広告企画♪ 2017年3月16日
 

あのドラマの最終回を文房具好きに嬉しい仕様に変えてみた

文房具好きに嬉しいドラマとはなにか

さて、ここまでの取材でセットや小道具など諸々と興味深いものを見せてもらっておいてなんだが、僕にとって今回のメインはそこじゃない。
今回の取材における真のミッションは、ドラマのセットにこっそり『オススメの文房具』を仕込んでおいて、文房具ファンがドラマ観たら「おー、あの人はアレ使ってるのか。いいよねー」と気付いてニッコリできるようにしたい、というものだ。
今回、取材に持ち込んだ文房具。実はもうちょっと多めに持ってきたんだけど、番組サイドから「ひとまずこれぐらいで」って言われた。
今回、取材に持ち込んだ文房具。実はもうちょっと多めに持ってきたんだけど、番組サイドから「ひとまずこれぐらいで」って言われた。
そのため、事前にドラマプロデューサーの方に許可はいただいている。プロデューサーがいいって言ってるんだから、まぁ大丈夫なんじゃないか。
あと、あきらかに悪ふざけ気味なのも混じっているが、これは編集部安藤さんが「木村拓哉の胸ポケットに大きい鉛筆とかささってたら面白くないですか。あと、大きい消しゴムとか」って事前に言うから、仕方なく持ってきたのだ。僕は悪くない。
石橋さんと大木さん、あきらかに大きい消しゴムに対して「これどうするかなー」という動揺が見える。
石橋さんと大木さん、あきらかに大きい消しゴムに対して「これどうするかなー」という動揺が見える。
ともかく、再び医局のセットに戻って、文房具をセットさせてもらおう。
放送に備えて、事前に置き場所もキッチリお伝えしておくので、ドラマを観る際にこの辺りが映ったら、ぐっと集中して、映ってるかどうかを確認してもらいたい。

ここに注目、『A LIFE』(文房具編)

さて、まずは我らが沖田先生の部屋である。
沖田先生に使ってもらいたい文房具といえば、例の心臓イラスト用のカラーペンを収納するのに便利なペンケースなんかどうだろう。
この辺が映りやすいかも、という石橋さんの指示を受けて設置。
この辺が映りやすいかも、という石橋さんの指示を受けて設置。
ここ、ここ。机の奥の方に置いてます。沖田先生の部屋のシーンになったら注目。
ここ、ここ。机の奥の方に置いてます。沖田先生の部屋のシーンになったら注目。
ということで、ここにはLIHIT.LAB『SMART FIT スタンドペンケース オーバルタイプ』。やわらかなシリコン製のペンケースで、下の突起を机に押し付けるとペン立てになる、という便利アイテムだ。
楕円形でペンもいっぱい入るので、水性マーカーを多用する沖田先生には最適なはずだ。
もういっこ、ここに置きます!
もういっこ、ここに置きます!
この部屋にはもう一つ仕込んでおこう。なんせ主人公の部屋だし、映る可能性も高いだろう。
悪ふざけ案件で恐縮だが、普通の消しゴムの約20倍のサイズという巨大MONO消しゴムである。

これに関しては、さすがに悪目立ちしすぎて置く場所に困った。
最終的には、石橋さんの「ここなら、分かってる人だけ目につくんじゃないか」との提案で、積んである本の隙間にはさんでおくことに決定。
たぶん、スタッフ側としても妥協ギリギリのところを言ってくれた気がするので、素直に従うことにしよう。
こんな感じで映るかも。映るといいな。
こんな感じで映るかも。映るといいな。
最初に「こんな感じで机の上にどーんと置いても意外とバレないんじゃないですかね」って主張してみたが、「うーん…そこは止めときましょう」って静かに怒られた。
最初に「こんな感じで机の上にどーんと置いても意外とバレないんじゃないですかね」って主張してみたが、「うーん…そこは止めときましょう」って静かに怒られた。
続いては、医局内のセット。
やはりちゃんと映ってくれた方が嬉しいので、画面に映りそうな=最終回のストーリーに絡む可能性の高い先生の机を狙ってみた。
羽村先生が医局で座ってるシーンがあったら、この辺に注目。
羽村先生が医局で座ってるシーンがあったら、この辺に注目。
まずは、及川光博演ずる羽村圭吾先生の机。第一外科部長という偉いさんの役である。
わりと几帳面な印象の羽村先生には、自分でインデックスを作ってページの管理ができる
『アクセスノートブック』のポケットサイズはどうだろう。
全ページにノンブル(ページ番号)がふってあり検索性が高いのも、情報をあれこれ詰め込む必要のあるお医者さん向きかもしれない。
こんな向きで手元が映ったら、アップで見えるかも。グレーの表紙を見逃すな。
こんな向きで手元が映ったら、アップで見えるかも。グレーの表紙を見逃すな。
続いては、そのお隣にいつも座ってる井川颯太先生(松山ケンイチ)のデスク。
ここも映る可能性は高いに違いない。
井川先生の席にはまとめてセット!いっぱい映るといい。
井川先生の席にはまとめてセット!いっぱい映るといい。
まず、ええとこのお坊ちゃんである井川先生には、テープのりもハイスペックなものを持っていてもらいたい。プラス『ノリノプロ』は、不器用な人でもまっすぐテープが貼れるなど、ギミックの効いたプロ用テープのりだ。
最近、僕がメインで使ってるテープのりをゴリ押してみた。電話の近くだぞ!
最近、僕がメインで使ってるテープのりをゴリ押してみた。電話の近くだぞ!
さらに手帳はコクヨ『ジブン手帳』をチョイス。エリート体質の井川先生は、24時間のバーチカルスケジュールでがっつり自己管理が似合いそうだ。あと、2ヶ月のガントチャートで手術の予定を管理してもいいし、「2017年の夢」ページに大好きなオペナースの柴田さんと今後どう付き合いたいか、とか書くといい。
『ジブン手帳』と『スウィングカット』は井川先生のノートPCの横!
『ジブン手帳』と『スウィングカット』は井川先生のノートPCの横!
ただ、白表紙で目立ちにくいかなーと思ったので、目印になりそうなレイメイ藤井『スウィングカット』もセットで置いといた。支点を刃の中心からズラすことで、刃を引きながら切る引き切り効果が得られる…という理屈っぽいギミックが井川先生お好きなんじゃないかと思ったのだ。

まぁ、これだけやれば…と思ったが、最後にもう一つだけ、小道具ではなく持ち道具方面のアプローチもしておきたい。
沖田先生の胸ポケに挿してもらいたいペンを託します。
沖田先生の胸ポケに挿してもらいたいペンを託します。
ドラマの中では、先生方はわりと白衣の胸ポケットに大量のペンを挿している。
そこで、沖田先生の胸にも最新のオススメペンを…ということで、ぺんてるの速乾性ゲルインキペン『エナージェル・フィログラフィ』と、同じくぺんてるの檄細&ハイクオリティシャープ『オレンズネロ0.2』という高級感ある2本をチョイス。
今回対応してくださった宣伝部の川鍋さんに「持ち道具さんにぜひ!」と託してみた。
木村拓哉、使ってくれるといいんだけど。

さぁ、日曜劇場への文房具的アプローチは成功するだろうか。この結果を確認するためにも、ぜひ3月19日(日)21時〜 TBS系列日曜劇『A LIFE』をご覧ください。

この原稿書きながら最終回の手前の回を観てるんだけど、おいおいどうなんだこれ。羽村先生は裏切っちゃうし、壮大先生は病院追われちゃうし。深冬先生の手術、結局誰がするんだよ、とか盛り上げすぎだろ。
オススメ文房具の行方と、ドラマの結末。最終回は見逃せないぜ。
これは小道具じゃなくて、ドラマスタッフさんの筆箱。三菱鉛筆『スタイルフィット』が
これは小道具じゃなくて、ドラマスタッフさんの筆箱。三菱鉛筆『スタイルフィット』が

親戚になったつもりで、みんなで文房具を応援しよう。



<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ