広告企画♪ 2017年3月30日
 

アイスみたいな模様の動物って目立つよね

パリパリバーに似ている動物を探します!
パリパリバーに似ている動物を探します!
シマウマという生き物がいる。サバンナや砂漠に住む黒と白のシマシマ生き物だ。動物園にもいることが多いので誰もが知っているのではないだろうか。ライオンやハイエナ、ワニなどが天敵である。

一方で、「パリパリバー」というアイスがある。シマシマでシマウマみたいな模様のアイスだ。昔からある商品ということは、目立つのだ。急にシマウマが心配だ。サバンナで食べられているのではないだろうか。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

パリパリバー

今回は森永製菓が出している「パリパリバー」というアイスの記事である。1987年に発売されたアイスなので、30年の歴史を持つアイスだ。誰もが一度は見たことがあるのではないだろうか。
これがパリパリバーです!
これがパリパリバーです!
はい、はい、知ってる、という声がいま聞こえた。実家の冷蔵庫にあったアイスではないだろうか。ミルクバニラとチョコでシマシマの模様なのだ。これが非常にシマウマに似ているのだ。
そっくり!
そっくり!

で、大丈夫なの?

つまりである。この模様は目立つのだ。目立たないとパリパリバーは、入れ替わりの激しいアイス界で生き残れない。となると、パリパリバー柄のシマウマは、サバンナで食われまくっているのではないだろうか。
シマウマを心配してあげてください!
シマウマを心配してあげてください!
ご存知シマウマは、草食動物であり、どう考えても彼らの住むサバンナでは頂点に立つ生き物ではない。ライオンなどの捕食の対象となる生き物だ。つまり本来なら目立たないように生きなければならないのだ。
でも、彼ら派手なんだよね!
でも、彼ら派手なんだよね!
目立ってはいけないシマウマがパリパリバー柄で派手なのだ。これはどういうことなのだろう。よく動物を見ると、パリパリバー柄みたいな動物が他にもいる。そんな動物を見つけつつ、シマウマのパリパリバー柄の理由を解明しようと思う。
ということで、動物園に来ました!
ということで、動物園に来ました!

パリパリバー柄の動物

シマウマ以外にもパリパリバー柄っぽい目立つ動物を探すために、動物園にやってきた。パリパリバー柄には意味があるはずなのだ。シマウマ以外のパリパリバー柄の動物を見ることで、何か分かってくるかもしれない。
ホワイトタイガーも、
ホワイトタイガーも、
パリパリバーっぽい!
パリパリバーっぽい!
ホワイトタイガーというトラがいる。トラなので自然界ではトップに君臨する生き物だ。しかし、このホワイトタイガーは現在、自然界では見ることができない。完全なる推測で書くけれど、目立つから、自然界では見ることができなくなったのだ。
自然界では見ることができないのです!
自然界では見ることができないのです!
トラですら、目立つと見ることができなくなっている。パリパリバーを食べるとわかるように、この柄は美味しいのだ。パリパリバーを食べてから、シマウマやホワイトタイガーを見ると、チョコとバニラのハーモニー、と思うのだ。そりゃ、食われるよ、と納得する。
そのため基本的には似てない動物が多い
そのため基本的には似てない動物が多い

美味しい柄なのでは

パリパリバーから考えると、パリパリバー柄は美味しいということになる。そう考えるとシマウマは、「自分、美味しいですから」という感じで、サバンナにいることになる。自ら火に油を注ぐようなものなのだ。
だいたい、
だいたい、
パリパリバー柄、
パリパリバー柄、
ではない
ではない
他の動物もパリパリバー柄なのであれば、意味がわかる。どれも一緒なので目立たないからだ。ただ基本的にはどれも茶色かったりで目立たない。やはりパリパリバー柄のシマウマだけが目立つ仕組みになっているのだ。なぜ目立とうとするのだろうか。
さらに考察していきましょう
さらに考察していきましょう


次のページで最高にパリパリバーそっくりな動物が登場します。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓