フェティッシュの火曜日 2017年2月28日
 

サンゴの天敵「オニヒトデ」を食べてみる

!
近年、沖縄ではサンゴの減少が問題になっている。
水質悪化などいろいろな原因があるようだが、サンゴを食べ荒らす直接の天敵として槍玉に上げられがちな生物がいる。オニヒトデだ。ヒトデのくせに全身を毒針で武装したいかついやつらである。
今回はこのオニヒトデを食べてみることにした。ひょっとすると、僕がオニヒトデの天敵になれるかもしれないと思ったからだ。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

ヒトデはウニの仲間

オニヒトデうんぬん以前にそもそもヒトデって食べられるの…?という話だが、その辺の大前提は問題無し。
天草地方ではヒトデ(キヒトデ)を食べる習慣がある。しかもウニやカニミソに似た珍味だという。
それもそのはず。ヒトデはウニやナマコと同じ棘皮動物に分類される。お、ならオニヒトデもイケるんじゃないの?という短絡的な考えで僕は沖縄へと飛んだ。
沖縄の海。オニヒトデをはじめ、多様な生物を支えているのがサンゴなのだ。
沖縄の海。オニヒトデをはじめ、多様な生物を支えているのがサンゴなのだ。
「サンゴをオニヒトデから守れ!」ということで駆除活動も盛んに行われているが、捕らえられたオニヒトデは肥料にするくらいしか使い道がないらしい。
…ちょっと待った。食べたら意外とおいしいかもよ?沖縄の新名物になっちゃうかもよ?
だって大体トゲや毒で武装してる奴らって美味しいじゃん。ウニしかり、オコゼしかり。
物は試しで食べてみようよ。
いました!お食事中のオニヒトデくん。よく見ると実はめちゃくちゃカッコいいよね。生物としての造形が。
いました!お食事中のオニヒトデくん。よく見ると実はめちゃくちゃカッコいいよね。生物としての造形が。

注意!全身毒針!!

たまたまサンゴを食べるという習性を持って生まれてきたがためだけにネガティブなイメージを抱かれているオニヒトデ。
だが、彼らの全身を毒針で覆ったスパイキーで世紀末なヴィジュアルも、悪役イメージにさらなる拍車をかけてしまっている。
というわけで、捕獲!(※素手でつかんでますが、危険ですので真似しないでください。
というわけで、捕獲!(※素手でつかんでますが、危険ですので真似しないでください。
フライパンくらいあるな。それにしても全身トゲだらけ。これだけ厳重に中身を守ってるってことはさぞかしおいしいのだろう。
フライパンくらいあるな。それにしても全身トゲだらけ。これだけ厳重に中身を守ってるってことはさぞかしおいしいのだろう。
トゲの先端は淡く橙色がかっている。「ここに毒がありますよ!」と言わんばかり。だが、刺さりは良くない。
トゲの先端は淡く橙色がかっている。「ここに毒がありますよ!」と言わんばかり。だが、刺さりは良くない。
海水浴やダイビングの際に岩に手を置いた際、陰に隠れていたオニヒトデにプスリとやられることが多いようだ。沖縄の海には他にもいろいろと危険な生物が潜んでいるので、くれぐれも気をつけよう。
海水浴やダイビングの際に岩に手を置いた際、陰に隠れていたオニヒトデにプスリとやられることが多いようだ。沖縄の海には他にもいろいろと危険な生物が潜んでいるので、くれぐれも気をつけよう。
僕もザックリと7ヶ所ばかり刺されたが、幸いにもオニヒトデの毒があまり効かない体質だったようで症状は軽く(ガンガゼに刺された際よりも軽症だった)て済んだ。
刺された部位はハチに刺されたように腫れ、ジンジンとうずくような痛みが出る。日が経つにつれ、痛みは痒みに変わった。
刺された部位はハチに刺されたように腫れ、ジンジンとうずくような痛みが出る。日が経つにつれ、痛みは痒みに変わった。
毒針が刺さると一拍おいてから(そもそもトゲの先端はガンガゼなどと比べて鈍く、軽く触れた程度ではなかなか刺さらない)ジンジンと患部が痛み始め、ハチに刺されたようにプックリと腫れる。
翌日には痛みと腫れはおよそ引いたが、患部に触れると鈍い痛痒さがある。その後、10日ほどはこの微妙に不快な状態が続くのだった。

※オニヒトデの毒がもたらす症状には個人差が大きいので注意。指先をチョンと刺されただけで肩までパンパンに腫れてしまう人もあるとか。
また、アナフィラキシーショックで亡くなっている方もいるので十分に気をつけたい。
オニヒトデの毒が効きにくいという、ホントどうでもいい己の体の秘密を知って調子に乗る男。※危ないので絶対真似しないで!
オニヒトデの毒が効きにくいという、ホントどうでもいい己の体の秘密を知って調子に乗る男。※危ないので絶対真似しないで!
ちなみにオニヒトデの天敵はホラガイ。トゲを物ともせず、あの巨体を包み込んで食ってしまうのだ。
ちなみにオニヒトデの天敵はホラガイ。トゲを物ともせず、あの巨体を包み込んで食ってしまうのだ。

アクがすごいぞ…

さあ、さっそく捕獲したオニヒトデを持ち帰って食べよう。
メニューは素材の味を知るべく、シンプルに塩茹でだ。
まな板の上のオニヒトデ。ドラクエの世界であっても台所でここまで禍々しい光景を見ることはできないだろう。
まな板の上のオニヒトデ。ドラクエの世界であっても台所でここまで禍々しい光景を見ることはできないだろう。
裏側。中央が口なのだが、食事中に捕まえてクーラーへ入れたためか胃袋(中央のヌメヌメ)がはみ出ている。ヒトデは胃を口から体外に反転させてエサを食べるのだ。
裏側。中央が口なのだが、食事中に捕まえてクーラーへ入れたためか胃袋(中央のヌメヌメ)がはみ出ている。ヒトデは胃を口から体外に反転させてエサを食べるのだ。
腕の裏側にも細くもろいトゲがビッシリ生えている。真ん中に並ぶプヨプヨした部分は移動時に使う足(管足)。腕の裏に足があるって言うとなんか変な感じだな。
腕の裏側にも細くもろいトゲがビッシリ生えている。真ん中に並ぶプヨプヨした部分は移動時に使う足(管足)。腕の裏に足があるって言うとなんか変な感じだな。
沸かした湯に放り込むと、あっという間に真っ赤に!カニみたいだな。
沸かした湯に放り込むと、あっという間に真っ赤に!カニみたいだな。
たっぷりと湯を沸かした大きなフライパンへオニヒトデを投入する。すると、みるみるうちに赤くなっていく!
おお、まるでカニだ。
こうなってしまうと、不思議とおいしそうな気がしてくる。
……しかし!
アクが…。
アクが…。
アクが!アクが!!
アクが!アクが!!
すさまじい勢いでアクが浮いてきた!大丈夫かコレ!?
とりあえずアクを捨てては茹でるを繰り返し、ようやく落ち着いたところで完成!
オニヒトデの丸茹で
オニヒトデの丸茹で
まずは腕から試してみよう。割ってみるとわずかながらカニミソのようなモノが…。あとは硬い骨格のような部位ばかりなので、食べられるとしたらここしかない。
まずは腕から試してみよう。割ってみるとわずかながらカニミソのようなモノが…。あとは硬い骨格のような部位ばかりなので、食べられるとしたらここしかない。
腕を一本切り取り、カニのように殻を割る。すると、これまたカニミソのようなジュルジュルした何かがほんの少しだけ出てきた。
…これが果たしておいしいかマズいか、それ以前に食べられるか否かは食べてみなければわからない。
というわけで、すする。


こういう体を張れば答えが出る系の問題は解決が楽だね!
苦!渋!要は…まっずい!!食感とにおいはちょっとカニミソっぽいんだけどね。
苦!渋!要は…まっずい!!食感とにおいはちょっとカニミソっぽいんだけどね。
ねっとりと口に広がる、覚えのある舌触りと香り…。そうだ!カニミソのそれだ!カニっぽいのは茹で上がりの見た目だけではなかった!

…しかし!肝心の味が最悪なのだ。
えげつない苦みと渋みが舌を襲う。カニミソのような旨みとか、コクとか、甘みとかは一切ない。
理科室の隅の床を舐めたらこんな味がするのではないか、という味。
とにかく、食べられたもんじゃない。脳が「これは食べ物ではない」というジャッジを即座にくだした。完敗だ。

腕はダメでもボディーはどうだ!?

だがあきらめるにはまだ早い。
スッカスカの腕の内部が食べられなかっただけだ。
中心部というか胴体というか、コアの部分が手つかずで残っている。
正直言ってかなり望みは薄いが、ひょっとしたらここは食べられるかもしれない。包丁で真っ二つに切り開く。
ザクッ!ゴリッ!と両断。キッチンバサミを使うべきだった。
ザクッ!ゴリッ!と両断。キッチンバサミを使うべきだった。
うお、またもミソ的なものが。しかも大量に!
うお、またもミソ的なものが。しかも大量に!
中央にはやはりカニミソっぽいモノが詰まっていた。たっぷりと。
だがよく見ると、先ほど腕の内部から出てきたカニミソモドキとはちょっと様子が違う。色が少し淡く、箸で触れた感じはよりふわふわしている。

…うーん、こっちはイケるのだろうか?
わからんが、少なくとも先ほどのアレよりマズいということはないだろう。
意を決してしゃぶりつく。
いただきます!
いただきます!
…食感だけでなく、ちゃんとカニミソに似たこってりとしたうまみと風味がある!理科室味の腕とは大違いだ。
ただし、おいしいとは言いがたい。
「まぁ、これならまだ食べられるかな」「めちゃくちゃ質の悪いカニミソ」いう程度の味である。
あー。食えないこともないな。コノワタやカニミソ缶のような珍味感覚で酒とちびちびやるには合わないこともない…かも?
あー。食えないこともないな。コノワタやカニミソ缶のような珍味感覚で酒とちびちびやるには合わないこともない…かも?
舌の奥に広がる独特の妙にケミカルな甘みとコクと、そしてやはり舌の付け根に広がり張り付く渋みが多少ある。
おそらく、この渋みの原因はヒトデやナマコの仲間の多くが持つサポニンという物質によるものだろう。自身をエグく渋くマズくすることで外敵に食べられないようにしているのだ。思うた、この可食部(?)は一匹からわずかにしか取れないが、濃厚かつかなりクセがあるのでそれで十分だろう。
あれ?なんかちょっとのどがイガイガするかも…?風邪かな。それとも…。
あれ?なんかちょっとのどがイガイガするかも…?風邪かな。それとも…。

あんまり食べない方がいいかも…?

ただし、ちょっと気になる点が。胴体を完食し終わった後、少しばかりノドがイガイガした。
ちょうど風邪をひいているタイミングだったので、単にそっちが原因かもしれないが、やはりモノがモノなだけにオニヒトデ原因説も捨て切ることができない。
一度に食べるのは少量にとどめておいた方がいいだろう。
…真似をする人もいないだろうとは思うが、念のため。

あーあ。もしもオニヒトデ駆除が今後も続けられるとして、やっぱり亡骸は肥料にするしかないのかなぁ。
オニヒトデと同じ日にキリンミノという有毒魚にも刺された。僕としてはこっちの方がもっとずっと痛かった(※個人の感想です)。
オニヒトデと同じ日にキリンミノという有毒魚にも刺された。僕としてはこっちの方がもっとずっと痛かった(※個人の感想です)。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ