ひらめきの月曜日 2016年11月14日
 

今週は気温変化大 日曜日に25℃の所も!?〜あと出し天気予報

オレンジが暖かい所、青が寒い所。今週なかばに来る寒気は、週末には東へ。日曜日は晴れれば暖かくなる!?
オレンジが暖かい所、青が寒い所。今週なかばに来る寒気は、週末には東へ。日曜日は晴れれば暖かくなる!?
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。 ツイッターでも気象情報やってます。
> 個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭 ツイッター @MasudaMasaaki

1週間を振り返る(東京都心周辺)

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちら</a>でやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。

先週の予報は5勝1敗1分けでした

完璧に当てられそうで当てられなかった一週間。

水曜(9日)は、木枯らし1号が吹くことに気を取られ、天気への集中力がちょっと足りず。
朝に、雲が雨雲までぶ厚く成長することを読めなかった。


金曜(11日)は、予報どおり昼頃に雨がいったんやんだが、午後もまさかのシトシト雨。
 低気圧は昼頃に東へ抜けたものの、上空の低気圧が抜けてなかった。

朝にザーッとしっかり降って、午後はパッとやむ、いさぎよいタイプの雨のイメージでいたが、結果はメソメソしつこいタイプ。

予報がはずれたときは、長引かず、さっさと終わってほしいのに、まるで、さらし者にされているように、雨は夜までぜんぜんやんでくれず…。

夜、こっちがメソメソしながら帰宅しました。雨のバカ。
早く雨が少ない冬になってほしい!お願い!
早く雨が少ない冬になってほしい!お願い!

木枯らし1号、吹きました

先週の記事で書いたように、9日(水)は東京地方で木枯らし1号。無事に(?)風速が8メートルを超えて、木枯らし1号と認定された。

一方で、北ではもう冬に片足を踏み入れている状態。先週は東北地方や長野でも初雪が観測された。

こうやって早く冬っぽくなると、「もうすぐ冬」みたいに思われるが、昔から「冬が早く来るときは“中だるみ”する」といったことが言われる。

早朝からいつもより早く仕事をはじめると、途中でちょっと手を抜きたくなるサラリーマンのように、寒気も早く働きはじめると、長い休憩タイムに入ることがけっこうある。

今週、寒気が仕事をするのは、週なかばまで。週末は、すごく手を抜きます。

【今週のみこみ】日曜日(20日)の気温の上がり方に注目です

今週は、水曜(16日)〜金曜頃に寒気がやってきて、朝晩はけっこう冷える。

ただ、今の時期の寒気にスタミナはない。ほかのプレーヤーがきたら、あっさり退場。

今週は、土曜に低気圧がきて、雨を降らせながら、寒気を追い出す。この低気圧、沖縄のほうから暖かい空気を引きずり込んでやってくるので、本州付近でも暖かい空気が充満。

土曜日は曇りや雨なので、気温は上がらないが、天気さえ回復して、晴れればグンと気温上昇。そのチャンスは日曜日。雨雲がさっさと抜けて、晴れてくれば、九州〜関東は25℃近い気温の可能性も十分。
日曜日、雨雲が東へ抜ければ、グンと気温は上昇!
日曜日、雨雲が東へ抜ければ、グンと気温は上昇!
結果は来週の記事で!
!
今週の格言
『冬が早く来ると、寒気は中だるみして、サボることがよくある』

詰め天気

前回(10/31)の出題は、「この時に、どんなことが起こったでしょうか?」でした。

選択肢はこの4つ。
1)静岡市で初雪
2)和歌山市で初雪
3)名古屋市で大雪
4)長崎市で大雪
2015年11月27日。気象庁天気図。
2015年11月27日。気象庁天気図。
正解は「2)和歌山市で初雪」でした。

去年、起こったことなんですね。
西高東低の冬型の気圧配置で、北から寒気がきて、日本海側で雪が降るパターンです。

ただ、等圧線の向きを見ると、北−南の縦ではなく、少し寝て、西北西−東南東となっています。

こういうときは、風も真北から吹いてくるわけではなく、少し寝て、西北西など西のほうから吹いてくるんですね。

瀬戸内海では、西風が吹き抜けるようになります。
その際、湿気を補給して雪雲が生まれ、それが大阪や和歌山に雪を降らせることがあるんですね。
瀬戸内海が、「ミニ日本海」の役割をする感じです。

この日は、和歌山で「みぞれ」を観測。みぞれも初雪あつかいになります。

冬型なので、名古屋や長崎での雪も十分に考えられるのですが、さすがに11月で大雪はありません。


「11月ですので名古屋の大雪はないかと。九州では冬型が緩みかけていますので、長崎の大雪もないかと。やや北分をもった西風ですので、瀬戸内海を抜けてきた雪雲で、和歌山で初雪があったと思います。(naraoさん)」

おみごと!!

「「近畿地方は内陸にある」というイメージがあります。しかし和歌山市は、紀伊水道・和泉山脈が近く、紀伊水道からの湿った風が和泉山脈にぶつかり雪が降る事が多いという実感があります。(メロポンさん)」

そうなんですよねー!

「愛知と長崎で11月に大雪はなしとして、大変珍しい和歌山市での早い初雪・・・が最近あったのかな?(越後屋さん)」

そう、最近、というか去年だったんです!

「初投稿です、難しかった〜(穴あきカオスさん)」

ですよねー。次回もまたぜひ解答してください!


今週の定石はこちら。
今週の定石
『冬型の気圧配置で等圧線が横に寝ているときは、近畿中部や南部で雪が降ることもある』
今回、正解した皆さんはこちら。

離島民さん、naru1559さん、naraoさん、かまきりさん、スートラさん、そらはこわいさん、越後屋さん、そばやさん、おさかなマイスターさん、つくばのまっちゃりさん、まめさん、のりきゅーさん、雄大積雲さん、メロポンさん。

今回は、正解率がかなり低かったです。
正解した皆さん、おめでとうございます!

今週の問題はこちら。

今週の問題

この時に、どんなことが起こったでしょうか?
気象庁天気図。
気象庁天気図。

(ヒント)

・11月の天気図です。

<答えはこの4つのどれかです>

1)東京都心で5cmの積雪
2)前橋市内で25℃超えの夏日
3)函館市内で100ミリを超える大雨
4)旭川市内で−20℃以下&ダイヤモンドダスト

解答はこちらから↓
理由などとともにお願いします。
正解は再来週(11/28)に!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓