特集 2017年4月4日
 

特撮のロケ現場でババーン!と爆破結婚写真を撮ってきた

僕たち!結婚しましたッ!(ドカーン!)
僕たち!結婚しましたッ!(ドカーン!)
私事ながら、少女漫画家の栗原まもるさんと2015年10月に結婚しました。今さらもう1年半前の話だ。
互いにフリーランスということで、結婚式も何もそれらしいことをせぬままダラダラ仕事をしていたら、あっという間に1年半が経ってしまった。
僕も妻も、モチベーションが上がらない限り、大抵のことは放置して気にしないタイプだ。このままでは何も進まない。
じゃあ、かっこいい結婚写真を撮るって、どうだろう。「爆破結婚写真」とかモチベーション上がりそうじゃないか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「溶かす!削る!灼熱の肉汁!ケガめし」
人気記事:「夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

爆破で結婚写真はかっこよさそうだ

戦隊ヒーローものなんかでドカンドカン爆発しているの、かっこいいじゃないか。あれを背景に結婚写真が撮れたら超かっこいいに違いない。
で、そういう爆発をバックにコスプレ写真が撮れるイベントがある…というのを聞いて、イベントを運営している団体『コスナビ』さんに予約をいれてみた。
朝7時前に渋谷駅近くに集合。今から結婚写真撮りに栃木県までバスで移動します。
朝7時前に渋谷駅近くに集合。今から結婚写真撮りに栃木県までバスで移動します。
念のために「コスプレじゃなくて結婚写真でもいいですか?」と問い合わせを入れたところ、「そういうのは初めてだけど、いいですよ」と気楽な回答をいただいた。
まぁ、結婚写真もほぼコスプレみたいなもんだし、大差ないんだろう。
着いたらまずは着替えます。
着いたらまずは着替えます。
さて、渋谷からチャーターバスで1時間半ほどで、到着したのは栃木県岩舟町。まずは町営の健康福祉センターの大きい部屋を借りて、着替えタイム。
基本、コスプレは衣装が大変にボリューミーだったり着る手間がかかったりするので、なにより着替えスペースをちゃんと確保するのがコスプレイベント運営の基本らしい。
着替えたら再びバスで移動。10分ほどで現場入りです。
着替えたら再びバスで移動。10分ほどで現場入りです。
バスから見える岩舟山方面。矢印のあたりは3.11の地震でばっきりV字に山が欠けたらしい。
バスから見える岩舟山方面。矢印のあたりは3.11の地震でばっきりV字に山が欠けたらしい。
で、着替え終わった人からどんどんピストン輸送のバスに乗って、ついに爆破撮影の聖地、岩船山に行くのである。
戦隊ヒーローもので何度も見た、あの岩場の山である。

特撮の聖地、岩船山

江戸時代から採石場として採掘されていた岩船山だが、もう石を掘り終わった中腹部は、首都圏でも数少ない「爆破シーンが撮影できるロケ現場」として使われている。
特に、戦隊ヒーローもののアクションシーンではお馴染み過ぎる場所なのだ。
ほら、見たことあるだろう、この山。この岩肌。
ほら、見たことあるだろう、この山。この岩肌。
あちこちで撮影を始めてるコスプレーヤーの皆さん。非日常すぎてクラクラする。
あちこちで撮影を始めてるコスプレーヤーの皆さん。非日常すぎてクラクラする。
アニメ『甲鉄城のカバネリ』から、カバネ(襲ってくるゾンビ的なやつ)のお二人。クオリティ高すぎないか。
アニメ『甲鉄城のカバネリ』から、カバネ(襲ってくるゾンビ的なやつ)のお二人。クオリティ高すぎないか。
到着すると、もう先のバスで来ていたコスプレーヤーさんたちが早くも撮影を始めている。そして皆さん異様にコスプレ衣装のクオリティが高い。
現在放送中の戦隊ヒーロー『キュウレンジャー』のコスプレーヤーさんたちが並んで写真撮ってて、「えっ、これ本物の撮影じゃないよな」と一瞬ギョッとしたほどだ。
なんか普通に結婚写真で本当にごめん、と謝りたくなる。誰にかはわからないけど。
なんか普通に結婚写真で本当にごめん、と謝りたくなる。誰にかはわからないけど。
対して、我々二人は普通の結婚衣装なのが恥ずかしいぐらいである。
しかも、爆破撮影に使うからレンタルは不可。結局は「ウェディングドレス 激安」みたいな弱々しい検索ワードで探して購入したドレスとタキシードだ。

ちなみにドレス1万2千円、タキシードは3ピース+シャツ揃いで1万5千円。ネットで一番安かったタキシード(揃いで1万円)は「布地が薄すぎて透ける」とコメントしてる人がいたので、もう一段階高いのを買ってみた。
しかしそれでも、水鉄砲で水かけたら溶けるんじゃないか、というぐらいのペラペラぶり。
一番安かった1万円のタキシード、どんなのだったか今さらだが気になるな。

ただ、妻が手にしてるブーケだけはちょっとすごい特注品だ。
「これね、消しゴムメーカーの特注品なんですよ」という自慢に、「へー」と驚くレベルで無反応な編集部安藤さん。
「これね、消しゴムメーカーの特注品なんですよ」という自慢に、「へー」と驚くレベルで無反応な編集部安藤さん。
花の中からのぞくケーキや動物はすべて消しゴム。さらにトップの新郎新婦コアラは、このブーケのためのオリジナル。
花の中からのぞくケーキや動物はすべて消しゴム。さらにトップの新郎新婦コアラは、このブーケのためのオリジナル。
これは、妻の友人が「新郎が文房具ライターである」という情報を元に、キャラクター消しゴムメーカーのイワコーさんへお願いして特別に作ってもらった、世界で一つの消しゴム内蔵ブーケなのである。

とは言え伝わりづらい自慢なのは自覚しているので、ひとまず、消しゴムコレクターの人にとっては垂涎の逸品だぜ?というとこだけ理解して流してもらって大丈夫だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓