広告企画♪ 2017年3月16日
 

あのドラマの最終回を文房具好きに嬉しい仕様に変えてみた

オススメの文房具、ここに置いてます。『A LIFE』最終回に注目だ!
オススメの文房具、ここに置いてます。『A LIFE』最終回に注目だ!
今回は広告案件ということで、TBS系で現在放映中の日曜劇場『A LIFE』収録現場にお邪魔できるという話になった。
しかも「実際のセットの中に、こっそり小道具を仕込んでいい」という話らしいのだ。いいのか、そんなの。

とはいえ、せっかく取材させてもらうんだから、ドラマを見てくれている人がちょっと得するような仕込みにしたい。
例えば、ドラマを見てるだけでいま最新のオススメ文房具が分かる、ってどうだろう。得した感じにならないか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

巨大なスタジオの中に病院がある

横浜と町田の境目ぐらいに位置する TBS緑山スタジオ・シティでは、いままさに『A LIFE』最終回を収録中だという。
そんな大詰めのタイミングでお邪魔していいのかはともかく、緑山スタジオと言えばかつては『風雲たけし城』とか、今だと『SASUKE』といったオープンロケ番組も撮れる巨大な設備群である。
スタジオ案内図。敷地内にゴルフ練習場があるのもすごいけど、そのその練習場よりスタジオ棟の方がデカい。広大すぎないか。
スタジオ案内図。敷地内にゴルフ練習場があるのもすごいけど、そのその練習場よりスタジオ棟の方がデカい。広大すぎないか。
で、そんな中に敷地面積約10万uという巨大なスタジオ棟があって、TBSの歴代ドラマはだいたいここで撮影しているとのこと。
古くは『金八先生』から、最近は『逃げるは恥だが役に立つ』も、ここで撮られている。
上から見たスタジオ内。板張りの建物一つ一つが撮影セット。
上から見たスタジオ内。板張りの建物一つ一つが撮影セット。
そして、今この中では木村拓哉と浅野忠信と及川光博と松山ケンイチと竹内結子と菜々緒があれこれしてるらしいんだけど、今回、残念ながらドラマ収録そのものは見せてもらえない。
その代わりと言っちゃなんだが、空いているセットはわりと好きに見てもいい、とのことだ。
わー、あの板張りの中にドラマに出てるあの医局があったぞ。
わー、あの板張りの中にドラマに出てるあの医局があったぞ。
さて、そもそも観てない人のために大雑把に説明すると、『A LIFE』というのは、医療の現場が舞台のドラマだ。木村拓哉演じる主人公 沖田一光先生は手術の技術がスゴい職人肌の心臓外科医で、なんか色んな人を治したり、幼馴染みで副院長の壇上壮大(浅野忠信)と確執があったりみたいな感じ。


『A LIFE』本編を観ていて思ったのは、「このドラマ、わりと文房具いっぱい出てんな」ということだ。

医局のシーンでも、各先生の机にちゃんとペン立てがあったり、あちこちにペンやマーカーが転がっているのが目に入る。あと、沖田先生が手術前にノートにカラーペンで心臓の絵を描いたりとか。
これがあるだけでオフィスらしさが出る、ド定番キングジム『キングファイル』
これがあるだけでオフィスらしさが出る、ド定番キングジム『キングファイル』
実際のところ、画面からはそんなに細かい部分までは見えてなかった。しかしセットの中からチェックすると、それぞれのキャラクターに合わせてきちんと小物が準備されていることに驚いた。
ヒロイン・壇上深冬先生の机。ここから何が読み取れるか?
ヒロイン・壇上深冬先生の机。ここから何が読み取れるか?
例えば、竹内結子演じる壇上深冬先生は、小児外科が専門。あと、まぁそこそこの年齢。
そういった設定だと、机の上にある文房具もそこに合わせてあるのだ。
このハサミ!
このハサミ!
まずキャラクターの年齢が出てるのが、林刃物の『ALLEX 事務用ハサミ』。
40年以上発売されている超ロングセラーで、30代後半〜40代の人にとっては「ザ・ハサミ」というぐらいの超定番だ。
とはいえ、刃に若干サビが出たり、リングがボロボロになるまで使い込んであったりと、深冬先生、あまり文房具に興味は無い人なんだなー、という印象。もしくは、持ち物はボロボロになるまで使い倒す派。
でも、ホッチキスは針無し。
でも、ホッチキスは針無し。
なのに、使ってるホッチキスは針を使わないコクヨ『ハリナックス10枚タイプ』。わざわざ「これを買おう」と意識しないとできないチョイスだ。
これはおそらく、自分が受け持つ子供が万が一にでも針でケガしないように…という小児科医ならではのチョイスなんだと思う。文房具に興味は無いけどこういうのは気を遣う優しい人なのだ、深冬先生は。(あくまでも僕の個人的な妄想だけど)
三菱鉛筆『プロッキー』にゼブラ『マッキー極細』と、やたらマーカー好きな先生もいる。水性と油性を使い分けてる?
三菱鉛筆『プロッキー』にゼブラ『マッキー極細』と、やたらマーカー好きな先生もいる。水性と油性を使い分けてる?
こちらは鉛筆がメイン筆記具の先生。あと、どの机にもドリンク剤の瓶があって若干引く。
こちらは鉛筆がメイン筆記具の先生。あと、どの机にもドリンク剤の瓶があって若干引く。
1本だけ転がってた、パイロット『フリクションボール』の紫。
1本だけ転がってた、パイロット『フリクションボール』の紫。
あと、井川颯太(松山ケンイチ)先生の机にあったフリクションボールが、わりと使ってる人の少ない紫インクだったのも面白かった。
たぶん周りにフリクションを使ってる人が何人かいて、それと混同されないようにわざわざレア色を使ってるんじゃないだろうか。
お坊ちゃんキャラで潔癖っぽい印象の井川先生らしいチョイスである。(あくまでも個人の妄想です)

これが文房具プロファイリングです。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓