特集 2017年4月3日
 

大人たちよ、人形は捨てなくてもいい(と専門家が言ってた)

人形の進路相談をするために専門家をたずねた
人形の進路相談をするために専門家をたずねた
「人形との関わりかた」について研究しておられる大学の先生のお話を聞きに行きませんか、という誘いが舞い込んできた。
なんでも「われわれはぬいぐるみを捨てるべきか」というテーマの講義をされることもあるとか。
人形というと、個人的には毛糸で作る機会もあるし買う機会もある。 一般の成人女性と比較すると、人形と関わって生きているほうだとは思う。

特に捨てる気もない場合、この先何十年もこのままなんだとは思うが、これ、いつかは「捨てるべき」か?
うちにいる人形たちの将来を相談させてもらいたい。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。
> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

「人形との関わり方」って?

早稲田大学で、今年学内の面白い講義第1位に選ばれた「人形とホラー」という講義があるらしい。「人形」を通じて「人間」を考察するという流れでおこなわれているようだ。
(関連記事:最強?人形ホラーとしての『アンパンマン』

この人形の講義、大学では一年通しておこなわれているが(前期は学内3位の「人形メディア学概論」で、後期が「人形とホラー」)、
昨年広島の高校でも単発で模擬講義がおこなわれた。それが「われわれはぬいぐるみを捨てるべきか」だ。
人気講義だけあって、いつも座席はみっちり埋まる
人気講義だけあって、いつも座席はみっちり埋まる
講義は数カ月前にデイリーのライター陣で一度見に行かせてもらった。大人の遠足っぽかった
講義は数カ月前にデイリーのライター陣で一度見に行かせてもらった。大人の遠足っぽかった
今回は、じっくりお話を聞かせてもらえるということで、早稲田大学文化構想学部助教(取材当時)の菊地先生の研究室にお邪魔した。
編集部の古賀さんとふたりでお邪魔しまーす
編集部の古賀さんとふたりでお邪魔しまーす
私の場合、人形をすぐに捨てるつもりはないが、

「何十年後に年老いて、自分の身の回りの整理をするような状況になった場合に、捨てるという状況もあるんだろうなぁ。」
「その場合どうやって?」

というかんじ。

一般的にはどういうパターンが多いのだろう。
せっかくなのでドサッと持って来させてもらった。この子たちの将来のことなので、やはり本人たちも同行させなければと。
せっかくなのでドサッと持って来させてもらった。この子たちの将来のことなので、やはり本人たちも同行させなければと。

講義についての話を聞く

まずは「われわれはぬいぐるみを捨てるべきか」の講義についての話を聞いてから、相談に入らせてもらおうか。
講義で使った資料を見つつ、研究室で話を聞く
講義で使った資料を見つつ、研究室で話を聞く
「われわれはぬいぐるみを捨てるべきか」についてまずお聞きしたいんですが、広島の女子高では単発講義だったんですよね?
大学の授業でやってることを高校生用にアレンジしたような感じです。30人受けてくれたんですけど、後日、人形制作をしている学生さんが個人的にわざわざお礼のメールをくれたり、先生がすごく感動してくれて終わったあとに泣いてた方もいて……
ええーー!!
トイストーリーとか、映像見つつなんですけど、映像見て灯りをつけるとすすり泣く声がしたり……
高校生向けにどうアレンジされたんですか?
女子高生だからぬいぐるみにしたってのもあります。女子高生ってカバンにぬいぐるみを付けてる子が多いのが気になってて。
入試で大学に来る子を見てても、やっぱり受験生ってのは願いを持ってる人たちなので、人形持ってる率がより高い……?
いやー、願いって込めますかね? なんとなく付けてるだけの場合もあるんじゃ……
この子のこれはどういう理由で付いてるんだろうな、というのをよく考えます。
昔はあんなに大きいのをつける習慣なかったですよね。
なかった。ガラケーのころストラップは付けてたけど、そんなに理由とか考えてなかった気がする。
大人になるときにお母さん離れをするために毛布とかタオルとか、肌触りのいいものをお母さんの代わりにしたり……というような話があります。「移行対象」と言われるものです。
このグラフが、なにが移行対象になりうるか、という話なんですけど……
「移行対象」となるものの例
「移行対象」となるものの例
生まれてすぐは母親に対して完全に依存した状態だが、母親の感覚を思い出させる移行対象に触れることで不安が解消される……というようなことは誰にでもあるらしい。

年齢によって、心のよりどころとなる対象物が推移していく。
!
子どもの場合、移行対象としてぬいぐるみや人形を持ったりするが、同じものを高校生や大人が持ってたとすると印象が変わり、「そんな年にもなって!」みたいなことを言われたりも……?
!
最近では「大人が人形持ってると恥ずかしい!」みたいな単純な価値観は消えつつあり、人形のコレクターやカスタマイズ、フィギュアの収集となると、「全然あり」とみなされる場合が多い。
!
こんな風に細かく考えてみると、「あり」と「なし」の分類がなんとなくある。
基本的にそういうのをおおっぴらに言いづらい人たちは多いんですけど、ツイッターやインスタで仲間を見つけやすくなった感じはかなりあると思います。
私もリカちゃんとか好きなんですけど、ネットでドールクラスタの人たちが人形を見せ合ってるのを眺めたりはします。自分でアップしたりはしないんですけど。
ドールまでになると趣味性高い感じがする。趣味性高いと許されるみたいな空気ありますね。
ドールショーってイベントが、半年に一回ぐらい大きい展示場であって、そこにはカスタマイズ用のパーツも売ってるんですが、人形同士を交流させて撮影会が行われてて。会ったことない人たち同士が人形片手にやってきて一緒に写真撮ったりとか。
はぁ〜! 色んな文化が!
持ち主同士の交流は結構どうでもよくて、「お宅のお子さんは」っていう人形同士の交流になるんですよね。
愛犬家同士っぽいですよね。
そういう文化ができて生きやすくなって、ドールの人たちはもう救われたかなと。じゃあ今度はぬいぐるみかなと。
テディベアぐらいまでいくとオッケーですよね!
あーー、OKですね! やっぱOKかどうかの分類ってありますね。世間に認められてるかどうかってことなんですかね……?
なんとなくの「言いづらさのライン」について、「趣味として認識されてるかどうか」説が出たわけだが、どうだろう。

「言いやすくなった」という風潮がある一方で、「大人になっても持っているだなんて恥ずかしい」という価値観が存在するのも確かだ。
大学生は引っ越してきてる子が多いので、その引っ越しが捨てるタイミングとなる場合が多いです。大学に進学するときに無理して捨てることないよ、と救ってあげたいという思いがあります。
自分の子供に対しても、常識として〇歳ぐらいになったら捨てなきゃ となんとなく思ってました。
子供向けのお話の中にも、プーさん(原作)やトイストーリーには「心のよりどころの移行」の描写がある。菊地先生は講義の中で、これらを使って「ぬいぐるみって捨てないとという価値観の人もいるけど、それは人それぞれ」という説明をするそうだ。
!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓