はっけんの水曜日 2017年1月11日
 

は? みんな、とんそく食べないの?

豚足を普段食べないって、本当ですか?
豚足を普段食べないって、本当ですか?
たまに豚足を買ってきて食べる。

プルプルの皮、わずかに残る肉、半透明でコリコリした腱。どこを食べてもうまい。

でも、多くの家庭では豚足を食べないそうなのだ。僕が豚足を買って来たら、妻が「え、なにそれ?豚足?家で食べるものなの?」と言い、妻の友達は「普通家じゃ食べないでしょ(笑)」と大笑いしていた。

マジか。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

どうもそれが世間一般の評価らしい

以降、思い出しては色んな人に「家で豚足食べる?」と聞いてきた。しかし、答えは決まって、

「食べない。っていうか食べたことない。スーパーで売ってる?見たことない」

であった。

ホントかよ。
近所のスーパーで普通に売られている例。東京都江戸川区である。内臓肉のコーナーに置かれている。
近所のスーパーで普通に売られている例。東京都江戸川区である。内臓肉のコーナーに置かれている。

「焼肉屋で食べた」とか「居酒屋で煮たのが出てきた」なんて話はあったが、家で食べる人は非常に少ない。

能動的にスーパーで買ったことがある人はほとんどいない。大体100人に1人くらいだろうか。

おかしい。どこでも売ってるのに。

みんな気づいてないだけで、野良猫や野良鳩と同じくらい、この世は豚足に満ちている。君等には豚足が見えてないのか!
このスーパーでは平台にズラッと並んでいた。需要があるんですよ!
このスーパーでは平台にズラッと並んでいた。需要があるんですよ!

そもそもなんで僕に豚足を食べる習慣があるのかというと、実家で夕食のおかずとして普通に出てきたからだ(千葉県の一般的な日本人家庭ですよ)。

多分あれは父の好物だったからだ。家ごとに違う謎の食文化は、ひも解くとその家の父親のせいだったりする。

それでちょいちょい食べていたので、家を出て以降も自分で買って食べていた。
こんな感じのパッケージで、大体300円くらい。
こんな感じのパッケージで、大体300円くらい。
中身を出すとこんな感じ。ボイル済みで半分に切られている。
中身を出すとこんな感じ。ボイル済みで半分に切られている。

どう食べるのか?

そもそも、豚足を食べたことがないという人も多いらしい。となると当然、食べ方も味も分からないだろう。

仕方ないので、基本中の基本から説明したい。まさか豚足の食べ方を人に説明する日が来るとは思わなかった。
手で引きちぎる。
手で引きちぎる。

いきなりショッキングな説明をするが、豚足を素手で引きちぎる。関節部分に指を滑り込ませ、ゴキンと外せばバラバラになる。

バラバラにして、それを器にドカッと盛って食卓に出してもいいのだが、それだと食べにくい。

手づかみでかぶりつくと、手がベタベタのヌルヌルになるのだ。食べてるときに無言になるのはカニに似ているが、カニと違って脂のヌルヌルなのでたちが悪い。

そこで、僕は肉と骨をこの段階で分けちゃうことにしている。
骨と肉を分ける。ちょっとした『豚をさばく気分』を味わえて楽しい。
骨と肉を分ける。ちょっとした『豚をさばく気分』を味わえて楽しい。
骨に沿って包丁を入れ、肉をそぎ落とす。こうしておくと箸で食べられるので手が汚れない。

豚足を食べる上での重要なライフハックなので覚えておいてほしい。

皿に盛りつけるとこうなる。
ほら、おいしそうでしょうが!
ほら、おいしそうでしょうが!

辛子酢味噌を付けて食べる

豚足の食べ方はいろいろあるが、そのまま食べるのがオーソドックスというか、まずは基本である。

たいてい辛子酢味噌が添付されているので、それをつけて食べるとよい。
これをこのままパクッといく。
これをこのままパクッといく。
辛子酢味噌の味はどことなく朝鮮系の味で、それが豚足によく合う。麦焼酎なんか合いそうな感じである。

通常、パック詰めされた豚足は下茹でされているので臭みなどもないし、脂っぽさもない。

個人的には、この味を知らないとかマジかよって感じである。

次のページではほかの食べ方を紹介します。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ