ちしきの金曜日 2017年2月10日
 

ネパールの発酵乾燥青菜「グンドゥルック」は見た目とは逆にうまい

半生と完全乾燥

続いては発酵が終わったグンドゥルックを乾燥させます
まだ汁が多めなので最初はザルに入れて乾燥。
まだ汁が多めなので最初はザルに入れて乾燥。
表面が全体的に乾いたら、半分はこの状態で冷凍保存用に小分けにして、残り半分は更に乾燥させます。

このぐらいまで乾かす。和え物のような料理の時はこちらの方が味がいいそうです。
このぐらいまで乾かす。和え物のような料理の時はこちらの方が味がいいそうです。
冷凍しておくと風味が長持ちするそうです。完全に乾燥させれば常温でも保存できます。
塩茹でした大根の葉をこんな風に冷凍しておいて、みそ汁に入れたりすることは今まであった。これからは発酵させてからにしようか。
塩茹でした大根の葉をこんな風に冷凍しておいて、みそ汁に入れたりすることは今まであった。これからは発酵させてからにしようか。
更に1週間ほど風に当てながら干してみました。
もうこんなに小さくカサカサに。
もうこんなに小さくカサカサに。
黒く変色してカサカサに乾いていたら乾燥終了。グンドゥルック作り終了です。
買ってきた物と見た目は違うがグンドッルックになりました。 
買ってきた物と見た目は違うがグンドッルックになりました。 
では、これを現地の人に見てもらって出来栄えを確認してもらいましょう。

ネパール人から褒められる

やってきたのはこちら。
板橋区大山、マナカマナ。何度もお世話になります。
板橋区大山、マナカマナ。何度もお世話になります。
マナカマナです。齋藤さんにお願いして、実際にグンドゥルックを使った料理を特別に作っていただき、現地の味を確認します。

そして、ネパール人のシェフに自作のグンドゥルックがちゃんとできているのかの判定もしてもらいました。
事前に連絡の上、ランチタイムの終わり近くに来て別料金で特別にお願いして作っていただきました。グンドゥルック料理は常にあるわけではありません。
事前に連絡の上、ランチタイムの終わり近くに来て別料金で特別にお願いして作っていただきました。グンドゥルック料理は常にあるわけではありません。
こちらが作っていただいたグンドゥルックを使った料理です。
グンドゥルックサデコ。ビールにとてもよく合う味です。
グンドゥルックサデコ。ビールにとてもよく合う味です。
グンドゥルックサデコ。グンドゥルックを使った和え物。グンドゥルックの他、煎り豆や玉葱、茹でたジャガイモが入っています。

スパイスのとてもいい香りが漂ってくる。
こりゃー、うまい!ビールが手放せないうまさ!
こりゃー、うまい!ビールが手放せないうまさ!
食べてみると、ちょっと酸味があり、カレーの香りの後に辛さがやってきます。ただの青菜とは違い、酸味と共に複雑な旨味を感じます。煎り豆のポリポリとした食感もいいアクセントとなって、香ばしい風味がスパイスの香りを引き立てます。これは実にうまい!
ランチビールだってのに、2杯目に行きそうになるうまさ。 
ランチビールだってのに、2杯目に行きそうになるうまさ。 
新大久保で買ってきた物のような繊維は感じませんでした。高菜を使ったグンドゥルックだそうです。新大久保で買った物が何の葉で作られた物か聞いていないのでわかりませんが、食感がかなり違います。日本人にも食べやすく、うまいです。

現地の料理の味が分かったところで、ネパール人シェフに私の作ったグンドゥルックを見てもらいましょう。
みんな笑顔だから多分問題ないでしょう。
みんな笑顔だから多分問題ないでしょう。
通訳してもらったところによると、いい出来だと褒めていただいたようです。現地の方からお墨付きいただきました。

では、この自作グンドゥルックを使って料理してみます。グンドゥルックサデコとオリジナルでグンドゥルックを使った和風の煮物を作ります。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓