チャレンジの日曜日 2016年12月25日
 

借りっぱなし&貸しっぱなしエピソード〜これ、小3の時にお前に借りたカサ〜

パキスタン人の味噌の利用方法 ※想像です(味噌に埋まればより</a>)
こんな傘だと違う意味で借りられる(そして返ってこない)(もう電車に傘を忘れたくない
人から借りっぱなし、または貸しっぱなしになっているものはありませんか?募集当初は「出来て二回分か」という投稿の数でしたが、回を重ねるたびにドドッ!ドドッ!とネタが集まり、そうして今回4回目はいよいよ最終回!記事を読んだらパソコン落としてスマホもしまって!モヤモヤを解消するべく、返しに・返されに行きまっしょい!!
1984年大阪出まれ、2011年からベトナム暮らし。日本から3600km離れた土地で、ダチョウに乗ったり、ドナルドのコスプレをしたり、札束風呂に入ったりしている。
> 個人サイト べとまる

母〜!ワタナベ〜!!

中学の授業で買って以来、10年以上井上家で母が愛用している裁縫セット。最近その中のチャコペンに「ワタナベ」と几帳面な字で書いているのを見つけましたが、渡辺君に返すべきですよね、チャコペン・・・
イノウエサトシ
あははは!母、返そう!ワタナベさんに! でもそれ、渡辺家の針刺しの裏面には「イノウエ」って書いていてほしいなぁ。

戦国時代の政略結婚みたいですね、お互いの隣国に嫁がせる、みたいな。

嘘つくな、憎しみをさらけだせ。

中学生の頃、学校の図書室で借りた「ノルウェイの森」の下巻を25歳になった今も返していません。
ですがそのおかげで、読み返したいときに市の図書館から借りてくるのが上巻だけで済みます。図書館が遠いので、荷物が軽くて助かります…。
村上春巻き
たかが知れてるでしょ、読み返す頻度!嘘は言っちゃあいけねぇよ。 ところでお名前いいですね。検索してもヒットしない(ほかにない)んですよ、発明だなぁ。関係ないですね。

ゲイうんぬん、関係なしにさ!

高校卒業後、当時うっすらゲイ疑惑の出ていた男の子に「制服一式貸して欲しい」と頼まれました。仲良しだし、スカートにブレザー、リボンタイやタイツまで全部貸しました。確か大学のサークルの出し物に使うって名目だった。以来返却はされず、SNSには彼のJKコスの写真が未だ更新されていきます。私の制服よ、第二の人生おめでとう......
やまだにしき
「私たち(俺たち)、入れ替わってる〜!?」って、入れ替わってないですからね、全然。男が女になっただけ。 ふつうに怒って取り返していい案件だと思います。

ちなみに知ったかをかましましたが、「君の名は」はまだ観れてません。来月からやっとベトナムでも上映されるそうです、でもそのとき私は日本に帰国中だーちくしょうめ。

先生はダメだろー先生は

小学6年生だった頃、教室で本を読んでいたら「面白そうだから貸して欲しい」と言われ担任の先生に貸しました。そのまま貸したことすら忘れたまま卒業してしまい、中学生になった頃に思い出しましたが返してもらいに行くのが億劫で大学生になった今もまだ返してもらっていません。
はらどけい
同級生みたいなノリの先生ですね。
教育者…いや、それ以前に大人なんだから自分で買えよ!っと思ってしまいました。

全然関係ない話いいですか?

私が小学6年生のときの担任の先生、耳クソめっちゃすごかったんですよ。音すら通さん!みたいな、クソで壁ができてるくらい。それを見てたらイライラして、「先生、掃除させてくれ!!」って針金をU字に曲げて掃除したことがあって。危なかったんですけど。
時を経て卒業式。渡された卒業アルバムには先生から生徒へのメッセージが載っていて、「中学でもサッカー頑張ってね!」とか「看護師の夢、叶えろよ!」とか書かれている中で、私だけ「また僕の耳掃除してね」って書かれてありました。私を知る人間全員がザワザワしてました。いやぁ、本当に全然関係なかったですね。すみません。

ふつうに切ないぞ…

友人から借りたCD(ベートーベン「月光」)。 中学生の時に何故かベートーベンの「月光」にハマり同じ合唱部の同級生から借りました。
中三になり「月光」ブームも下火になったころに件の同級生のお兄さんが急病で亡くなり、あれよあれよ言う間に部活も卒業。
クラスが別々だったため会うことも無くなり、気が付けば卒業。
短大を卒業し、地元に帰ってきたときには同級生の家は無くなっていました。
今でも「月光」を聞くとCD借りっぱで悪いなということと、お兄さんの葬式で見せた泣きそうな同級生が思い出されます。

サバ缶最高
借りっぱなしからそんな話が展開するとは…。音楽と当時の記憶はむすびつきやすいものだから、同級生の方にとってお兄さんの早逝は「月光」とリンクしているかもしれませんね。返すか、返さざるべきか、難しい…。缶詰は、イナバのタイカレーが好きです。

恋話かと思ったら関係なかった

中学校に備え付けてあるテニスのラケット。
テニス部に入りたてで右も左も分からない打ち方をしていた私に、先輩がラケットの「芯」の位置をマジックペンで書いてくれて・・・しばらくそのラケットで打って、返そう返そうと思っているうちに卒業してしまいもう二度と中学校に行くことはなくなってしまいました。
スライスサーバー
ちなみにその先輩が今の旦那です、という展開であれば「キャ〜!」ってなった。勝手なこと言ってすみません。

自動販売機の底を漁ったり?

親友が彼女(だと本人は言っている)に騙されて200万の負債を背負わされた時に、あまりに哀れに思って「期限は無いから、俺が困ってる時に返してくれればいい」と言って1万円を貸しました。 その後友人は無事に借金を完済し、その彼女との関係も断っているようですが、一方現在私は急に実家を出て独り暮らしすることになり、貯金もなくジリ貧の生活を強いられています。
友人とは職場が同じなのでかなりの頻度で会うのですが、かなりカッコつけて貸した手前、自分から催促するなんてカッコ悪くて言いだせません。もしかしたら忘れられているのかと思い、金欠アピールをしているのですが未だに返す素振りを見せてくれないので悲しいです。
てぬゐ
ヘヴィーな話だなぁと思いながら読んでいたのですが、最後の「金欠アピールをしているのですが」で興味の対象が完全にそっちへ流れました。自動販売機の底を漁ったりとか、服の裏側が裸だったりとか、そういうことでしょうか?そういうことではないですよね、きっと。

いい話、本当にいい話です。

中学3年の下校中、友人から突然カサを手渡されました。
私が不思議に思っていると「これ、小3の時にお前に借りたカサ」と言われました。
心当たりはなかったのですが、確かに私の母の字でしっかりと平仮名で自分の名前が書かれていました。

私の家は転勤が多く、小学4年生までその友人と同じ学校に通った後、遠くの学校へ転向し、中学1年からはまた友人と同じ学校に通っていました。その間に私は貸した傘のことなどすっかり忘れていました。
6年の時を経て傘を返してくれた友人と帰ってきた傘に当時感動を覚えました。

その後、傘は私のお気に入りとして5年ほど大事に使用していたのですが今年の梅雨、昼食中に誰かが勝手に借りていってしまったらしく、未だ行方不明です。
しかし、「あの傘はまた誰かが返しに来てくれる!」と私は確信しています。
mach
「誰かが勝手に借りていってしまったらしく」という表現に、machさんの人柄の良さが感じ取れました。すごく良い話だなぁと思ったんですが、6年後に再びその友人から「これ、あのときにお前に借りた傘」って手渡されたとしたら、もう誰を信じていいのか分からなくなりますね。誰をっていうか、友人か。定期的に借りては返す、そんな特別な存在。妖精かもしれない。

私は貸した覚えがないので忘れてください

『身体が覚えてる動き』の記事で採用されました。 が、肝心の動画を送っておらず、ネルソンさんに借りを作ってしまったような落ち着かない気持ちです。 なかなか25mのテグスは入手出来ません、すみません。
fiftystep
以前の募集企画で、「テグスを巻き取る動きを覚えている」と投稿してくれた方ですね! 確かに25mのテグスはなかなか手に入らないと思うので、忘れていただいて構いません。テグスの巻き方は今度You Tubeで見ます。動画が上がってなかったら、いつか上げてください。

サブカル好きの美女は男をかどわす悪い魔女

写真集「工場萌え」、5,6年前に貸したまま帰ってこない。 職場の年下の、目の大きな可愛いハーフの女の子。 廃墟や工場が好きとのことで、そういう話が合う人はなかなかいないので大事な写真集を躊躇なく貸していた。 その数か月後その子はやめてしまい、私も今は違う土地にいるのでもう帰ってくることはないだろう。 まぁその子が廃墟・工場好きの気持ちを失わず、大事に持っていてくれればそれでいいかな。。
ハマコ
いやぁ、分かります。私もその手のものは好きなので(という言い方だと怒られるかもしれないけど)。
ふだん女っ気の薄い趣味に可愛い女の子が立ち入ろうものなら途端に恋に落ちますよね。

と、ハマコさんが男性前提で書きましたが、そうじゃなかったらすみません。

私は7年くらい前に美容師さんに「奇界遺産」(知る人ぞ知る世界の珍建築の写真集)を貸して、連絡先を知らないまま職場の美容院を辞められたので、いまだに返って来ておりません。4000円したんやぞあれ、幸か不幸か表紙の写真(ベトナムにある、「狂ったディズニーランド」という異名を持つ遊園地。編集部の古賀さんが記事書いてます)の近くに住んでいるのでこの先ずっと忘れることはないでしょう。

飲み食いできるものは貸し借りのうちに入らない、と思う。

大学の時、友人と私の部屋で呑むことになり、お互いが買ってきたつまみを持ち寄りダラダラと呑んでいました。友人が帰宅した後、彼が買ってきた未開封の芋けんぴに気づきメールすると、「今度遊びに行った時に持ち帰るから置いといて」との返事。しかしその後試験やら夏休みやらで彼はしばらく家に来ず、賞味期限もあるし仕方なく食べてしまいました。そしてそれからしばらくして再び彼が遊びに来た時には、芋けんぴのことなどお互いに忘却の彼方。やがて卒業。あれから10余年。離れた場所で就職したこともあり連絡を取らなくなって久しいのですが、今でもスーパーやコンビニで芋けんぴを見るたびに「俺はいつになったらこの微妙なモヤモヤから解放されるのだろう」と思っています。
静物
律儀すぎるでしょ!と言ったものの、返してはいませんね。 個人的に、飲食できるものは貸し借りのうちに入らないと思っています。当時の芋けんぴを10年以上預かったままだったら、それこそ狂人ですよ。でもモヤモヤするものはしょうがない、芋けんぴと芋焼酎でも持って10余年ぶりの再会で話に華を咲かせましょう。

知らないうちに大阪の家に増える阪神グッズ。

自分が小学生の頃に親戚の人に貸した阪神タイガースのメガホンが返ってきてません。家族にファンはいないし、当時埼玉に住んでいたのになぜ持っていたか謎だし、なぜ貸したのかも謎だし、そもそも親戚の人がなぜ借りたかもその人の大学受験で疎遠になった今では謎のままです。でも貸したときに目が異様にキラキラしていたのだけは覚えています。なぜ…?
オーダー明太子
私は大阪出身ですが、両親の出身地が遠方なので阪神ファンでもなければ野球好きでもありません。でも、うちには昔、阪神のメガホンが転がっていた気がするんですよ。いつからか分からないが知らないうちに大阪の民家に置いてある、それが阪神グッズです。妖精みたいなもんです。本日二回目の妖精です。

ただこれは大阪(または関西)に限った話ですから、埼玉に住んでいたオーダー明太子さんについてはまるで背景が分かりません。大阪人の仕業だとしたら、大阪人を代表して謝ります。えろうすんまへんなぁ。

何も借りず何も貸さずに生きている人などいない

本当にいろんなエピソード、ありがとうございました!楽しかった。

思ったのですが、社会に生きる我々は誰もが貸し借りの機会に満ちあふれている訳で、何も借りず何も貸さずに生きていくことなんて不可能なのではないでしょうか。貸したものが返ってこずにイラッとしたり、借りたものを返せずに罪悪感を感じることもあるかもしれないけど、それこそが社会に生きているという証明なのでしょう。

なんていう当たり前のことをそれらしく書いたところで、本企画はおしまいです。楽しかったよ!それではまた!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ