ロマンの木曜日 2016年12月22日
 

大垣のMakerFaireで変形する車椅子や小学生発明家に出会った

去る12月3、4日にOgaki Mini Maker Faireに行ってきた。

Maker Faireは電子工作やハンドクラフトなど、DIYなものづくりが好きな人たちが集まり、作ったものを展示してキャーキャー楽しむ、コミケのようなイベントである。

東京のMaker Faireはビッグサイトでやるほどの巨大なイベントだが、こちらは名前に"Mini"と付いているように規模は小さい。

しかし参加者の熱量はそのまま、ぎゅっと濃いイベントだった。
今回はその模様をお届けします。
1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。
> 個人サイト むだな ものを つくる

いきなり1/1装甲車がお出迎えする会場

まずは何といってもこれだ。
まずは何といってもこれだ。

紹介したい気持ちが先走っていきなり写真を出してしまった。
プラモデルを1/1で作る会さんの1/1装甲車である。

タミヤの1/35スケールのプラモデルを35倍して、1/1スケールで作ってしまったのである。
これがイベント会場にどーんと置いてある。
突然現れる装甲車。
突然現れる装甲車。

男の子のロマンの塊みたいな作品だが、これで終わらない。
なんとこれ、自走するのである。
コンバインのエンジンをバラして載せているのだ。
コンバインのエンジンをバラして載せているのだ。
シートも実際のシートを「元に」(そのまま載せてるわけではないのだ)手作りしている。
シートも実際のシートを「元に」(そのまま載せてるわけではないのだ)手作りしている。
小学生の僕だったら、雪が降ったときの犬のように喜んで庭を駆け回るところだ。

さらにさらに、オプションで後ろに砲台を付けて、ペットボトルロケットを砲弾のように発射出来ると言う。
実物を見たい!超見たい!
実物を見たい!超見たい!
これには来月で30歳になる僕も庭を駆け回ってしまった。

なんでもペットボトルロケットに詳しいおじさんが、出来るよ!といって作ってくれたらしい。

面白がって人が集まり、そうして出来たコミュニティの中でものを作るという、Makerの教科書のようなお手本だ。
1/1プラモデルに乗り込む人、ということで自分の1/1パネルを用意している。この徹底ぶりよ。
1/1プラモデルに乗り込む人、ということで自分の1/1パネルを用意している。この徹底ぶりよ。
当サイトのYouTubeのように見えるファイルをいたく気に入って貼っていた。要素の多い写真だ。

この装甲車、なんと岐阜の自宅に保管しているそうだ。
なかなか東京ではやりづらいことだ。狭さはクリエイティビティの敵なのではないか。

茨城県の大洗(戦車と女の子が出てくるアニメの聖地だ)までこの装甲車を持って行き、コスプレーヤーの女の子に囲まれたとのことだ。役得である。

ワンフェスへ出展するそうなので、興味がある方は見てほしい。みんなで庭を駆け回ろう。

1作品の紹介で1ページ使ってしまったが、まだまだ続きます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ