特集 2017年4月21日
 

意外なものをかわいく撮る

そろばん

そろばんは女性モデルと組み合わせることにした。モデルのanjuさんに足にそろばんを挟んでもらった。
青山さんはモデルに触れない
青山さんはモデルに触れない
このようにして撮られたそろばんのかわいい写真がこれ。

!
!

そろばん教室のポスターがこれだったら1万人ぐらい生徒があつまりそうである。
青山さんも「これで1冊できるかも」と満足げである。
ネコとフトモモの次が「ソロバンとフトモモ」に決まった瞬間である。
2枚目の写真をよく見るとふとももにそろばんの跡がある。そろばんは見えないが、そこにあった痕跡が見えるのだ。
ニュートリノも実物を見ることはできないので、その痕跡を測定するのだという。つまりこれがニュートリノだ(ざっくり)。

最後はACアダプター

「ACアダプターは簡単」と青山さん。
すでにイメージができているらしく、ふたりのモデルの足にコードを巻きつけていく(アシスタントが)。
巻きつける位置にこだわりがある
巻きつける位置にこだわりがある
絵が見えたか
絵が見えたか
ACアダプターは僕のノートパソコン用の巨大なものである。ニンテンドーDS 3台分ぐらいの重さがある。
かわいさのかけらもないアダプターを敢えて持ってきた。

そのごついアダプターがこうなった。

!
!

思わず無機物に嫉妬する写真である。
嫉妬しながら思い出したが、今回の企画趣旨はこういうことであった。これでよかったのだ。

おまけ・ソラリーマン

青山さんはソラリーマンという宙に浮いているサラリーマン写真も撮っている。(こちら

せっかくなので鶴久さんで撮ってもらうことにした。企画の趣旨とはぜんぜん違うのだが、盛り上がったその場の流れである。
こんな抜けのいい場所に来たら飛んでみたくもなる
こんな抜けのいい場所に来たら飛んでみたくもなる
青山さんの写真↓

!

ちょっと原稿後半がドキドキする写真が多かったので宙に浮く元上司で落ち着きを取り戻してもらえれば幸いである。

掛け合わせマジック

企画は掛け合わせだと言われている。ありふれたもの同士の珍しい組み合わせが新鮮さを産む。ペリーがパワポを使ったり、タキシードでハイキングに行ったり。
写真も掛け合わせがあれば無機物だっておじさんだってハッとする写真になる。
僕も写真が平凡になって困ったときは積極的にふとももに挟んでいきたい。
ドキッとしすぎて載せようか迷った写真。結局載せる
ドキッとしすぎて載せようか迷った写真。結局載せる

でもやっぱりこの写真で締めよう
でもやっぱりこの写真で締めよう
おしらせ

青山裕企さんのイベントが東京カルチャーカルチャーであります。
4月25日OPEN 18:30 START 19:30
写真家・青山裕企のキャッツ&ガールズ・フォト・ナイト
前売チャージ券2980円(要1オーダー)
先着100名に限定写真集プレゼント
モデル 鶴久さんの会社もよろしくお願いします

ディレクターバンク株式会社


<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓