特集 2017年4月7日
 

産業道路を愛でる

神奈川、岡山、千葉。産業道路・三都物語。いますように! 産業道路好きが。
神奈川、岡山、千葉。産業道路・三都物語。いますように! 産業道路好きが。
ぼくが今住んでいる家の近くに「産業道路駅」という駅がある。京急大師線だ。その名の通り、駅をでるとそこには産業道路が走っている。

で、ふと思い出した。実家のそばにも「産業道路」が走っていたな、と。

質実剛健、なんともそそる名前ではないか、産業道路。これはぜひとも愛でてみたい。

今回、神奈川、船橋、そして岡山の3つの産業道路をめぐったのでその様子をご覧頂きたい。どのような「産業っぷり」を見せてくれるのか。

そのうち同好の士を集めて(ぼく以外にもいますように!)「産業道路を愛でる会」を結成したい。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「開通前の高速道路を歩いたら伯父さん気分になった」
人気記事:「チェルノブイリは「ふつう」だった」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

出発地点がすでに興味深い

まずは近所の「産業道路駅」へ。
冒頭いきなり地味な絵面だが、まごうことなき「産業感」がただよう。これは現在地下化工事を行っているため。
冒頭いきなり地味な絵面だが、まごうことなき「産業感」がただよう。これは現在地下化工事を行っているため。
駅前。この道路が「産業道路」。
駅前。この道路が「産業道路」。
交差する道路にある道路標識にも「産業道路」とある。そしてこのダンプカーの群れ。その名に恥じぬ産業っぷりである。
交差する道路にある道路標識にも「産業道路」とある。そしてこのダンプカーの群れ。その名に恥じぬ産業っぷりである。
家の近所だが、これまでしみじみと産業道路を味わったことはなかった。なぜそうしなかったのだろう。産業好きなのにぼく。

今回の試み、すごく楽しみで、折しも季節も春めいて、うきうきしちゃった。

ちなみに産業道路駅のそばには大師ジャンクションがある。
かっこいいジャンクションなのだが、なかなか良い鑑賞ポイントがないため、ジャンキー(ジャンクション観賞趣味者のこと)にとっては歯がゆい作品、大師ジャンクション。
かっこいいジャンクションなのだが、なかなか良い鑑賞ポイントがないため、ジャンキー(ジャンクション観賞趣味者のこと)にとっては歯がゆい作品、大師ジャンクション。
特別に換気塔から観賞させてもらったときの写真。さながらとぐろを巻く大蛇といったフォルムに大興奮であった。かっこいい。
特別に換気塔から観賞させてもらったときの写真。さながらとぐろを巻く大蛇といったフォルムに大興奮であった。かっこいい。
あと、川崎大師の自動車交通安全祈祷殿もそばにある。マンションの横にやおらインド風のデザイン。この風景すごく好き。やばい。
あと、川崎大師の自動車交通安全祈祷殿もそばにある。マンションの横にやおらインド風のデザイン。この風景すごく好き。やばい。
その名の通り、交通安全を祈願するところ。こうやって、並んだ車に向かって般若心経が唱えられる。すごい光景。
その名の通り、交通安全を祈願するところ。こうやって、並んだ車に向かって般若心経が唱えられる。すごい光景。
ジャンクションをバックに、左に僧侶、右に祈祷を受ける方々。ほんとかなりおもしろい光景。
ジャンクションをバックに、左に僧侶、右に祈祷を受ける方々。ほんとかなりおもしろい光景。
この祈祷殿のとなりにあるOKストアでいつも買い物をしているので、日常的に目にしているのだが、何度見てもすごい光景だな、と思う。

この祈祷殿について詳しく書くとそれだけで4ページぐらいになるので、詳しくは公式HPあるいは「はまれぽ」の記事をご覧ください。いずれにしてもさすが「初詣」の元祖・川崎大師である。時代のニーズを捉えた御利益に一日の長あり、という感じだ。

ここがいい! 産業道路愛でポイント

というか、産業道路スタートもしていないのにすでに脱線だ。話を戻そう。

この産業道路は正式名称「東京都道・神奈川県道6号東京大師横浜線」というもので、下記の線を引いた部分がそれに当たる。
京急の大森町駅付近から生麦駅付近までのおよそ13kmほど。
Wikipediaによれば産業道路とは「工業地域を通る道路や工業団地と埠頭を結ぶ目的を持って作られた道路を指す」とのことだが、上の地図で見るとまさにその通りで、京浜工業地域をなめるように走っている。

今回はその神奈川県側の2/3を行く。多摩川の北、東京都側は比較的「産業感」が乏しいことが分かっていたから(ちなみに以前書いた「ある戦後映像の謎を解く」の終点は東京側の産業道路である)。

省略したもう一つの理由は、家のそばからスムーズに始めたかったから。なんせ、自転車だし。
そうです。自転車です。免許もってないから。
そうです。自転車です。免許もってないから。
前置きが非常に長くなったが、こうしてうきうき気分でスタートした。
もうね、しょっぱなから「産業感」すごい。
もうね、しょっぱなから「産業感」すごい。
産業感を高めている要素のひとつは、なんといっても頭上の高架だ。
産業感を高めている要素のひとつは、なんといっても頭上の高架だ。
この高架、終点までずっと上をついてくる。
この高架、終点までずっと上をついてくる。
ご覧の通り、首都高横羽線の高架がずっとお供してくれている。

古地図を見たところ、この産業道路は廃線跡であるらしい。戦前には「鶴見臨港軌道」、そののち「東京急行大師線」として路線が記されていた。昔からこの道路はインフラ寄り合い所なわけだ。
そして「産業感」をさらに高めるのは、これらインダストリアルな働く車たち。タンク、良い形、良いツートンカラー。
そして「産業感」をさらに高めるのは、これらインダストリアルな働く車たち。タンク、良い形、良いツートンカラー。
なにも引っ張ってない大型トラックのアンバランスさって、なんかぞわぞわするよね。「生首」みたいな感じ。
なにも引っ張ってない大型トラックのアンバランスさって、なんかぞわぞわするよね。「生首」みたいな感じ。
重い車が頻繁に行き来する証が、路面のハードコアなテクスチャ。
重い車が頻繁に行き来する証が、路面のハードコアなテクスチャ。
個人的には(そもそもすべてが個人的ですが)、工業地域感を最も演出するのは、グリーンであると思う。この荒々しい緑地。ぐっとくる。
個人的には(そもそもすべてが個人的ですが)、工業地域感を最も演出するのは、グリーンであると思う。この荒々しい緑地。ぐっとくる。
手入れされないので、おいしげっちゃって、逆説的に「工業地域ほど緑がうっそうとしている」という現象が。
手入れされないので、おいしげっちゃって、逆説的に「工業地域ほど緑がうっそうとしている」という現象が。
「工場萌え」であるぼくが工場を見て回っていつも思うのは、「工業地域で一番『不自然』なのは植栽」ということである。
たとえばこういう植栽。
たとえばこういう植栽。
手入れをされない「建材」としてのグリーンが何十年かの間にうっそうとしてワイルドなものになっちゃってる様子に興味を惹かれている。高速道路の土手の緑地帯とか。

いつか「ハードコア植栽」も愛でて回りたい。
あとは、ポイ捨てを禁じる、警察署作成とは思えないラフな看板にも「産業感」を感じる。これ自体がもはや投棄物の佇まいを見せている。というか、これほんとに警察がつくったものか?
あとは、ポイ捨てを禁じる、警察署作成とは思えないラフな看板にも「産業感」を感じる。これ自体がもはや投棄物の佇まいを見せている。というか、これほんとに警察がつくったものか?
そしてそんな看板をよそに、あちこちにさまざまな投棄物が。
そしてそんな看板をよそに、あちこちにさまざまな投棄物が。
不法投棄禁止の看板を何種類見たことか。あと、きっとこの仮囲い、仮のつもりのままはや十数年ここに設置されてるんだろうな。こういうのもぐっとくる。
不法投棄禁止の看板を何種類見たことか。あと、きっとこの仮囲い、仮のつもりのままはや十数年ここに設置されてるんだろうな。こういうのもぐっとくる。

ぼくが子どものころ好んで遊んでいた場所がこういう雰囲気だったので、これらの光景に郷愁を感じる。まっとうに育った方には信じられないと思うが。落ち着くし、語弊を恐れずに言うと「いいなあ、こういう風景」と思うのだ。

後に大人になって「景観論」になじめなかったのは、こういうところに理由があるのだと思う。そして今回「産業道路愛でよう!」と思ったのも。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓