ひらめきの月曜日 2017年1月23日
 

育ちすぎたタケノコでメンマを作る

育ちすぎて食べられないタケノコからメンマを作ってみました。
育ちすぎて食べられないタケノコからメンマを作ってみました。
去年の春、食べるにはちょっと硬すぎる育ちすぎたタケノコをたくさんもらってきた。ものは試しとそれでメンマを作ってみたのだが、意外とちゃんとしたものが出来上がってびっくり。

世界的なメンマ不足(産地の中国で採算面の低さから敬遠されているらしい)が解消される日は近いかもしれない。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「釣って食べよう!つりぼりカフェの揚げたて天麩羅」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

タケノコは収穫のタイミングが難しい

4月の久しぶりに晴れた休日、友人に連れられてタケノコ狩りへとやってきた。

ご存知の通り、竹というのは成長が早い植物。ここ数日雨が続いていたせいで、明らかに収穫のタイミングを逃したタケノコがポコポコと頭を出している。
アシックスを羽織った現代版竹取の翁に連れられてタケノコ狩りへとやってきた。
アシックスを羽織った現代版竹取の翁に連れられてタケノコ狩りへとやってきた。
収穫できるのは地面からちょこっと顔を出したくらいのタイミングまで。ベテランは足の裏の感覚で、まだ地中にあるタケノコを探し当てるとか。
収穫できるのは地面からちょこっと顔を出したくらいのタイミングまで。ベテランは足の裏の感覚で、まだ地中にあるタケノコを探し当てるとか。
掘ってみるまでどれくらいの大きさなのかわからないのが楽しいのよね。
掘ってみるまでどれくらいの大きさなのかわからないのが楽しいのよね。
ファミコンソフト『シティコネクション』の障害物のように育ったタケノコ。こうなるともう食べられない。
ファミコンソフト『シティコネクション』の障害物のように育ったタケノコ。こうなるともう食べられない。
食べられないからと放っておくと、竹の密度が濃くなりすぎたり、生えては困る場所にまで進出してしまうため、これらは折って捨ててくれとの指示があった。

その理屈はわかるが、ちょっともったいない気もする。この育ちすぎたタケノコ、もしかしたらメンマにすれば食べられるのではなかろうか。

前から一度作ってみたかったし、捨てるやつなら失敗しても痛手は少ないだろうということで、せっかくだから持ち帰ってみることにした。
メンマならこのサイズでもいけちゃう?
メンマならこのサイズでもいけちゃう?
いっそこいつも攻めてみようか。
いっそこいつも攻めてみようか。
メンマを作るといっても、本来は中国南部や台湾に生える麻竹(まちく)のタケノコから作るのだが、ここの竹は孟宗竹。

インディカ米でお餅を作る、逆を言えば餅米でパエリアを炊くくらい無理のある話なのかもしれない。

タケノコの皮をむこう

メンマの作り方なんて知らないので、検索して出てきた麻竹をメンマにする流れ(こちら)と、過去にライターの高瀬さんが書かれた記事(こちら、エイプリルフールのウソ記事ですが)を参考にしつつ、わからないところは妄想しながら独自の解釈で進めていくこととする。孟宗竹だけに。

まずタケノコと呼ぶには育ちすぎているタケノニイサンの皮をむくところからスタート。
食用サイズのタケノコと、食用不適切サイズのタケノコ。本当に食えるのかこれ。
食用サイズのタケノコと、食用不適切サイズのタケノコ。本当に食えるのかこれ。
先っぽは皮ばかりなので切り落とす。
先っぽは皮ばかりなので切り落とす。
マタギが作る鹿革の伝統的反物みたいだ。
マタギが作る鹿革の伝統的反物みたいだ。
縦に包丁を入れて、そこからメリメリと皮を剥ぐ。
縦に包丁を入れて、そこからメリメリと皮を剥ぐ。
普通サイズのタケノコが、ビニョーンと育ってこの大きさになったというのがよくわかるね。
普通サイズのタケノコが、ビニョーンと育ってこの大きさになったというのがよくわかるね。
どのサイズまで食べられるかと様々なサイズを持ち帰ってきたが、ちょっと多かったか。
どのサイズまで食べられるかと様々なサイズを持ち帰ってきたが、ちょっと多かったか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓