とくべつ企画:寿司と乗り物 2017年1月2日
 

オープンカーで寿司を食べに行く

サビ抜きで!
サビ抜きで!
寿司はとくべつなものである。

せっかくならばとくべつな車で食べに行きたい。

オープンカーでうまい寿司を食べに行きました。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「ライフネット生命の公式キャラがネットで叩かれる、その前に」
人気記事:「鳥取から一番近いスタバは東京って本当か」

> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

変な人たちが車借りに来た

世の中には2種類の車がある。オープンカーとそうでない車だ。

今回はオープンカーを借りて寿司を食べに行くことにした。理由なんてない。好きな乗り物に乗って寿司を食べに行くという企画を正面から受け止めた結果である。

オープンカーに乗るということで休みまでとってめかしこんでレンタカー屋さんにやってきたのだけれど、表面上は怪しまれることもなく、かんたんな手続きで車を借りることができた。
担当の人と一緒に、まわりに傷がないことを確認して
担当の人と一緒に、まわりに傷がないことを確認して
屋根の開け方を習ったら
屋根の開け方を習ったら
いざ乗車。
いざ乗車。
急にキャラがひとり増えたのにお気づきだろうか。

ひとりでは自分の毒でやられてしまいそうだったので、乗り物好きのライター西村さんに同乗してもらったのだ。二つ返事できてくれた。

それではいざ、寿司食べに行こう。元気に出庫である。

バックのさせかたがわからない

今回借りた車はマニュアル・トランスミッションの車だった。知っているだろうか、左足でクラッチを切ったりつないだりしながらギアを変えるシステム、それがマニュアル・トランスミッション。
村上春樹もマニュアルが好きって言ってた。
村上春樹もマニュアルが好きって言ってた。
小気味よくギアを操作して駐車場のスロープを駆け上がり、意気揚々と出てきたわれわれだが、一般道に出た瞬間に問題が発生した。

バックのさせかたがわからないのだ。

そんなの「R」に入れたらいいだろう、とお思いの方、ぜひ今のマニュアル車を借りてほしい。入んないから。すぐに路側帯に停めた。
隣で操作マニュアルを読まれると助手席の人はこういう顔になるよな。
隣で操作マニュアルを読まれると助手席の人はこういう顔になるよな。
説明書を読んでもバックのさせ方は書いていなかったので事務所に電話して聞いた。「すみません、この車、どうやってバックさせるんですか」。聞くと正解は「シフトノブをいったん押し込んでからRに入れる」だった。書いとけ。

いろいろあったがこれで前にも後ろにも進むことができるようになった。気を取り直して出発したい。
きっと周りの人たちは(こういう人たちも自撮りするんだ)って思ったことだろう。
きっと周りの人たちは(こういう人たちも自撮りするんだ)って思ったことだろう。
目的地は房総半島の木更津に決めた。僕はオープンカーに乗れるだけで満足だったので、このまま都内を回っていてもよかったのだけれど、西村さんがどうしても東京湾アクアラインを走りたい、というので。

彼女か、と思ったが、たしかにこの車でアクアラインを走ったらさぞ気持ちいいだろう。それに千葉ならきっと寿司もうまいに違いない。わかりました、行きましょう!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓