みじかい記事 2017年4月6日
 

かっぱえびせんでエビチリを作る

!
エビのチリソース、略して「エビチリ」。
日本でも中華の家庭料理として定番である。
これが、きちんと作ろうとすると意外にも手間がかかるのだ。

すばやくできるエビチリの作り方を教えてもらったのでみなさんにもお伝えしたい。
「エビ・スイートチリソース・ネギ、それだけでエビチリができる」という。

へぇーなるほど、たしかにカンタンだ。
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。

前の記事:「マリー・アントワネット気分になれる銭湯」
人気記事:「本物? 天才高校生の作るジオラマがすごい。」

> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

スイートチリソースが日本を侵略していた

「エビチリ スイートチリソース」で検索してみると、驚愕の数字をたたき出した(Googleさんが)。レシピが39,700件もヒットしたのである。

何年か前までは、その存在さえ知られていなかったスイートチリソース。タイ料理のプチブームから、今ではすっかりおなじみの顔だ。
そして忘れていた『エビの下処理』という文字が、私をげんなりさせるのだ。(……んーめんどいぞーこれは……)
ものすごくご活躍中のスイートチリソースさん(今はどこでも入手できる)
ものすごくご活躍中のスイートチリソースさん(今はどこでも入手できる)

もうエビなんか相手にしない。カンタンに超が付く、超カンタンレシピ発表

もうエビの相手はしないことにした。だいたいカンタンレシピなのに、殻をむいたり背ワタを取ったりと下処理に手間がかかりすぎる。あぶねー! だまされるところだった。火を通すと赤く変色するところも何を考えているのかわからない。

そこで、国民的お菓子「かっぱえびせん」だ。
現在のかっぱえびせんは、カルシウムアピールしていることもわかった
現在のかっぱえびせんは、カルシウムアピールしていることもわかった
かっぱえびせんチリのレシピ

・かっぱえびせん 適量
・スイートチリソース 適量
・ねぎ 適量
・サラダ油 適量
カンタンレシピは適量レシピでなければならない
カンタンレシピは適量レシピでなければならない
ねぎはみじんぎり(四角)で用意しておく
ねぎはみじんぎり(四角)で用意しておく

かっぱえびせん1本に、10本の線が引いてある

私が言う間でもなく、やめられないしとまらないスナックとして有名なかっぱえびせん。問答無用においしい。
殻ごと丸々入っているのでこれはもう下処理をしたエビと言って差し支えない。

さらには塩味を絡めやすくするため、1本に10本の線が引いてあると聞いた。調理されるために生まれたのではないかと思われるほど完璧だ。スイートチリソースもうまい具合に絡まってくれることだろう。
見にくいがたしかに10本の線があった
見にくいがたしかに10本の線があった

フライパンにスナックを投入する違和感

フライパンにかっぱえびせんを入れて炒めている時、妙な違和感を感じた。えーと? 今まで、こんな例はなかったのだろうか? あれだ、銀杏を炒るときの感覚だ。あれに似ている。
モーレツな違和感
モーレツな違和感
スイートチリソース投下! 
スイートチリソース投下! 
ねぎ投下!
ねぎ投下!

生でも食べられるのがかっぱえびせん

焦げついてきたので、あわてて弱火にしたがもはや間に合わない。思い切ってガスを止めた。
かっぱえびせんはそもそもスナックだから生でも食べられる。いやむしろかっぱえびせんに対して生ってなんだよ、失礼だ。
これなら中までしっかり火を通すなどとめんどうなことは考えなくてよい。忙しい方々のためにはどこまでもやさしいレシピでなくてはならない。
ねぎを乗せた。いきなり和風になる。変幻自在だ。
ねぎを乗せた。いきなり和風になる。変幻自在だ。

かっぱえびせんチリ、実食

実食。
ソースの絡まったかっぱえびせんは、そのエキスをたっぷりと吸ってやわらかくなっている。食感はスープを飲み干したときに底に残っていた「クルトン」に似ているようだ。
濃厚な甘辛さはジューシーだが、キムチと同じでそのままよりもごはんに合う。押しが強いのだ。
真顔でエビチリとの共通点を探す。(けっこう必死である)
真顔でエビチリとの共通点を探す。(けっこう必死である)

料理名がレシピ

かっぱえびせんチリ、それは、エビチリではなかった。

ではレシピ考案者として命名しなければならないが、どうなるかというと「かっぱえびせんスイートチリソース」としか言えないし言いようがない。
料理名でレシピまで物語った、類い稀なる(そうでもない)一品だ。

早い、安い、うまいの時代に適した料理だが、正直なところ「おかず」よりも「おやつ」、または「酒のつまみ」としての活躍が望まれるところだろう。

スピード命、さらに時間短縮をはかりたいのであれば、いっそのことかっぱえびせんをスイートチリソースに付けて食べるという奥の手もある。というよりそれが1番の得策だといえよう。
え。

さらなる時間短縮の向こう側へ!

……とここで、検索していたらでてきたのが「かっぱえびせん エビチリ味」。

ええええーーーーーっ!?

どうやらドンキホーテとのコラボで、限定商品らしい。

ということは、時間短縮を追求している方、むしろ命がけで時間短縮を望んでいる方におかれましては、もうレシピもくそもない、いっそのこと「かっぱえびせん エビチリ味」をご購入いただき、スピード狂としての自信を高めていってほしい。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓