ちしきの金曜日 2017年3月17日
 

赤いオープンカーでダムのトンネル見学会へ

ダムの水を放流するために造られたトンネル
ダムの水を放流するために造られたトンネル
愛媛県にある鹿野川ダムでは、いま大規模なダムの改造工事が行われている。洪水調節能力を上げるため、ダムの本体を迂回するように、貯めた水を放流するためのトンネルを掘っているのだ。
このトンネルの内部を見学させてもらえるというので、四国まで行ってきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

唯一の交通手段

トンネル見学の記事としては完全に蛇足ながら、今回は諸事情により移動手段も楽しかったので紹介したい。
行きは国内唯一の寝台特急サンライズで
行きは国内唯一の寝台特急サンライズで
鹿野川ダムは愛媛県の西部にある大洲市というところに設置されている。松山空港から車でおよそ1時間だが、東京からの始発便が到着するのが9時。今回は10時半から見学がはじまるのだけど、飛行機を降りて荷物を受け取ってレンタカーの手続きをして…、と考えると間に合うかどうか分からなかった。あと、朝イチの飛行機に乗るためには、5時過ぎに家を出なければならず辛い。
思い立ったら寝台特急に乗れる、のが大人になっていちばん良かった点
思い立ったら寝台特急に乗れる、のが大人になっていちばん良かった点
また、前日は21時頃まで仕事があり、夜行バスにも最終の飛行機にも間に合わなかったので前乗りも無理。というわけで、僕にとっては東京駅22時発のサンライズが四国入りするための最後の、そして唯一の手段なのだ(とは言え「乗りたかった」のがいちばん大きい理由なのは言うまでもない)。
1人用個室「シングル」。広くはないが絶妙な狭さでアガる。あと完全に横になれるのは大きい
1人用個室「シングル」。広くはないが絶妙な狭さでアガる。あと完全に横になれるのは大きい
四国入りとは言ってもサンライズは高松行きだ。そこで、四国に入って最初の停車駅、坂出で降り、そこからレンタカーで向かうことにした。サンライズの坂出到着は7時9分、駅前のレンタカー店の開店は8時。坂出から鹿野川ダムまでは検索によると2時間20分だけど、開店と同時に手続きをして出発すればギリギリ間に合う計算。
というわけで夜景を眺めながらまったり
というわけで夜景を眺めながらまったり
夜行列車に乗ったとき、過ぎ行く知らない街並みを眺めながら、ここにも多くの人の営みがあって、一人ひとり違う人生を歩んでいるんだよなあ、などと考えて途方に暮れながら眠りに落ちるのが好きだ。

気がつくと窓の外が明るくなっていた。
おはようございます
おはようございます

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓