特集 2017年4月20日
 

行列のできる店の「隣の店」にいくin大阪

白蜜でいただくわらび餅

昭和21年創業の今井さんは上品なダシが人気の老舗店。メニューを見るとうどん推しだし、親子丼も凄くそそられる。しかし残念ながら、カレーを食べた後なのでそんなに食べられない。

そこでお土産にも人気という「わらび餅」をいただくことに。
白蜜でいただく。東京では黒蜜で食べるのがほとんどなのでちょっと新鮮!
白蜜でいただく。東京では黒蜜で食べるのがほとんどなのでちょっと新鮮!
メニューには3つで540円とあったけど、店内で食べるときはひとつからでもOKとのことなので2つにした。

甘さ控えめの白蜜ときなこがたっぷりかかる。
すべすべモッチリで、こんなお肌になりたい、といった食感。
すべすべモッチリで、こんなお肌になりたい、といった食感。
ああ、すごく落ち着く。外の賑やかさに疲れたらここに入るのもいいかも。食後にちょうど良いスイーツだった。

長蛇の列ができるお好み焼き屋の隣は

つぎにやってきたのは「味乃家」さん。まさに長い蛇がうねるかのように並んでいた。
並びますなあ。
並びますなあ。
右隣は夜だけやってる居酒屋さん。左隣の雑居ビルもそうかな、とジックリ見てみると…1階に占い屋さんがある!

占い屋さんに入ってみる

こういう機会がないと入ることがない。試しに占ってもらうことにした。一人旅なので、話し相手に飢えていたのもある。
占い「ルビーの館」。写真が並んでて、現在お店にいる占い師さんから指名する。
占い「ルビーの館」。写真が並んでて、現在お店にいる占い師さんから指名する。
店に入ると鑑定用の券売機が。一番安い10分1050円というのにした。
店に入ると鑑定用の券売機が。一番安い10分1050円というのにした。
ミューズ麻榊さんが出迎えてくれた。キッチリとタイマーをセットし、誕生日を元に占い開始。

そもそもの私の性格を伝えてくれたあと、仕事や恋愛、お金、家族などについて軽快に喋ってくれる。ああ、本場の関西弁だ、とニヤニヤしながら相槌を打った。
「あなた束縛が嫌いで結婚する気ないでしょ? このままだと50過ぎになるよ。」とのこと。ウウ…
「あなた束縛が嫌いで結婚する気ないでしょ? このままだと50過ぎになるよ。」とのこと。ウウ…
10分はあっという間だったけど、たくさん占ってくれた。特に「お金に困るような人じゃない」というのは強く信じて生きていこうとおもう。あと来年社会的地位が変わるんですって。どうなるか楽しみだ。
時間を過ぎたあとも大阪を周った感想など余計なおしゃべりにもつきあってくれて、最後に「がんばってね!」と送り出してくれた。
時間を過ぎたあとも大阪を周った感想など余計なおしゃべりにもつきあってくれて、最後に「がんばってね!」と送り出してくれた。
いやー、いつもの旅なら占いをするという発想にならないけど、地元の人と話せるきっかけになったし、なかなか良い思い出になった。

上機嫌で最後となる「隣のお店」に向かった。
やってきたのは、お好み焼き「美津の」の行列のお隣
やってきたのは、お好み焼き「美津の」の行列のお隣
たこ焼きやの「たこ昌」だ。たこ焼き食べたかったからうれしい!
たこ焼きやの「たこ昌」だ。たこ焼き食べたかったからうれしい!
たこ昌さんは大阪に5店舗を構えている、たこ焼きと明石焼きのお店だ。興味深いのが店舗のなかに「たこ焼き懐石」が楽しめる店があったり、贈答用に6種類の味のたこ焼きセットがあったりする。

特に、お持ち帰りの冷凍たこ焼きは、この後お土産やさんや駅・空港などにも置かれているのを見たから、大阪では有名なのだろう。そんなお店に入れるなんて幸せである。
ほろ酔いセット930円。二種類のたこ焼きと、たこのから揚げせんべいと生ビール。
ほろ酔いセット930円。二種類のたこ焼きと、たこのから揚げせんべいと生ビール。
このトロトロが美味しいんだよね!
このトロトロが美味しいんだよね!
冷凍でも人気なのだから、焼きたてのたこ焼きは間違いない。期待どおりのトロトロ感とタコの大きさ。ハフハフ言いながらビールを流し込む。最高だ!

周りに持ち帰り専門のたこ焼き屋が多いなか、店内でゆっくり食べられるのもうれしい。
はじめて食べた「ねぎたこ焼き」もおいしい。ねぎが多めに乗ってるだけかと思ったら中にビッシリ。
はじめて食べた「ねぎたこ焼き」もおいしい。ねぎが多めに乗ってるだけかと思ったら中にビッシリ。
ああー、いいよいいよ、大阪大好き。
酔った勢いで一人ニヤけてしまうのだった。

「隣の店」でも充分感じた大阪色

住宅街の福島と、観光地のミナミ。両方まるで違うまちを訪れることができて、初めての大阪にしては堪能できたとおもう。

それに今回は、飲食店以外のお店をのぞけたのも良かった。お陰で食器などの道具街があることや、私はお金に困らない人生であることを知ることができたのだ。

ひとつ残念なのは大阪の肝であるお笑いを見る機会がなかったこと。劇場はいくつか見たのだけど隣ではなかったのだ。また来よう。
みにゃみんにツッコミを入れてから東京に帰りました
みにゃみんにツッコミを入れてから東京に帰りました

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓