はっけんの水曜日 2017年2月15日
 

密着レポ 新潟のオールド送水口を救出せよ!

街角プロジェクトX
街角プロジェクトX
古き良き建物が終わりを迎える。哀しいが仕方ない。しかし、仕方なくない人達もいる。ビルに設置されたオールド送水口のレスキューに密着した。しすぎた。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

目指すは新潟大和の壁

2017年1月、新潟駅の万代口を出てうっすらと雪の積もった通りを北西に歩く。
いきなりマルタケビルがかっこいい。
いきなりマルタケビルがかっこいい。
萬代橋を通って信濃川を渡るとデパートやアーケードが立ち並ぶ新潟随一の繁華街、古町。
三越のライオンが見つめる先には真っ白な棟屋で寒々しく佇むビルディングが。2010年に惜しまれながら66年の歴史に幕を下ろした百貨店、大和新潟店である。
閉店から5年、再開発計画も一応の方向性が打ち出され、解体を待つばかり。
閉店から5年、再開発計画も一応の方向性が打ち出され、解体を待つばかり。
通りに面した壁からうつむきかげんで顔を出している一基の古い送水口がある。
通勤者が行き交うバス停を見つめる。
通勤者が行き交うバス停を見つめる。
送水口の老舗メーカー「村上製作所」製、壁埋設露出Y型。
送水口の老舗メーカー「村上製作所」製、壁埋設露出Y型。
村上ブランドの証。Mに水流のロゴ。
村上ブランドの証。Mに水流のロゴ。
正確な設置年は不明だが、この建物とほぼ同じ歴史を共有するヴィンテージ送水口である。
プレートの表記に英語「SIAMESE CONNECTION(サイアミーズ コネクション)」が用いられていたのが昭和20年代。20年代後半から30年代にかけてカタカナ?日本語表記に移行が進み、現在では「送水口」と表記されている。つまり、英語表記のものは昭和30年以前に作られた可能性が高い。
プレートの表記に英語「SIAMESE CONNECTION(サイアミーズ コネクション)」が用いられていたのが昭和20年代。20年代後半から30年代にかけてカタカナ?日本語表記に移行が進み、現在では「送水口」と表記されている。つまり、英語表記のものは昭和30年以前に作られた可能性が高い。
村上製作所製の送水口だけについている「ビス穴」も健在。
村上製作所製の送水口だけについている「ビス穴」も健在。
ほおっておけば産業廃棄物になる運命、悲しいではないか。いかんではないか。しかし、そんな灰色の空気を切り裂いて、東京の新橋からホワイトナイトが駆けつけた。
道路使用許可証とツーショット。
道路使用許可証とツーショット。
「送水口博物館」館長にして、この送水口を製造した「村上製作所」3代目社長(逆かな、まあいいや)村上善一氏である。

いや「送水口博物館」とかいって何なのよ、っていうのはこの記事に詳細が記されているが、ヴォーカル&おさらい担当の私からさらっとおさらいしておこう。送水口は高層ビルなどの防災設備で、火災の時には消防車のホースをつなぎ、高層階に迅速に消火用水を送ることができる。
何度も引用してすみませんが館内パネルより。
何度も引用してすみませんが館内パネルより。
古き良きビルが解体される際に廃棄されてしまう送水口を収蔵し、展示する博物館が2015年、村上氏と送水口を鑑賞するファン達の尽力によってオープンした。
第一光和ビルやブリジストン旧本社ビルなど、救出された送水口が展示されている。
第一光和ビルやブリジストン旧本社ビルなど、救出された送水口が展示されている。
今回はその救出活動の一環である。もちろん、ビルを解体するからといってそれじゃあどうもと勝手に持って行っていいものではない。財産管理者や解体業者など利権者、責任者との交渉、そして現場作業にあたっての各種申請等、様々な調整の上で可能となるのだ。
現場事務所のあるビルの送水口もよかった。
現場事務所のあるビルの送水口もよかった。
今回の新潟大和の件は生粋の送水口ファンであるAyaさんが、この送水口を好きすぎるあまり、いても立ってもいられず解体前の回顧イベントに出向き保存を懇願した事が引き金となった。その模様はAyaさんの運営する送水口サイト「送水口倶楽部」に記されている。

世にも珍しい送水口の取り外し作業。ぜひ見せてくださいと館長にお願いしたところ、「ぜひ来たまえ」と快諾されたのである。
「手伝ってね」という条件つきで。
「手伝ってね」という条件つきで。
館長と前述のAyaさん、私の3名で現場へ向かう。
「どうだい、潜入取材って感じでいいだろう」
--潜入というか混入ですけどね。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓