みじかい記事 2017年4月13日
 

市原にぞうを見に行ったはずが、ヤギに悩殺されて帰ってきた

ぞうを見に行ったはずが、犬みたいなヤギに出会った
ぞうを見に行ったはずが、犬みたいなヤギに出会った
先日ぞう好きな人に会う機会があった。なんでも、千葉県市原市にある「市原ぞうの国」がお気に入りだという。

隣の県にぞうの国があったとは、知らなかった。話を聞いて以来気になっていたのだが、高速バスならば東京駅から1時間とちょっとで行けるらしいとわかった。出かけてみようか。
1981年群馬県生まれ。イラストレーター兼OL。犬カキでしか泳げないことと、世の中のヘルメットの大半が自分の頭をすっぽり覆い切ってくれないことに細々と悩んでいます。納豆は大粒であればあるほど良いとおもう派。
> 個人サイト たぶん日記

まるくて大きい動物を見ているのが好き

今まで動物園で見る動物といったら、パンダか熊かに二分されていた。1時間以上にわたり怠惰なパンダをながめていたことがあった。熊に関しても、右に同じだ。そういえば、ぞうに焦点を当てることは特にない人生だった気がする。
どちらも、なかなかの悠々自適っぷりだった
どちらも、なかなかの悠々自適っぷりだった
ぞうを見に行く都合がやっとついたのが、3月のプレミアムフライデーだった。3月31日、年度末のさいごの1日である。ちなみに会社命令ではなく、自主的にプレミアム化をしている。
デイリーポータルZのページを開いたら、宮城さんが踊っていた
デイリーポータルZのページを開いたら、宮城さんが踊っていた
そして天候は雨
そして天候は雨
東京駅から、勝浦方面に向かう高速バスに乗って市原鶴舞バスターミナルへ
東京駅から、勝浦方面に向かう高速バスに乗って市原鶴舞バスターミナルへ
バスターミナルにあった、かかしのような何か
バスターミナルにあった、かかしのような何か
唐突なパンダ
唐突なパンダ
そこからぞうの国までは、送迎バスに乗車
そこからぞうの国までは、送迎バスに乗車
世の中には、2種類の予定がある。どんな天気でも問題のない予定と、問題のある予定だ。
「動物園へ行く」は、後者だろう
「動物園へ行く」は、後者だろう
見学する人間もそうだけども、たいがいの動物にとっても不憫な状況である。正直なところ、愛想なんぞふりまかなくていいから、きっちり雨宿りしていてほしい。
でも、ぞうはきっちりと仕事をしていた
でも、ぞうはきっちりと仕事をしていた
芸をするぞうをはじめて見たのだけど、なんと実直な仕事ぶりなのだろう。平日にふらふらしているわたしよりも、彼らは格段に立派すぎてしまう。

ちゃんとお給料もらってねと思ってしまうが、彼らは金銭の概念を持ってはいない。せめて良いえさを沢山食べていてほしい。おせっかいの域に飛び出しかけているかもしれないこの想いは、一体なんなのだろう。
鼻のうごきが柔軟だなー
鼻のうごきが柔軟だなー
ひと仕事終えたら、宿舎のほうに帰っていった
ひと仕事終えたら、宿舎のほうに帰っていった
そして、きちんと屋根のある場所で休息をしているもよう
そして、きちんと屋根のある場所で休息をしているもよう
ぞうの健康を考えると、これでよかったんだと素直に思う。でも、わたしは一体何しに来たんだ。雨脚もどんどん強くなってきている。
そう思った矢先に歓迎をしてくれたのが、屋根のある場所にいる動物たちだった。はじめて見る動物だな
そう思った矢先に歓迎をしてくれたのが、屋根のある場所にいる動物たちだった。はじめて見る動物だな
えっ、ネズミの仲間……!
えっ、ネズミの仲間……!
その体勢、反則だと思う
その体勢、反則だと思う
こんなにも可愛らしく鼻の穴を突き出してくる動物、存在していたのか。折れ曲がりそうだったテンションが少し上昇してきた。

ヤギのかわいさに触れる

ヤギもそこら中にいた。最初見た時は、食べ物に強欲なのだという印象を抱いていたのだけど。
なぜなら、競い合うように草を食っていたから
なぜなら、競い合うように草を食っていたから
こちらも
こちらも
けど、ふいに1頭のヤギと目が合ってしまった。
なんだろうこいつ、犬みたいな目をしている
なんだろうこいつ、犬みたいな目をしている
この瞬間から、ヤギに対する価値観がぼろぼろと崩壊しだした。

じっと見つめるヤギ続出

その後もヤギとのふれあいが続いた。
目線を感じる
目線を感じる
もしかしたら、わたしが手に持っている紙が目当てなのか
もしかしたら、わたしが手に持っている紙が目当てなのか
いや、カラー印刷されている紙は、たぶん体によくないんじゃないのか。あげられない
いや、カラー印刷されている紙は、たぶん体によくないんじゃないのか。あげられない
しかし、鼻を突き出してくることを止めないヤギ
しかし、鼻を突き出してくることを止めないヤギ
えっ
えっ
指をのばしたら、ぺろぺろしはじめた。犬みたいだ
指をのばしたら、ぺろぺろしはじめた。犬みたいだ
そしてこいつらはなんだか、悪巧みしているようにも見える
そしてこいつらはなんだか、悪巧みしているようにも見える
歯がよく見えるヤギと、そうじゃないのがいる
歯がよく見えるヤギと、そうじゃないのがいる
すっかり骨抜きにされてしまった。

帰り道、バスの運転手のおじさんにもその旨を伝えたところ、「さゆりワールドに行くといいよ」とアドバイスをもらった。……さゆりワールド?

どうやら近くに、もう1個動物園が存在するらしい。そこにいるヤギたちは、人に慣れるように飼育をされているため、放し飼いなんだそうだ。

今度はそこ、行きたい。雨じゃない日に。
バスの運転手さんから、割引券もらった
バスの運転手さんから、割引券もらった

目的なんぞ、途中できりかわってもいいんじゃないのか

動物園は雨が似合わない。でも、雨なら雨なりの過ごし方もある。この日行かなかったら、ヤギがこんなにかわいらしいとは知らずに生きていくことになっていたかもしれない。あと、らくだには雨が似合わなすぎるというのも、発見だった。

ぞうを見たいという目的はどこに行ったんだろうとは思うが、まあいいんじゃないだろうか。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓