた味噌ラーメンのお店は、「天下無敵」とか「頂点」とか、いわゆる最高峰的な表現が施されている。
普通に考えれば、味噌ラーメンに天下無敵というワードはちょっと過剰じゃないかと思わなくもないのだが、それだけ美味いんだろうか。
美味しんぼを思わせる「究極」ワード。極めましたか。
美味しんぼを思わせる「究極」ワード。極めましたか。
こちらの焼き鳥は「味と安さ」が究極。具体的でいい。
こちらの焼き鳥は「味と安さ」が究極。具体的でいい。
対して焼き鳥は、究極になりがち。
「究極」とは物事を押し詰めて最後に到達した、物事の極みのこと。つまり、焼き鳥の最終形態ということになる。かっこいいな、進化を極めた焼き鳥。別の生きものに進化してるんじゃないか。

ちなみに、この二軒は新宿で見つけた、別々の焼き鳥屋だ。
「日本一の焼き鳥」が同じ地域に二軒あったらそれはさすがにサギだが、焼き鳥の最終形はそれぞれ別に行き着いても間違いではない。

町にあふれる伝説

飲食店の自称パワーワードの中でも、個人的に一番「強いな」と感じたのが、自称「伝説」だ。
だって、そのスゴさが人々の間で代々と語り伝えられるレベルの話でないと「伝説」って言わないだろう。
でも、わりとあちこちにあったぞ、伝説。というか、そもそも自称でいいのか。
街中に溢れていた伝説。伝説チェーン。
街中に溢れていた伝説。伝説チェーン。
最も身近にある伝説と言えば、伝説のすた丼屋。
いまや全国規模でに広く知れ渡った伝説ということで、これはちゃんと他称でも伝説感がある。
近所のイオンのフードコートに行ったら伝説の店でご飯が食べられるわけで、気さくな感じも良い。
伝説の餃子、安いな。
伝説の餃子、安いな。
さらに手羽先も伝説。
さらに手羽先も伝説。
伝説の餃子と伝説の手羽先は、同じ居酒屋のメニューだ。
つまり、一軒の居酒屋に二つの伝説が伝わっているということ。もはやこの居酒屋が伝説の居酒屋なんじゃないか。魔王を倒した勇者が平和になった世界で居酒屋始めました、的なやつ。
黒板にマーカーで書かれた伝説。そんなザックリでいいのか伝説。
黒板にマーカーで書かれた伝説。そんなザックリでいいのか伝説。
ここは、以前にライター大塚さんも来ていた門前仲町の焼き鳥屋。
焼き鳥本体ではなくサイドメニューのポテサラが伝説になっているというのは面白い。
このまま、伝説のポテトフライとか伝説の枝豆とか伝説の梅水晶とか、そういうサイド伝説を次々と打ち立てていくのもありだろう。

長文で攻める自前パワーワード

「伝説の」とか「究極」のようなシンプルにバシッと強いワードに対して、長めの文章で強みを盛り上げていくタイプのお店も幾つか発見した。
短いのもいいが、文章として読ませるタイプの自褒めパワーワードもなかなか味わい深い。
これはかなりの自褒めパワー。
これはかなりの自褒めパワー。
「五つの味、五つの感動」と来た。いいぞ、盛り上げてきたぞ。
単に寿司が五つ並んでいるというだけの盛り合わせを、寿司一貫につき一感動にまで昇華させている。この力業はお見事と言うしかない。
「五つの味、五つの感動」。何度も噛みしめるように読んでしまう。
これまでとちょっと方向性は違うが、パワーは感じる。
これまでとちょっと方向性は違うが、パワーは感じる。
「お酒に合って美味い」という言葉の言い換え語として「肝臓ときめく」「肝臓恋する」は斬新すぎてすごい。
僕は酒を飲まないので、この肝臓ときめく感はよく分からないのだが、飲む人にとっては相当にキュンキュンくるんじゃないのか。

「自褒めパワーワードを意識して看板を見ていると、強いお店、本当にあちこちにあるなと実感する。
飲食以外だと、コスメ系・美容系がわりとパワーかけてきてるっぽかったので、今度はそっち側も注意して探してみたい。
「超伸びる まつ毛美容液」というワードの、腹に響く力強さ。
「超伸びる まつ毛美容液」というワードの、腹に響く力強さ。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓