ロマンの木曜日 2017年1月26日
 

タイの自家製焼肉ダレがなめたい

幻のタレを求めて右往左往しました
幻のタレを求めて右往左往しました
日本に来たタイ人観光客が、焼肉屋に行くときに自家製のタレを持参するらしいという噂を聞いた。

なんだそのタレは、うまそうだ。舐めてみたい。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。

前の記事:「今年の抱負を看板にする」
人気記事:「かっこいい剣にはパースがついている」

> 個人サイト Twitter

タイ人専用焼肉のタレ?

ということで噂を聞いたレベルなのだが、「タイの人が日本の焼肉屋に持ち込む焼肉のタレ」というものがあるそうなのだ。備え付けのタレでは満足できないのか、わざわざ母国から自家製のタレを持ってくるらしい。
タイ人がよく来るらしい新宿の焼肉屋
タイ人がよく来るらしい新宿の焼肉屋
ただ不幸にしてタイ人の知り合いがいない。さらにタイの人が自家製の焼肉のタレを持ってきてる場面にも遭遇したことがないので、タイ人の焼肉ダレは本当にあるのかわからない。ぼくにとってオリハルコンや火鼠の皮衣にならぶ幻想の素材である。

仮に焼肉屋でタイの人が自家製ダレを使っていたとしてに「そのタレ、なめさせてください」というのも問題がありそうだ。

どうしたらいいのかわからないまま灰色の日々を過ごしていた。

タイで聞いたタレ情報

そんな折、昨年末タイのチェンマイに行くことになった。タイで「顔がでかくなる箱」を披露するためだ。チャンスである。

そのときにお世話になった通訳の人に、タイ人が日本に持ってくる手作りの焼肉のタレについて聞いてみた。
「自家製のタレを持っていく? ないと思います」
「自家製のタレを持っていく? ないと思います」
・タレを持ってく? そんな話は聞いたことがない
・仮に持っていくとしても自家製ではなく、店で売っているものだ
とのことだった。噂に間違いがあったのかもしれない。自家製というところに魅力を感じていたので、ちょっとがっかりである。

市販のいいタレを教えてもらう

自家製のタレはあきらめざるをえない。あらためて通訳さんにスーパーで売られているおすすめタレを聞いてみた。

上の写真にばっちり写っているがひとつピックアップしてもらうことに成功。
私はもっとからいのが好きだけど日本人向けにマイルドなのを選ぶとしたらコレがいいのでは、と教えてもらった。
これがそのおすすめのタレ
これがそのおすすめのタレ
さっそくスーパーに向かい、その商品を探す。
さっそくスーパーに向かい、その商品を探す。
たのしそうな職場
たのしそうな職場
それにしてもタイのスーパーの調味料&タレコーナーは膨大なストックだった。
それにしてもタイのスーパーの調味料&タレコーナーは膨大なストックだった。
なかなか見つからなかったが、冷蔵コーナーにあった。
なかなか見つからなかったが、冷蔵コーナーにあった。
やった、タイの焼肉タレだ! タイで一番の秘宝を手に入れた気分である。ホテルに戻ったあとは、タレの写真を撮りながらタイの熱い夜を過ごした。

舐めてみよう

そうこうして入手したタレ。舐めてみよう。あこがれのタイの焼肉ダレである。
日本に持ち帰ってきたタイのタレ
日本に持ち帰ってきたタイのタレ
なめた
なめた
スイートチリソースという言い方が一番近いか。日本人向けにマイルドめ、という話だが決して甘口というわけではなくしっかりと辛い。唐辛子のかけらも見えている。

タレのジャンルとしては味噌ダレに近いような濃厚さもあり、焼肉というよりはしゃぶしゃぶや鍋にあいそうだ。
広東火鍋醤と書いてあるな
広東火鍋醤と書いてあるな
これかあ、これをタイの人は焼肉に持ってくるのかあ。でも鍋の絵が書いてあるな。なんとなく釈然としない。

もうひとつ釈然とできない理由がある。このタレの画像をSNSにアップしたときに入ってきたこの情報である。
もらいましたよ、という情報
もらいましたよ、という情報
やっぱり自家製ダレを持ってくるタイ人はいるのだ。もう少し調べてみる必要がありそうだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓