ひらめきの月曜日 2016年12月12日
 

台湾でかっこいいプロフィール写真を撮る

台湾でプロフィール写真を撮ってきました。
台湾でプロフィール写真を撮ってきました。
友人達と台湾旅行に行くことになり、さてどこを観光しようかという会議の場で、「プロフィール写真を撮ろうよ」という意見が出た。なんでも台湾は写真館の本場らしいのだが、すっごい初耳。

まったく意味がわからなかったのだが、普段は着ないような衣装を纏い、バッチリとメイクをして、スタジオでかっこよく撮ってもらうというご提案である。

その案に乗った結果が、上の写真だ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

台北の写真館へやってきた

かっこいいプロフィール写真を撮るためにやってきたのは、台湾の首都である台北市の阿法写真館。一見普通のビル中にある、完全予約制の写真館だ。

ここで変身するメンバーは、いいだしっぺの宮崎吐夢さん、小松ヌンチャクさん、あきやまみみこさん、川崎タカオさん、そして私の5人。なんだかスーパー戦隊シリーズの同窓会みたいだ。
役者、編集者、デザイナー、イラストレーターと様々なプロが揃っているが、ただの観光旅行である。
役者、編集者、デザイナー、イラストレーターと様々なプロが揃っているが、ただの観光旅行である。
わざわざ台湾で特別な写真を撮るのだから、きっと台湾の伝統衣装なのだろうと思うじゃないですか。

日本でいえば、外国人観光客が浅草とか京都でレンタルの和服を着るようなイメージかなと。

でもこれが全然違うんですよ。
『あほう写真館』ってすげー名前だなと思ったが、これでアルファと読ませるらしい。
『あほう写真館』ってすげー名前だなと思ったが、これでアルファと読ませるらしい。
うまく説明できないのだが、大人向けの七五三写真といえば伝わるだろうか。あるいは結婚式での気合の入ったお色直し。

台湾という土地柄はあまり関係ないようで、ヴィジュアル系、宝塚系、ファンシー系、ゴシック系など、真面目なプロフィール用としては実用性ゼロの写真をプロが撮ってくれるというサービスのようだ。

すごい贅沢なプリクラみたいなものかもしれない。
ガンガンに画像加工するのが前提のようで、「シワ、ニキビ、細さなどは修正します!」という力強い説明を流暢な日本語でされた。
ガンガンに画像加工するのが前提のようで、「シワ、ニキビ、細さなどは修正します!」という力強い説明を流暢な日本語でされた。

提示された無限大の可能性

我々が申し込んだのは、衣装が1種類で写真6点という一番安い体験コース。日本への送料込みで1人約15,000円くらい。この時点では高いのか安いのかよくわからない。

どんな写真が撮れるのかというと、こんなのだ。うわー。
なんだこれは、紅白歌合戦か。
なんだこれは、紅白歌合戦か。
自分がこの世界に入ろうと思えば入れるんですよ。ただし女装は高いコースになるらしい。
自分がこの世界に入ろうと思えば入れるんですよ。ただし女装は高いコースになるらしい。
ヴィジュアル系バンドの初回限定盤CDについてくる豪華な写真集みたいなのも可能。
ヴィジュアル系バンドの初回限定盤CDについてくる豪華な写真集みたいなのも可能。
普通っぽい写真も一周回っておかしいかもしれない。ただしモデルの力量が問われるな。
普通っぽい写真も一周回っておかしいかもしれない。ただしモデルの力量が問われるな。
とりあえずサンプルの写真をパラパラと眺め、各自で進むべき方向性を探すのだが、その世界感に現実感が無さすぎて、どうにも戸惑いが隠せない。

落ち着いているようで心はソワソワ。この人生で一度であろうイベントに、どういったテンションで挑むべきかをそれぞれが探っている。
とりあえず粛々と申込用紙に記入。
とりあえず粛々と申込用紙に記入。
これなんて中村獅童ですよと勧めても、硬い表情を崩さない二人。
これなんて中村獅童ですよと勧めても、硬い表情を崩さない二人。
ちなみにここは日本人のお客さんが約9割で、5年くらい前まではほとんど女性客だったが、最近は男性客もどんどん増えているそうだ。

日本に比べて安い(相場がよくわからないが)というのもあるのだろうが、海外だからこそ変身してやるぞという気持ちの後押しもあるのだろう。これが秋葉原や池袋だったら、私は来なかったかもしれない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓