はっけんの水曜日 2017年3月15日
 

「どうぞ、蚊帳の中へ」蚊帳の博物館で蚊帳体験

蚊帳の中へ、行ってみたいと思いませんか。
蚊帳の中へ、行ってみたいと思いませんか。
蚊帳(かや)とは、ざっくり言うと、家の中に吊って蚊の侵入を防ぐための網である。昭和の中ごろくらいまでは家庭で普通に見られたらしいが、私は実物を見たことがなかった。そんな蚊帳の博物館が静岡の磐田市に存在するという。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

記憶の中の蚊帳

子供の頃にたまたまテレビで見たドラマ(映画かも)の記憶。時代は昭和初期あたりか、長屋で暮らすきっぷのいい父さん(荒井注だったような気がする)と家族の日常が描かれていた。

一家は蚊にひどく悩まされており、「蚊帳がなきゃだめだ、蚊帳!」と騒ぐものの高級品でとても手がでない。なんとか蚊帳代を工面しようと奔走する父さん(自信ないけど荒井注)。

ある日、妻や子供達の待つ家に向かって、けたたましく下駄を鳴らして走る荒井注。グリーンの生地を掲げながら「おーい、蚊帳だ。蚊帳だよー」と叫ぶ。どうにかして蚊帳をゲットしたのだ。
夜、寝間の梁から待望の蚊帳が吊るされる。目の前にハーフトーンの緑がかった世界がさっと広がり、歓声を上げる子供達、「きれいねぇー」つぶやく妻。

記憶はここでぷっつり切れる、そもそも、荒井注で検索してもそんなドラマ出てこないし、かなりあやしい記憶だが、あの、私と劇中の家族を隔てていた蚊帳の緑の美しさは忘れようもない。

昭和50年生まれの私の蚊帳の記憶はこんなもの。実物を見た事もなかった。

驚愕の蚊帳提案

ある日ふと、蚊帳って今でも売ってるのでしょうかと検索してみたらえらいホームページに接続された。
「安眠.com」こと静岡県磐田市の寝具店「菊屋」のホームページである。(http://www.anmin.com/kaya/

なんと蚊帳をマズローの欲求5段階を用いて提案している。蚊帳をマズローの欲求5段階でだ。
「安眠.com」より。段階が上がるにつれ付加価値を増す蚊帳。
「安眠.com」より。段階が上がるにつれ付加価値を増す蚊帳。
この増設につぐ増設で九龍城のようになっているサイトには「蚊帳の博物館」とある。

店の中につくられた博物館らしい。行ってみたい。蚊帳の中にあるという世界を見てみたい、なんだこの気持ち、俺は蚊なのか。
いざ磐田へ。ヘディングするアーケード。
いざ磐田へ。ヘディングするアーケード。
強風吹きすさぶ静岡県はJR磐田駅。ジュビロロードって言いにくいなあと思ったらジュビロードだった通りを行くと、でかい菊の御紋が見えてくる、ホームページで見たあれだ。
つなげて読むと「かやP」ってなってかわいい。
つなげて読むと「かやP」ってなってかわいい。
店に入ると、店を営んでいる三島さん夫妻が出迎えてくれた。
東京から蚊帳を見に来た旨を伝えると、ちょっと驚いた様子だったが、気さくに蚊帳の博物館を案内してくれた。
三島治さんと朋子さん。階段を上がると蚊帳が展示されている。
三島治さんと朋子さん。階段を上がると蚊帳が展示されている。
所狭しと並ぶ蚊帳達、ここは蚊帳の外。
所狭しと並ぶ蚊帳達、ここは蚊帳の外。
蚊帳に入ることもできる。おー、蚊帳の中
蚊帳に入ることもできる。おー、蚊帳の中
なんというか、目にやさしい。
なんというか、目にやさしい。
天井に吊るさずに設置可能なスタンド付き。UFOにさらわれている様。
天井に吊るさずに設置可能なスタンド付き。UFOにさらわれている様。
--いやー蚊帳の中にはじめて入りましたよ。いい感じで紗がかった外を見てると、世の中はこんくらい見えれば充分だという気になってくる
「蚊帳っていうとあなたぐらいの歳だと、となりのトトロで見たとかいう人が多いんじゃないですか」
--いや、僕の中ではですね、荒井注が蚊帳のお金を工面しましてね…(冒頭のどうでもいい話を語る)
「へえー……東京からわざわざ来る人は違いますねえ」
店内の蚊帳の中へ。
店内の蚊帳の中へ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓