特集 2017年4月18日
 

「早ゆでミニパスタ」がオフィスランチに革命を起こした

!
最近、僕のデスクの中にはママーの「早ゆでミニパスタ」が中毒的に詰まっている。
このパスタが僕のランチ生活に劇的な変化を起こしたのだ。
今日はぜひともランチ革命とも言えるこのオフィスパスタについて知ってほしい。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

最適化されたパスタセットが、そこにある

さあ今日もオフィスでお昼の時間だ。
僕はデスクの引き出しを開ける。
そこには極めてコンパクトな形に格納された「茹であげパスタセット」が収まっている。
麺はママーの「早ゆで3分ミニパスタ」だ。230円ぐらい。
麺はママーの「早ゆで3分ミニパスタ」だ。230円ぐらい。
ほどよい長さが、調理にも収納にもちょうどいい。「小鍋でつくれる」と書いてあるが、むしろオフィスデスクのために開発されたとしか思えない。

茹でる容器は100均などで売っている電子レンジ用の耐熱タッパー。何でもよいが、ぼくはセリアのレンジ肉まん蒸し器を使っている。
サイズがぴったり。余ったミニパスタの収納容器としても好適!
サイズがぴったり。余ったミニパスタの収納容器としても好適!
この組み合わせが奇跡的な合一を見せ、グランドクロスで太陽系を揺るがすほどのオフィスランチ革命が起きたのである!!
適量のパスタに熱湯を注ぎ……
適量のパスタに熱湯を注ぎ……
電子レンジで3分〜3分30秒くらいゆでて……
電子レンジで3分〜3分30秒くらいゆでて……
お湯を切れば……
お湯を切れば……
ゆであがり! つやっつや、ぷりっぷりの茹でたてパスタ!
ゆであがり! つやっつや、ぷりっぷりの茹でたてパスタ!
すばらしい。僕が長年願っていた「出来たての炭水化物を、オフィスで手軽にいつでも食べたい」という望みがとうとうかなったのだ。
もうこれでコンビニのふにょふにょのパスタに我慢しなくていいのだ。
ごめん……もっといい人に出会ってしまったんだ……
ごめん……もっといい人に出会ってしまったんだ……

あえるだけソースの世界にも夢中

ソースは各社から出ている「あえるだけ」ソースが手軽で種類も多く、フードコートに来た子供のようにメニューを選ぶのに夢中になっている。
「パクチー」は気になって買ったけど、まだ食べてない
「パクチー」は気になって買ったけど、まだ食べてない
近くのスーパーではこのシリーズだけで一面コーナーをなしている。
これまで興味が無く完全スルーしていたが、食べてみると想定より圧倒的にハイレベルなうまさで驚いた。
見て! このペペロンチーノの完成度!
見て! このペペロンチーノの完成度!
なお、「今日は大事なプレゼンがあるので、より上級のパスタソースで気合を入れたい」などの場合には、茹でている間にコーヒーサーバーに熱湯を注き、フォークでモミモミすることにより加温可能であることがこれまでの研究より明らかになっている。(fig.1参照)
fig.1 コーヒーサーバーで加温される「青の洞窟・カルボナーラ」
fig.1 コーヒーサーバーで加温される「青の洞窟・カルボナーラ」

栄養が偏り過ぎなのでは

!
僕のデスクの中を見て、生活習慣病になるのではないかという危惧、直截的に言えば「デブの机みたいですね」というコメントが下りてきた。
一理ある。

そこで僕はビタミン補給のため、さらにひとつ提案したい。
バジルソースによるビタミンの摂取
バジルソースによるビタミンの摂取
これは僕の家の冷凍庫にある自家製バジルソースである。
ビタミン満点の自家製ハーブをすりつぶして作った逸品だが、家内がバジルを苦手とするため自宅で使う機会が無く、冷蔵庫に何十個と貯まっており、しまいには「あの冷凍スライム、どうするの?」と言われる始末であった。

しかしここにきて、ビタミンたっぷりのランチメニューとして生まれ変わっている。
バジルの香りがオフィスに広がり過ぎて、同僚に大迷惑!
バジルの香りがオフィスに広がり過ぎて、同僚に大迷惑!
肌はよみがえり、毛根は活性化し、クララも立ってフルマラソン走るほどの高栄養価メニューである。
もちろんビン詰のバジルソースも売っているし、チーズやサラダチキンを使えば栄養バランスはいくらでも向上できる。
ミニパスタランチ、なにひとつ死角がない!(fig.2参照)
fig.2 ミニパスタにすっかり夢中になる男性サラリーマン
fig.2 ミニパスタにすっかり夢中になる男性サラリーマン

作ろう、食べよう、ミニパスタ!

と、ここまで疾走するように書き、ミニパスタに対する思いの丈を誌面にぶつけることができて、とても幸せである。
ちなみに僕は職場でこだわりのコーヒーを淹れることでも知られており、パスタと合わせて「喫茶店マスター」状態となっている。
もはや辞めて転職する必要性が感じられない。
小物も充実してきています
小物も充実してきています
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓