土曜ワイド工場 2017年2月4日
 

鬼瓦スカートの提案

鬼onハンガー。
鬼onハンガー。
鬼で記事を、と持ちかけられ、何か工作をしようと考えた。鬼×ツクリモノ、で真っ先に思い浮かんだのが「鬼瓦」だ。我々集合住宅住まいには遠い憧憬の存在、鬼瓦。そんなアイツをあしらって、こんなファッションを考えてみた。

※この記事はとくべつ企画「鬼」の1本です。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「鳥っぽい日用品で張り子人形を作る」
人気記事:「「湖面から突き出た足」製氷器を作る」

> 個人サイト 妄想工作所

建築系ファッション

さらっと書いたが「鬼瓦×ファッション」って何なんだ、とお思いの諸兄に説明すると、こうだ。

鬼瓦とは、棟の端っこにまたがって周囲を睥睨し、飾りとしての他、厄を退散させる役目を持っている。

図にすると、こうだ。
パックマンじゃなくて鬼瓦。
パックマンじゃなくて鬼瓦。
鬼瓦が屋根にまたがり、裾が大きく開いて三角形の破風(はふ)が現れる。これ、スカートに見えないだろうか。

十分に説明できたと思うので、早速制作に入る。

まずは、バックル的に鬼瓦を配置するため、軽い素材でモノを作ろう。さまざまな鬼瓦のエッセンスを拾って、オレ的鬼瓦のラフを描き、推敲する。
初めて一から鬼瓦を作るのだ。人生っていろいろなことが起こるね。
初めて一から鬼瓦を作るのだ。人生っていろいろなことが起こるね。
軽い素材ということで、家にあったスタイロフォームを寄せ集めて使おう。断熱材に使われる素材だが、発泡スチロールより細かい造型がしやすい。スチロールカッターでも容易に切れる。
今回2番目くらいに楽しい作業。
今回2番目くらいに楽しい作業。
いきなりひと固まりのスタイロに一から彫刻していく能力がないので、元の絵を分解し、パーツごとに切り出す。できあがりは平面的になるが、彫刻素人でもそれなりな感じにできあがると思うのだ。
それぞれのパーツごとに、できる限りの凹凸をつけていく。
それぞれのパーツごとに、できる限りの凹凸をつけていく。
途中で組んでみる。しまった、福笑いしとけばよかった!
途中で組んでみる。しまった、福笑いしとけばよかった!
スチロールが溶けない接着剤で、組んでいく。
スチロールが溶けない接着剤で、組んでいく。
家庭用穴埋めパテでスキマを埋めていく。工事的な楽しさがある。
家庭用穴埋めパテでスキマを埋めていく。工事的な楽しさがある。
鬼瓦色って何だ!と悩みながらも、まずはリッチシルバーで彩色。
鬼瓦色って何だ!と悩みながらも、まずはリッチシルバーで彩色。
リッチシルバーでは少々輝き過ぎたので、黒+シルバーで全部塗りなおした。

やっと鬼瓦バックルができあがって大変満足だが、まだ全体の半分もできてないのだった。スカート部分は未知の領域が果てしなく広がっている。屋根瓦1枚1枚、縫い付けていくつもりだし、破風の部分も設計がまた茫漠としている。

ひとり、できあがってしまった鬼瓦が、心なしか不安そうにこちらを見ている。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓