みじかい記事 2017年5月3日
 

エビスビールの新種「華みやび」が“バナナ味”の味だ

これ! みんな飲んでみてー!
これ! みんな飲んでみてー!
普段ビール的なものを飲もうとすると「麦とホップ」しか買わないことで(私のなかで)有名な私だが、なんか100円もらったりとかしたらお祝いにエビスビールを買う。

プレミアムビールといえばエビス。信頼のブランドだ。

で、そんなエビスビールに「華みやび」という新商品が出た。100円は誰もくれなかったがいいことがあったのでヤーっと買ってみたら、「バナナ味」の味がしたのだ。

バナナの味ではない。バナナ味の味、である。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。
> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

そもそも「バナナのような味」がするタイプのビール

「華みやび」はそのパッケージや商品広告などを読むとちょっとエビスのなかでも独自のタイプのビールのようだ。

・上面発酵でつくったホワイトビール
・小麦麦芽を一部使用
・長期熟成

なるほどこっくりしたクラフトビールのような味であることは私にも分かる。

白濁がまたいいものを飲んでいる気にさせる
白濁がまたいいものを飲んでいる気にさせる
これはいいビールだ! と感激するいっぽう、「バナナ味」の味がするのでおやっと思うおもしろビールでもある。

「バナナ味」の味というのは、フレッシュなバナナではなくバナナ味のお菓子についてくるバナナ味のような味という意味だ。

生のイチゴの味とは別に「イチゴ味」が存在し、同様に「メロン味」があることはみなさんご存知のとおりだが、それのバナナ版である。
こういうバナナ味のおかしがいうところの「バナナ」味
こういうバナナ味のおかしがいうところの「バナナ」味
調べてみると、この華みやびのようなホワイトビールというものはそもそも「バナナのような味」がしがちらしい。

原料として小麦が使われていることで苦味がおさえられ、そういう風味が出てくるという。

そもそも、そういうものだったのだ。
そういうものなのだよ……
そういうものなのだよ……

ホワイトビールは全部バナナの味なのか

フルーツの味をさせようと果汁や香料を加える、あらかじめ段どられた「フルーツビール」というやつがあることは知っていたが、そうか、ホワイトビールというのもバナナ味なのか〜。

へ〜。

……。

ホワイトビールよ!

「へ〜」で終わらすと思ったら大間違いだ!

急に気持ちが猛々しくなってホワイトビールに詰め寄ってしまった。酔ったのかもしれない。

本当にホワイトビールというものはぜんぶバナナ味なのだろうか。これまも生きてきて華みやび以外のホワイトビールを飲んだことはあったはずだ。しかし鮮烈に「バナナ味!」と感じたことはなかったと思う。

もし華みやびが特にバナナ味なのだとしたらそれは改めて村のみんなに知らせなくてはならない。

猛々しき気持ちのままにクラフトビールを大量に扱うお店(近所のイオン)に走っていった。

バナナ味は華みやびがダントツ!

結果、5種類のホワイトビールを買ってきた。
いいビールを買うと気持ちが豊かになる
いいビールを買うと気持ちが豊かになる
店には大量のホワイトビールがあり、またホワイトエールというのもあって店員さんに聞いたりスマホで調べたりしながらの買い出しであった。ビールの呼び分けはかなりややここしいことになっており、こうだからこう! とはっきり言いにくいそうだ。とりあえず原産国別にいろいろと飲み比べてみようとそろえた5種である。

結果から先に言うと、それぞれ別のフルーツの味がした。

ホワイトビールは小麦のほかにコリアンダーやオレンジピールが使われるためそういうことになるらしい。

そして、「バナナ味」らしい「バナナ味」はやはりエビス華みやびがダントツであった。華みやびの原材料にはコリアンダーやオレンジピールといったものは入っておらず、大麦麦芽、小麦麦芽とホップのみだった。これがバナナの理由か。 村のみんなに知らせなければ。

走って村へ帰るあいだ、みなさまには今回飲んでみたそれぞれの味をご紹介します。

いろんなフルーツの味がしました

ヒューガルテンホワイト(ベルギー)
ヒューガルテンホワイト(ベルギー)
コリアンダーシードとオレンジピールが原材料に。ちょっと華みやびに近い味のようにも思えたが苦味もしっかりある。以前は気づかなかったが、バナナの味を前提として飲むとその素養はある。
クローネンブルグ 1664 BLANC(フランス)
クローネンブルグ 1664 BLANC(フランス)
こちらはコリアンダー、オレンジピールのほかにレモン果汁も原材料に入っていた。かなりすっきりしていてバナナの陰はない。パイナップルのような味。
ブルームーン(アメリカ)
ブルームーン(アメリカ)
店で頼むとオレンジを添えてサーブされるオレンジ推しのビール。やはりコリアンダーシード、オレンジピールが入っていた。が、これ飲むと青っぽいトマトの味がすることに気づきましたよ!
水曜日のネコ(日本)
水曜日のネコ(日本)
こちらもコリアンダーシード、オレンジピール入り。ベルギー生まれの「ベルジャン・ホワイトエール」スタイルを売りにしているようだ。グレープフルーツとパイナップルの風味を感じましたぞ。
常陸野ネストビール ホワイトエール(日本)
常陸野ネストビール ホワイトエール(日本)
いよいよこちらは原材料にオレンジジュースが。そうきたか。コリアンダー、ナツメグ、オレンジ・ピールも入っていてかなりスパイシー。オレンジジュース入りなのに完全に味わいはグレープフルーツ

ビール沼にはまらない人生

ビールが好きである。飲み会に行けば朝までビールだ。酒飲みだがビール以外の酒は飲まない。

と、ビールばかりを日々大量に飲みながらも、ではビールに詳しいかというとそれがまるで知識が深まらないのだ。何度か詳しい方に説明してもらったこともあって覚えもするのだがいずれ忘れる。

こんなに好きなのになぜ知識がついてこないのかと不思議なものである。「好き」だが「詳しくない」という態度があるということをビールを通じてしみじみ感じる。

しかし今回はおかげさまで少しだけ白ビールについて知ることができた。“バナナ味”味のおかげだ。
村人にもウケた(プープーテレビの撮影のついでに急に飲まされて納得させられたライター大北)
村人にもウケた(プープーテレビの撮影のついでに急に飲まされて納得させられたライター大北)
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓