ロマンの木曜日 2017年1月5日
 

カエデの種を飛ばしたい

!
カエデドローンというものを手に入れた。

カエデの種のように、全体が回りながら飛ぶドローンだ。飛ばしているうちに、むしろ本物のカエデの種の飛び方を知りたくなった。そしてドローンの飛び方と比べてみようと思った。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「閉店したマクドナルドはどうなったか」
人気記事:「マクドナルドが一斉に閉店した日」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

カエデドローンをもらった

学研から「カエデドローン」というものをもらった。
カエデドローン
カエデドローン
雑誌「大人の科学」の付録だそうだ。こう書くと広告記事みたいだが、そうではない。よかったら遊んでみてください、ということらしい(が、結果的にこうやって記事にしているので、うまく乗せられている)。

というわけで、遊んでみた。
地面の上において、リモコンのスイッチを入れると
地面の上において、リモコンのスイッチを入れると
回り出して、浮いた!
回り出して、浮いた!
頭の上まで飛んだ
頭の上まで飛んだ
スローモーションでどうぞ
スローモーションでどうぞ
たいていのドローンは4枚くらいの羽根がついたマルチコプターだけど、これは機体そのものが羽根で、全体を回転させながら飛ぶのだ。むちゃくちゃ変わってる。

「カエデドローン」という名前のとおり、カエデの種が回転しながら遠くへ飛ぶ原理からヒントを得たものらしい。

本物のカエデの種はどうやって飛ぶのか?

ドローンも面白いのだが、こうなると本物のカエデの種を飛び方を見てみたくなる。

恥ずかしながら、カエデの種が飛んでいるところなど見たことがない。ぜひ本物の飛び方を確かめて、ドローンと比べてみたいと思ったのだ。

しかし、カエデの種なんてどこにあるんだろう。 とりあえず近所の公園に行ってみた。
どれがカエデの木?
どれがカエデの木?
種あるかなあ
種あるかなあ
なんかそれっぽいの見つけた!けどカエデじゃない。
なんかそれっぽいの見つけた!けどカエデじゃない。
こういうとき、植物に詳しかったらなあと思う。カエデがどれかなんてことも見れば分かるだろうし、いつ頃どこに種が落ちてるかなんてことも分かるだろう。教養がないことがくやしい。

そうやってしばらく悶々としていたのだが、思いがけないところからカエデの種を手に入れることができた。小学二年生の息子が校庭で見つけたというのだ。
ありがとう、息子!
ありがとう、息子!
これがカエデの種か
これがカエデの種か
広い校庭の中でこんな小さなものをよく見つけたと思う。本当にありがたい。

見てみると、羽根のはしっこに種がついている。ここを中心にくるくると回るのだろう。

たった一枚しかないカエデの種。慎重に手に持って、静かに落としてみた。
スローモーションでも一瞬すぎる
スローモーションでも一瞬すぎる
回転しているっぽいけど、すぐ落ちちゃうのでよく分からない。

調べてみると、YouTubeに科学技術振興機構の作成した飛ぶ種についての動画があった。それに出てくる「種くるくる実験装置」というのがとても良さそうだ。
(3分ごろから「種くるくる実験装置」が出てきます)
下から風をあてて、種を浮かせる装置。

ドライヤーの風でピンポン球を浮かせる、みたいな遊びをしたことはありませんか。何かが安定して浮くというのはとても不思議で楽しいことだ。「種くるくる実験装置」を作って、カエデの種でもなんでもくるくる空中に浮かせてみようと思った。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓