ひらめきの月曜日 2017年2月20日
 

今週は木曜に春の嵐がくる? 〜あと出し天気予報

木曜(23日)の風の予測。低気圧がこのコースなら南風が強まって嵐に。しかし、もっと南を通ると、そこまで吹かない。
木曜(23日)の風の予測。低気圧がこのコースなら南風が強まって嵐に。しかし、もっと南を通ると、そこまで吹かない。
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。 ツイッターでも気象情報やってます。
> 個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭 ツイッター @MasudaMasaaki

1週間を振り返る(東京都心周辺)

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。

パーフェクト達成 みぞれは雪なんです

先週は、7日間とも当たりでパーフェクト達成!

雨の日が少なく、けっこう予報が簡単だったというのが本音。ハズレであちゃーを期待していた、あと出し天気予報ファンのみなさん、ごめんなさい。

でも、ぜんぶの日が簡単だったわけではなく、ちょっとむずかしかったのは、土曜(18日)の予報。

夜に強い寒気が南下してくるタイミングで、関東にしてはめずらしく、雪雲や雨雲が発生。それも、「雪の可能性あり」と、ちゃんと前日から読みきっていた。

じっさい降ったものは「みぞれ」だったが、みぞれも観測上は「雪」の扱い。

専門的なことを言って、強引に言いくるめてるように見られそうだが、本当のことなので当たりにさせていただきます!
ぎりぎり雪が混じってくれたおかげで、土曜は当たり。綱わたりっぽいけど、なんとかパーフェクト達成。
ぎりぎり雪が混じってくれたおかげで、土曜は当たり。綱わたりっぽいけど、なんとかパーフェクト達成。

春一番が吹きました

先週は、木〜金曜に九州・四国・北陸・関東で春一番が吹いた。

じつは、今回はちょっと微妙な部分もあった。「春一番」になる条件は、各地方ごとに決まっているが、「日本海に低気圧」という条件を設定しているところもある。

今回は、低気圧が大陸から北海道の北へ進んで、日本海を通ったかどうか微妙な感じだった。

ひとむかし前なら、「いや、あれは低気圧が日本海を通ってないので春一番じゃない!」と気象庁が判断した年も。

「いや、あれはストライクゾーンから3ミリ外れたからボールだ!」と言うような手ごわい審判みたいな感じだったが、今年は意外とあっさり春一番に。

春一番って、風速とか基準を決めているが、最後は「主観」の判断が入る。そういうファジーな部分もあっていいですよね。

と言いながら、春一番の予報がハズれる結果だったら、「ファジーなんて必要ない!」と文句言ってると思います。

【今週のみこみ】木曜の低気圧のコースに注目です

天気予報の世界では、低気圧が日本海を通ると風に注意、本州南岸を通ると雨に注意、と言われる。

あくまでザックリとした見方で、どちらを通っても雨も風も強まる場合はあるのだが、今週木曜(23日)は、低気圧のコースがポイントになりそうだ。
低気圧が本州の近くを通れば、雨は降るが、風はそんなに吹かず。
低気圧が本州の近くを通れば、雨は降るが、風はそんなに吹かず。
低気圧が日本海の真ん中あたりを通れば、日本列島の広範囲で強風がビュンビュン吹く。

しかし、日本海でも本州の近くや、本州付近、もしくは本州南岸を通れば、強風は海沿いが中心に。

今のところ、低気圧は本州に近いところを通って、強風は沿岸部が中心。かつ、雨がしっかり降りそうな感じだが…結果は来週の記事で!

ちなみに、これ、気温が大ハズレして、大ブーイングになることがあるパターンなんですよね。東京は今のところ、木曜は18℃の予想になってますが、南風が強まらなければ、寒い可能性も。

なので、個人的には「木曜は暖かくなる」とは、ひとまず言わないようにしとこうかなと。こっそり予防線を張っておきます。
!
今週の格言
『低気圧が日本海を通ると風に注意、本州南岸を通ると雨に注意』
(あくまで、ざっくりな目安です)

詰め天気

前回(2/6)の出題は、「この日、大雪になった都市はどこでしょう?」でした。

選択肢はこの4つ。
1)高松
2)高知
3)熊本
4)宮崎
2010年1月13日明け方。気象庁天気図。
2010年1月13日明け方。気象庁天気図。
正解は「3)熊本」で、この日は雪が7cm積もりました。熊本としては、めったにない雪の量だったんですね。

等圧線が縦じまに何本も並ぶ強い冬型の気圧配置で、日本海側では雪が強く降りやすい天気図でした。

冬型のときは、日本海だけではなく、東シナ海でも雪雲が発生します。その雪雲が、北西からの風にのって、熊本県内にも流れ込んだんですね。

さらに、このときは、小さな低気圧が熊本に近づいてきていました。こうやって冬型のときに、小さな低気圧が来ると、雪雲が一段と発達することがあるんです。この日は、ちょうど低気圧が近づいたタイミングで、雪の降り方が強まり、一気に積雪が増えました。

「東シナ海で水蒸気を含んだ風が九州にぶつかる西側、すなわち熊本で雪となるかと思います。(ある単身赴任さん)」

そのとおり!

「東シナ海から九州に低気圧が迫っていることもあり、答えは3)の熊本ではないでしょうか(ぐるさん)」

正解です!

「Radikoでジェーン・スーさんのラジオを聞いていたら増田さんが出ていてびっくり。オフィシャルサイトをみたら、なんとレギュラーだったんですね。(はいまっとさん)」

そうなんですよー。毎週木曜のお昼すぎ、TBSラジオで天気のことをたっぷり話してます!

「初めて投稿します。詰め天気が面白くて過去2年分をほぼ1日で閲覧するという、ちょっともったいない(?)ことをしました。(西宮ブルボン☆さん)」

うぉー、めっちゃうれしいですよ! 2017年が、あした大みそかで終わってもいいくらいのうれしさです。


今週の定石はこちら。
今週の定石
『冬型のときに小さな低気圧が北から近づくときは、大雪に注意すべし』
今回、正解した皆さんはこちら。

ベルヌーイさん、Fleurさん、かまきりさん、ぐるさん、naraoさん、そばーばさん、はいまっとさん、イナバのクロウサギさん、tosi-sさん、雄大積雲さん、KMRさん、イシロさん、よーすけさん、ある単身赴任さん、シヤーライン。さん、スートラさん、おさかなマイスターさん、hennaojisanさん、西宮ブルボン☆さん、メロポンさん、エルビスオヤステロさん。

おめでとうございます!

今週の問題はこちら。

今週の問題

この日の東京はどんな天気だったでしょうか?
気象庁天気図。朝
気象庁天気図。朝

(ヒント)

・12月〜3月のいつかの天気図です
・寒冷前線は南に動いています
・ネットでの天気図検索はナシでお願いします(笑)

<答えはこの4つのどれかです>

1)25℃を超えて夏日→砂ぼこりで空が茶色に
2)25℃を超えて夏日→夜は0℃以下に
3)ふぶき→昼間でも0℃以下
4)ふぶき→晴れて湿度5%以下に

解答はこちらから↓
理由などとともにお願いします。
正解は再来週(3/6)に!

「お天気スナック」のお知らせ

ちなみに、3月5日(日)に「お天気スナック」というイベントをやります!
http://dpz.cocolog-nifty.com/q/2017/02/3-10f5.html
質問をしたい放題、天気予報への愚痴を言いたい放題の2時間。
ぜひぜひご参加ください!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓