フェティッシュの火曜日 2016年12月6日
 

眼鏡専門学校でメガネを学ぶ

見事なまでの
見事なまでの"眼鏡専門学校っぽさ"よ。
以前から、国際的なメガネの展示会『iOFT』や、メガネの生産量日本一である福井県鯖江市の『めがねフェス』を取材している。メガネが好きだから。
で、先日自宅のある中野から新宿まで自転車で移動していた時に、ふと気になる建物を発見した。看板に『東京眼鏡専門学校(とうきょうがんきょうせんもんがっこう)』とあるのだ。
なんだそれ。そんな専門学校あるのか。メガネについての何を教えてるのか。
気になるので、取材を申し込んでみた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「伝説!最強!自褒めパワーワード飲食店」
人気記事:「夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

眼鏡専門学校の見学会

この『東京眼鏡専門学校』のホームページを見ていると、どうやら近々のタイミングで学校説明会を開催するようだ。
というか、ほぼ毎月のように説明会を開催しているとのこと。
よし、ナイスだ。その説明会に混ぜてもらおう。
これこれ。自転車乗ってる時にこの看板を見つけたのだ。そりゃ「なにこれ」って止まるよな。
これこれ。自転車乗ってる時にこの看板を見つけたのだ。そりゃ「なにこれ」って止まるよな。
場所は総武線大久保駅と東中野駅の間ぐらい。東京中央卸売市場の淀橋市場のすぐ近くにメガネの学校はあった。
地下1階・地上11階の立派なビルである。そしてこのビルにみっちりと「眼鏡に関する知恵と技術」が詰まっているのだと思うと、ちょっと興奮する。
12月だけに、クリスマスツリーがお出迎え。
12月だけに、クリスマスツリーがお出迎え。
本物のメガネが飾られてる辺りに、さすがメガネの学校らしい本気を感じる。
本物のメガネが飾られてる辺りに、さすがメガネの学校らしい本気を感じる。
エントランスには時期的にクリスマスツリーが飾られていたのだが、よく見ると、いかにも眼鏡専門学校だな!という飾り付けが施されていた。
単に誰かの忘れ物じゃないのか、というぐらいの地味さだが、話に聞くと、ちゃんと飾り付けられたものらしい。

そもそも、どういう学校なのか

学校説明会ということで、まず参加者は大教室に集められて、ここが「どういう学校なのか」的なパワポを見ながら校長先生の話を聞くことになる。

東京眼鏡(がんきょう)専門学校は、いくつかのメガネメーカーなどが支援して作られた学校。もうすぐ創立50周年というからなかなか立派なものだ。
高卒の子が入る3年制の「第一眼鏡学科」と、専門・短大・大卒から2年制の「第二眼鏡学科」に分けられており、だいたい毎年合わせて20〜30人がメガネのことを学びに入学してくるという。
今回の説明会参加者は3名。遅い時期の説明会ということで人数は少ないが、皆さんかなり本気で説明を聞いていた。
今回の説明会参加者は3名。遅い時期の説明会ということで人数は少ないが、皆さんかなり本気で説明を聞いていた。
で、ここで学べるメガネの勉強って何かというと、主にメガネ屋さんで働くための知識や技術である。
メガネを買いに行くと、店員さんが自分に合うフレームを選んでくれたり、視力を測定してくれたり、レンズをフレームに入れてメガネ作ってくれたりするだろう。そういうの全部を、ここで学ぶのだそうだ。

だいたい卒業生のおよそ8割がメガネ販売店に就職し、2割が眼科の検査員となるとのこと。あとはレンズメーカーやフレームメーカーへ、という道もあるそうだ。(昨年度は就職率100%!)

最終的に「認定眼鏡士」のSS級という資格を取るのが卒業までの流れである。あまり聞かない資格だが、メガネを作るために必要な知識がガッツリ問われる厳しい資格なのだそうだ。

まずは視力測定を学ぶ

学校の概要説明が終わったら、次は学内で「普段はどういう授業をしているのか」を見せてもらおう。
測定機材と校長先生。
測定機材と校長先生。
まずは認定眼鏡士の大事な仕事の一つである、屈折力(目のレンズの屈折率)の測定実習。
先ほど学校の説明をされていた本学の校長、林先生が、ここも担当してくださった。
視力の測定には関係ないが、よく見たら校長のネクタイがメガネ柄。
視力の測定には関係ないが、よく見たら校長のネクタイがメガネ柄。
この屈折力測定機器、当サイトでも以前にライター北村ヂンさんが取材に伺っているニデックさんの機械である。
僕ら目が悪い族にはお馴染みの、あの、覗き込んだら気球が見えるアレだ。
アレを使って的確に視力を測定する技術を、ここで学ぶのだ。
実際やってみるとかなり難しい。目標をセンターに入れてスイッチ…!
実際やってみるとかなり難しい。目標をセンターに入れてスイッチ…!
説明会参加者がそれぞれ「測られる方」「測る方」に分かれて挑戦してみたのだが、これが思ったよりもやたらと難しい。
まず、拡大された相手の眼球を、機械自体を上下左右に動かしてモニターの中に捉え、ピントを合わせなければいけない。これが本当に難しい。
しかも素早くやらないと、眼球が乾いてしまうので相手のまばたきが増える。そうなるとまた測定が難しくなるわけだ。
今度は入れ替わって僕が測定される方に。あー、気球見えてる。
今度は入れ替わって僕が測定される方に。あー、気球見えてる。
その上で、うまくピントが合ったらジョイスティックを操作して中心の四角いワクにピントの点が入った状態をキープしつつ、スイッチを押す!というのを片目あたり3回繰り返さないと、きちんとした測定結果が出ない。
校長先生が「シューティングゲームみたいでしょう」と笑いながらカッカッカッと素早く測定するのが神業に見えてくるのだ。
こないだ眼科でメガネの処方箋作ったばかりなので、この紙にも見覚えがある。
こないだ眼科でメガネの処方箋作ったばかりなので、この紙にも見覚えがある。
測定が終わると機械から測定結果がレシートのようにプリントアウトされてくる。
この結果の読み方は、まずと両目に分かれて、S・C・Aの3項目がある。「S」はいわゆる視力の数値で、マイナスが近視、プラスが遠視となる。「C」は乱視の強さ、「A」は乱視の軸(どの角度がブレて見えるのか)ということ。
各項目の最後に「9」という数字が並んでいるが、これは測定結果の信頼性を表すそうで、最低が7、最高が9になるそうだ。

あと、リスト上の「VD」は角膜の頂点からメガネレンズまでの距離。下の方の「PD」は瞳と瞳の間の距離となる。なるほど、そういう数値だったか。
眼鏡専門学校では定番の忘れ物らしい。
眼鏡専門学校では定番の忘れ物らしい。
ところで、校長先生が測定中に機械の近くに手をついて「あっ」と言いながら何かを片付けていたのが気になった。
それ、なんですか?と見せてもらったのが、写真の通りカピカピに乾いた使い捨てコンタクトレンズである。

校長先生「測定の実習をする時にコンタクトを外して机に置いて、そのまま忘れて帰る生徒が多いんです。眼鏡専門学校あるあるですよ」

もし今後、眼鏡専門学校の卒業生と話をする機会があったら「測定機の近くって、乾いたコンタクトレンズが落ちているよねー」って言おう。
「あー、あるある!落ちてるわー」って共感が得られるはずだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓