とくべつ企画「洋食」 2016年11月28日
 

30年以上前のガイドブックで洋食屋を巡る

昭和に出版されたガイドブックで洋食屋を巡ります!
昭和に出版されたガイドブックで洋食屋を巡ります!
ガイドブックというものがある。美味しい料理屋や、美しい風景などの観光地を紹介している本だ。どこかに旅行する時や、地元でも新たな情報を得る時に役立つのが、ガイドブックなのだ。

そんなガイドブックは、毎年新たな情報が載っているものが出版される。しかし、数十年前に出版されたガイドブックをいま使えば、美味しお店に出会えるのではないだろうか。現在も残っているということは、美味しい証拠なのだ。

※この記事はとくべつ企画「洋食」の1本です。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

昭和のガイドブック

洋食が輝いていた時代がある。今ほどハンバーグやオムライスが当たり前ではない時代だ。アニメ「サザエさん」の磯野家が、ちょっといい服を着て、出かけるレストラン。それが洋食である。
そこで古いガイドブックです!
そこで古いガイドブックです!
そんな洋食が輝いていた時代のガイドブックを手にいれた。2冊が昭和60年に出版されたもので、1冊が昭和48年に出版されたものだ。どれも30年以上も前のガイドブックだ。そのうちの一冊には「ヤングのムード」と副題がついている。時代を感じる。
どれも30年以上前です!
どれも30年以上前です!
昭和60年(1985年)と言えば、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が公開された年で、「THE BLUE HEARTS」が結成された年。昭和48年(1973年)は、筑波大学が設置された年だ。そんな時代の洋食屋が今も残っていれば、間違いなく美味しいお店だ。
ということで、まずはこのお店に行きます!
ということで、まずはこのお店に行きます!
そのために用賀駅にやってきました!
そのために用賀駅にやってきました!

世田谷区「ファンタジー」

まずは世田谷区用賀にある「ファンタジー」というお店に行こうと思う。ガイドブックを読めば、マカロニグラタンや、カニ肉ピラフサラダ添えなどを食べることができるとある。洋食だ。アイスクリームには花火が刺さっていたそうだ。
用賀駅から歩いて向かいます!
用賀駅から歩いて向かいます!
このガイドブックは昭和48年に出版されている。「ヤングのムード」を副題がついている一冊だ。またこの本には地図がついていないので、住所を頼りに歩いている。ちなみに246号線を都心に向かう途中にある典型的なドライブインらしい。ということで、到着だ。
昭和48年の「ファンタジー」
昭和48年の「ファンタジー」
現在の「ファンタジー」
現在の「ファンタジー」
ファンタジーはなくなっていた。「ネッツ東京世田谷」になっていた。車屋だ。ファンタジーはドライブインだったので、車的要素だけは残っていると言えるけれど、洋食ではない。もうファンタジーはないのだ。
完全に車屋さん
完全に車屋さん
当時のファンタジーの写真を見ると、レンガのようなもので作られた壁があることが分かる。現代のファンタジー(ネッツ東京世田谷)を注意深く見ていると、おそらく当時の痕跡なのでは、というものを見つることができた。
敷地の境界を見ていると、
敷地の境界を見ていると、
当時の痕跡がありました!
当時の痕跡がありました!
今はなきファンタジーの痕跡である。ファンタジーとはレンガなのだ。写真に写っているレンガがこれだと思われる。洋食を食べることはできなかったけれど、このような痕跡を見つけると嬉しくなるのが、昔のガイドブックの魅力だ。
この辺は全体的に最近の建物になっていた
この辺は全体的に最近の建物になっていた

新宿区「アンガス」

ファンタジーはなかったので、同じガイドブックに載っていた次の洋食屋に向かう。曙橋にある「アンガス」というステーキ屋さんだ。ステーキも洋食っぽい。サーロインステーキが1500円くらいだそうだ。ぜひ食べたい。ということで、お店がある曙橋にやってきたわけだ。
このお店に行きます!
このお店に行きます!
曙橋にやってきました!
曙橋にやってきました!
このガイドブックにはやっぱり地図がないのだけれど、フジテレビの真ん前にあると記述がある。フジテレビは今、お台場にあるけれど、1997年までは新宿区河田町にあったのだ。ちなみに目指すアンガスの住所は「仲之町55」だそうだ。
曙橋商店街に、
曙橋商店街に、
フジテレビの石碑があった
フジテレビの石碑があった
「仲之町55」という住所も、今はもうない。ただフジテレビの真ん前というヒントがあるので、河田町のフジテレビがあった場所を目指す。フジテレビがあった場所には、「河田町コンフォガーデン」という高層住宅ができていた。
昔のフジテレビ
昔のフジテレビ
今は「河田町コンフォガーデン」
今は「河田町コンフォガーデン」
フジテレビがあった場所は見つかった。あとは「アンガス」を見つけるだけだ。フジテレビも広いので「真ん前」という定義が難しいけれど、フジテレビの住所が「河田町」で、アンガスの住所が「仲之町」というのがポイント。住所が異なる真ん前を探せばいいのだ。
昭和48年の「アンガス」
昭和48年の「アンガス」
現在の「アンガス」
現在の「アンガス」
アンガスはなくなっていた。マンションになっている。当時の写真を見ると「塚本コーポ」という名前を見つけることができるけれど、それもなくなり今は英語のオシャレな建物になっている。全く何も残っていないのだ。
住所的にはここら辺で間違いない
住所的にはここら辺で間違いない
ガイドブックに地図はなく、フジテレビもないのでピンポイントでここ、とは断言できないけれど、フジテレビの真ん前で、河田町と仲之町で住所が変わるのはこの通りしかない。そして、その通りにアンガスはないのだ。つまりアンガスで食事はできない。洋食にありつけないのだ。
気持ちを新たに次に向かいます!
気持ちを新たに次に向かいます!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓