ちしきの金曜日 2017年1月13日
 

この耐震補強がすごい

建物の細かい造形を覆って頑強に押さえる鉄骨
建物の細かい造形を覆って頑強に押さえる鉄骨
耐震補強とは、建物を地震に強くするために行う補強である。よく見ないと分からないようなものから、豪快に外側を覆っているものまで種類もいろいろあって興味深い。そこで、調べたり街歩きで見かけたものの中から、これは!と思ったものを紹介します。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

耐震補強へのめざめ

この数年、日本列島は各地で揺れまくりである。その影響か、耐震補強を施してある建物がよく目につくようになった。柱や筋交いを追加したり、鉄骨で覆ったりして、古い建物でも建て替えなくても地震に耐えられるようにしているのだろう。小中学校の窓枠の部分に太い斜めの柱が入っているのを見たことある人もいる思う。

先日、外側をものすごい無骨な鉄骨で補強してあるマンションを見つけた。まずは思わず声が出ちゃったその物件を見ていただきたい。
鉄仮面をかぶせられた国王の双子の弟、みたいな感じ
鉄仮面をかぶせられた国王の双子の弟、みたいな感じ
筆者は建築素人なので、業界的にはぜんぜんすごくなかったり、見当外れな感動をしているかも知れないけれど、詳しい方はご容赦ください。

もともとの建物は表面にレンガ調のタイルが貼られた、70年代くらいに建てられたと思われるマンション。1階が駐車場になっていて、2階以上が住居のタイプだ。
これまで見た景色の中でベストミスマッチ
これまで見た景色の中でベストミスマッチ
視界に入ったとき、無意識に二度見して思わず「むおっ!」みたいな声が出た。時代を感じさせる艶のあるタイルとイマっぽいマットな鉄骨。その2つが白昼堂々こんなに大胆に密接している光景、これまで見たことがない。

かっこいい!とか言っていいのか分からないけれど、とにかくかっこいい!

なによりすごいのは足元だ。補強の鉄骨は、斜めにオーバーハングしたコンクリートの柱に支えられているのだ。そしてその根元は、マンションを支える柱をしっかり抱いて密着している。
建築素人から見ると超かっこいいけどちょっと不安
建築素人から見ると超かっこいいけどちょっと不安
鉄骨はマンションの柱にしっかり固定されている
鉄骨はマンションの柱にしっかり固定されている
横にまわってみると、隣の面も柱で補強されていた。補強が入っているのはどちらも通路側で、ベランダ側は外から見えなかったけど、どうなんだろう。
横の面も補強が入っていた
横の面も補強が入っていた
私はこれで耐震補強に目覚めました
私はこれで耐震補強に目覚めました
このマンションを見つけたことで耐震補強に一気に興味が湧いた。ほかにもすごい耐震補強の物件があるかも知れない。それを見たい。見たくてたまらない。

というわけで新年早々、車窓や検索やストリートビューですごい耐震補強の建物を探す日々が続いた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓