ちしきの金曜日 2017年1月20日
 

キエフのベランダはかわいい

キエフの団地のベランダは、住民によってサンルーム化していました。
キエフの団地のベランダは、住民によってサンルーム化していました。
過日記事にしたように、昨年チェルノブイリに行ったのだが、ウクライナに降り立ったとなれば行かねばならぬ場所がもうひとつある。団地だ。

旧ソ連の国の団地。こんなに魅惑的なものがあるだろうか。団地マニアのぼくにはたまらない響きだ。共産建築の団地。

で、スケジュールの合間をぬってたずねた。そうしたら、やっぱりちょうすてきだった。なにがすてきって、どこもかしこもすてきなんだけど、特にベランダがたまらなかった。

「寒い国に行ったら、ベランダを見ろ」だな、と思った。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

とにかくかわいい! キエフの団地

まずはとにかく写真をご覧ください。
すてき。かっこいい。なんなのこれ。ちょうかわいい。
すてき。かっこいい。なんなのこれ。ちょうかわいい。
日本のものとまるで違うけど確実に団地感がある。ふしぎだ。これが団地マジックというものか。
日本のものとまるで違うけど確実に団地感がある。ふしぎだ。これが団地マジックというものか。
知らないのに「ホーム感」ある。帰るべき場所はここだ感。ウクライナの実家だ。ただいま。
知らないのに「ホーム感」ある。帰るべき場所はここだ感。ウクライナの実家だ。ただいま。
団地がある限り世界中どこでもゆったりうっとりできるな、ぼくは。とあらためて思った。
団地がある限り世界中どこでもゆったりうっとりできるな、ぼくは。とあらためて思った。
遊具の感じも「ザ・団地」って感じなんだけど、同時に異国情緒ある。このブランコの造形すばらしい。支柱の角度とか絶妙。カラーリングもキュート。ミニチュアほしい。
遊具の感じも「ザ・団地」って感じなんだけど、同時に異国情緒ある。このブランコの造形すばらしい。支柱の角度とか絶妙。カラーリングもキュート。ミニチュアほしい。
これすてきだった。免許も持っておらず、車に興味はないがこれはすごくいいな、と思った。形はもちろん、色がいい。
これすてきだった。免許も持っておらず、車に興味はないがこれはすごくいいな、と思った。形はもちろん、色がいい。
そういうかわいい車は、団地敷地内でしばしば見かけた。かわいい団地とあいまって絵になる。そりゃあ住民の女性をあえて入れたそれっぽい構図にもしちゃいますよ。
そういうかわいい車は、団地敷地内でしばしば見かけた。かわいい団地とあいまって絵になる。そりゃあ住民の女性をあえて入れたそれっぽい構図にもしちゃいますよ。
こういう造形的にがんばっちゃってる団地棟もある。実家感はないがこれはこれで惹かれる。決してかっこよくはないが憎めない。日本ではお目にかかれないタイプのデザイン。とてもこうふんする。
こういう造形的にがんばっちゃってる団地棟もある。実家感はないがこれはこれで惹かれる。決してかっこよくはないが憎めない。日本ではお目にかかれないタイプのデザイン。とてもこうふんする。
造形もさることながら、おそらく建設年と思われる年号がちょんと添えられてたりして、もだえる。いいなあ。
造形もさることながら、おそらく建設年と思われる年号がちょんと添えられてたりして、もだえる。いいなあ。
これなど、「ツートンカラー」という死語を使わざるを得ないぶきっちょな色づかいがたまらない。塗り分け位置も微妙でいい。
これなど、「ツートンカラー」という死語を使わざるを得ないぶきっちょな色づかいがたまらない。塗り分け位置も微妙でいい。
一方、比較的新しめのこういう集合住宅はちょっとなー。きっとこっちのほうが暮らしごこちはいいんだろうけどなー。日本人の目からするとちょっとしたラブホテルっぽいしなー。
一方、比較的新しめのこういう集合住宅はちょっとなー。きっとこっちのほうが暮らしごこちはいいんだろうけどなー。日本人の目からするとちょっとしたラブホテルっぽいしなー。
でもこのみょうにリアリズムなカタツムリは気に入ったぞ。
でもこのみょうにリアリズムなカタツムリは気に入ったぞ。
造形といえばこれがすごかった。集合住宅としてはかなり意欲的。とても共産主義建築っぽい。いい。
造形といえばこれがすごかった。集合住宅としてはかなり意欲的。とても共産主義建築っぽい。いい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓