広告企画♪ 2017年3月23日
 

数式の代わりにチョコを使って量子力学を説明してもらった

数式いっさいなしでお願いします。
数式いっさいなしでお願いします。
「シュレディンガーの猫」って聞いたことないだろうか。

量子力学を語るときによく出てくる話なのだけれど、むずかしい理屈を抜きにして簡単に言うと

「箱の中に生きた猫と死んだ猫が同時に存在している状態」

ということについての話らしいのだ。

そんな猫いる?

聞けば聞くほどわからない量子力学について、今回はチョコのダースを引き合いに出して詳しい人に説明してもらいました。

初心者向けなので公式の類はいっさい出てきません。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

量子力学とぼく

量子力学にはこれまでの人生で何度か興味を持ったことがある。

最初は学生の頃だったと思う。ショベルカーの立ち姿にあこがれて理系を選択した僕は、量子力学についてもさわりだけを習った。詳しいことは忘れてしまったので今調べたのだけれど、それはおおむねこんな感じだった。

「粒子の存在している状態が雲のように広がっていて、その様子を計算します。」

「波の性質と共に、粒の性質も持つという考え方です。」

……。

理論うんぬんの前に日本語として難しい。存在している状態が雲のように、ってどういうことか。

当時の僕には理解できないなりに、世の中にはまだわからないことがたくさん存在するんだなー、という印象だけが残った。それからというもの、暗黒物質もヒッグス粒子も、ネッシーとかUFOとかと同じ箱に入れて興味本位で眺めていただけだった。

そんな不思議な量子力学だが、最近になって人生何度目かの大接近が訪れた。

きっかけは鳩

僕の大好きなインターネットサイト「TOCANA」に、量子力学の「トンネル効果」について書かれた記事を見つけたのだ。(この記事

TOCANA編集部いわく、読者から送られてきた「鳩が壁をすり抜けているように見える写真」は、量子力学でいうところのトンネル効果の決定的瞬間かもしれない、のだと。

〜量子力学の世界では、(例え話ですが)ボールを壁に投げ続けていると、極めて低い確率ではあるものの壁をすり抜けてしまうような現象「トンネル効果」が発生し得るのです。〜(TOCANAより引用)
すごい。そんなわけないだろう、という大前提のツッコミはあるのだけれど、量子力学という面白そうな理論を知っているとこんな解釈もできるんだ、と感動した。知識は確実に人生を面白くする。

その後TOCANAは「webメディアびっくりセール」にも出店してくれて、僕は彼らからUFOの本を買った。これもやっぱり面白かった。
これ。
これ。コンビニに売ってるから買った方がいい。

仮定:ダースのこだわりは量子力学で説明ができる

そんな折に森永製菓から広告企画のお話しをいただいた。なんでも森永製菓のチョコ「ダース」は原料にもその一粒一粒の形にも、計算されたこだわりがあるらしいのだ。

TOCANAの記事以来、量子力学にすっかりハマっていた僕は、そのこだわりというのはもしかして鳩が壁をぬけるように、量子力学的発想で説明できるんじゃないかと考えた。正しい正しくないは置いておいて、理屈としてこじつけることができたら面白いぞ、と。

くわしい人に聞いた。
全研本社株式会社の中村さん。
全研本社株式会社の中村さん。
中村さんは学生時代、主に半導体の研究をしていた。半導体はまさに量子力学の知識を必要とする分野なのだとか。まずはダースを持ち出さずに専門である量子力学について聞いた。

――お久しぶりです。

中村「ほんとですよ、安藤さんとは何年かスパンでしか会わないですね。」

――そしてたまに会うと変なお願いばかりする。

中村「あははは。今日はなんですか。」

中村さんとの出会いは飛行機の機内だった。10時間くらい乗る飛行機で、たまたま隣が日本人だったので話しかけたらものすごいおもしろい人(中村さん)だったのだ。けっきょく成田に着くまで夜通し話し込んでしまった。

中村さんは東京大学在学中に電気情報工学を専攻、修士課程を終えるまでの間にインドで起業している。その知識と経験を生かしたのかどうなのか知らないが、卒業後はマッキンゼーという会社を経て現在は数社の取締役を兼任、他にもファッションブランドへ投資したりと幅広く活躍している。

ひとことで言ってしまうと天才なのだが、不思議とこの人には壁がないのだ。趣味が筋トレだから壁なんて壊しちゃったのかもしれない。

壁、そうそう、壁である。

――中村さんに聞きたいんですが、量子力学的な理解でいくとトンネル効果によって鳩が壁をすり抜けることとかあるんですか?

中村「それはそういうサイエンスギャグに対しての回答でいいんですか。もちろん理論上はそんなことあり得ませんよ。壁に鳩をぶつけたら100羽中100羽死ぬと思います。ただ、量子力学にトンネル効果という考え方があるのは事実です。」
ささっと図を描きながら説明してくれたが、むずかしさだけは伝わってきた。
ささっと図を描きながら説明してくれたが、むずかしさだけは伝わってきた。


鳩は壁をすり抜けない。ダースはどうか。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓