特集 2017年5月18日
 

洋風モツ煮込み、新感覚ういろ、鉄板小倉トーストで名古屋のすごさを再確認

日替ランチからしての感慨!

トーストにあんこを乗せる小倉トーストは、やってることとしてはアンパンと限りなく近いので名古屋の食文化のなかでも県外人には受け入れやすいものだと思う。

私はあんこ原理主義だ。小倉トーストを知ったときははじめて食べ物に対して「天才か」と思った。なんだアンパンって。食パンにあんこ乗せればよかったんだ。

が、だからといってそれをさらに鉄板に乗せるのはどうだろう。肉じゃないんだぞ。
お店はこちら神戸館。パーティー会場としても有名らしく、でかい
お店はこちら神戸館。パーティー会場としても有名らしく、でかい
「新」名古屋名物! なんかすごそうだぞ
「新」名古屋名物! 写真、これはすごそうだぞ
ランチタイムで近所にお勤めとおぼしき人々が次々やってくる。ランチメニューは日替わりとカレーの2品でどちらかを頼む人が多いようだ。

鉄板小倉トーストも少し時間はかかるがランチタイムでもできるということで勇んでオーダーした。

冷静になりあたりをみればガンガン出ているこの日替のランチセットがそもそも「鉄板」に乗っている。
で、その日替わり鉄板ランチの「イタリアン」が先にきました。ごらんください。
で、その日替わり鉄板ランチの「イタリアン」が先にきました。ごらんください。
別件取材のためこの店だけ同席のライター大北が日替わりメニューを頼んだ。

ランチの日替わりメニューという、一番誰もが頼みやすいような平たいメニューのはずだがスパゲッティが鉄板に乗っている。なんだろう、これは。

そうだ、名古屋にはスパゲッティを鉄板に乗せる独自の文化があるということをすっかり忘れていた。気を抜くと何かが少し違って驚かされる。

卵はスパゲティの下に敷き詰められているのかと思いきや周囲だけであった。額縁のように卵が流されている。味としておいしいのは分かるが、状況への理解がおいつかない。
セットとしての全貌はこんな感じ。鉄板というか小型のフライパン
セットとしての全貌はこんな感じ。鉄板というか小型のフライパン
食べれば当然うまい。濃い目の味付けで、喫茶店でうまいランチ食べてるなあという充実感がある。しかし様相としてかわっているので目が慣れない。

「これ、かわってますよね」「かわってるね…」「でもみんな食べてますね」「食べてるね…」と確認しあい黙った。

見たことのないメニューを日替わりランチとしてたくさんの人が食べているのに囲まれ、そしてまた私たちも同じものを食べるのだ。旅の醍醐味とはこういうことをいうのだろう。
そして、きた…!
そして、きた…!

スピードと物量と温度の鉄板小倉トースト

これは疲れるぞ! というのが最初の感想だ。

鉄板の上にゴマの練りこんであるしかも分厚い食パン(一般的な4枚切り食パン以上の厚み)の上に大量のあんこが乗せられ、さらにその上にサーティーワンの1すくいの倍はあるアイス。それが、しかもあっつあつの鉄板に乗っている。

さらに「冷めないうちにおかけください〜」と渡されたのは黒蜜だ。

そして「お好みでこちらもお使いください」とハチミツがテーブルに置かれる。

まって! である。ネットでよく使うじゃんみんな「まって」って。あれいうの、今しかない。
とにかく急いで黒蜜をかける。ジャワ〜っ
とにかく急いで黒蜜をかける。ジャワ〜っ
黒蜜を一気にたらすと大きなジュワー音とともに煙が。行いの類としては、鏡割りであり、テープカットであり、くす玉割りと同じ種類だ。心の準備ができてないところへぶっこまれるセレモニー。夢か。

うわーっと圧倒されているとジャーっという音とともにどんどんアイスがとけていく。うおお、やばい! あわててパンのかけらを手でつかむと、熱っ! そうだった、これ鉄板にのってるんだ(だからちゃんとフォークとナイフがついている)。

なんだこのとんでもないせわしなさは。食べ物を食べようというときの感想として「わたしF1乗ってるのかな?」と思ったのははじめてではないか。
うっかり手でつかむと熱い!
うっかり手でつかむと熱い!
そして急いで食べるとアイスが冷たい! あんこが甘い! 食パンが熱い! さらにその熱い食パンがプチプチする!

なんで食パンプチプチすんの!? あっ、ゴマが練りこんであるんだった! ちょっとアイスとける! 急いで食べる!(繰り返し)

しかし圧倒されながらも食パンが甘くないのでアイスとあんこと黒蜜が甘くても甘さには負けることなくスピードにのってじゃんじゃん食べすすめられる。
わっしょいわっしょいやってるあいだにどんどん食べてなくなる
わっしょいわっしょいやってるあいだにどんどん食べてなくなる
最後舌が慣れたころに少しはちみつをたらしてみたら、一気に鋭角な甘さに襲われて5cmくらい腰が浮いた。

旅先で名物のスイーツを食べるというキラキラした体験にしてはあまりにもハードコアであった。
ハチミツは普通の顔して添えられていた。これがすごいパンチなんだ
ハチミツは普通の顔して添えられていた。これがすごいパンチなんだ
聞けばこの鉄板小倉トーストは3年ほど前からメニューに加わったのだそうだ。さすがに出た当時は地元の方も驚いたんじゃないか。セレモニーであり、アトラクションである。


続いては「洋風モツ煮込みデミ味噌味」と「名古屋風味噌おでんポルチーニクリームソース」という、メニューの名前からして自由が裸馬の暴走レベルまできている品をを出すお店へ…!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓