特集 2017年5月20日
 

お酒を持って背景をぼかすとどこでもオシャレ

!
Facebookやインスタグラムであげられるおしゃれな写真の中で、「お酒を持っている写真」を多く見かける。キレイな背景とお酒の組み合わせは、イケている感じがしてカッコイイ。

こういった写真を見たときにある時ふと「もしかしたら背景をぼやっとさせれば、正直どこでもいいんじゃないか?」と思った。

ということで色々な場所でお酒を持って写真を撮ってみることにした。
大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。

前の記事:「コンビニの惣菜だけでつくる炊き込みご飯が最高」
人気記事:「ふりかけの「ゆかり」が最高の調味料だと教えたい」

> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

お酒を持って背景をぼかすとオシャレ!

これはとあるライブに行ったときの写真。この記事を書くために初めてやってみた。
これはとあるライブに行ったときの写真。この記事を書くために初めてやってみた。
お酒を持って撮る写真はおしゃれでカッコイイ。なぜこの写真を撮りたくなるのかというと、美しい風景、自分の体験していること、お酒を呑んでいる楽しさ…などそれら全てを一枚に納められるからだと思う。多分…僕は普段やらないからわからない。
これもライブのときの写真。この撮り方をやり慣れていないので、どうお酒を持っていいのかわからず、危険物を扱うような感じになってしまった。
これもライブのときの写真。この撮り方をやり慣れていないので、どうお酒を持っていいのかわからず、危険物を扱うような感じになってしまった。
この写真を見てもわかると思うのだけれど、大事なことは「お酒を持っていること」、「背景がぼやけていること」の2点だ。このルールさえ守れば天変地異が起ころうとおしゃれになる。なにより「お酒を持ってどこかにいる」という状況が非日常的ですでにおしゃれなのだ。

ということで、色々な場所で撮ってみて、本当に僕の説が正しいのか確かめてみることにした。

「お酒」+「背景のぼかし」という魔法

ごちゃごちゃしている渋谷のセンター街
ごちゃごちゃしている渋谷のセンター街
まずは「お酒を持ったボケた写真」がいかにおしゃれなのか、わかりやすいように渋谷のセンター街で試してみる。
お酒を持っただけだと、それほどおしゃれにはならない。
お酒を持っただけだと、それほどおしゃれにはならない。
背景をぼかすことによって一気におしゃれになる。センター街にクラブミュージックが大音量で流れていてもおかしくない写真だ。
背景をぼかすことによって一気におしゃれになる。センター街にクラブミュージックが大音量で流れていてもおかしくない写真だ。
やはり「お酒」+「背景のぼかし」の両方が合わさると最高におしゃれな写真が撮れる。ただ、渋谷のセンター街は少しおしゃれに見えるので、他の場所でも色々と試してみた。
よくある商店街の通りも…
よくある商店街の通りも…
一気におしゃれに変貌する。
一気におしゃれに変貌する。
草が生い茂る名前もわからない通りも…
草が生い茂る名前もわからない通りも…
あれ?ロックフェスに行ってきたの?と聞かれてもおかしくないような写真が撮れる。
あれ?ロックフェスに行ってきたの?と聞かれてもおかしくないような写真が撮れる。
ラーメン屋さんのディスプレイも…
ラーメン屋さんのディスプレイも…
「香港の屋台行ってきたけど最高だった」と書き込めばFacebookで1000いいね!はもらえそうな写真に早変わり。
「香港の屋台行ってきたけど最高だった」と書き込めばFacebookで1000いいね!はもらえそうな写真に早変わり。
なんでもない昼下がりの公園も…
なんでもない昼下がりの公園も…
BBQをやっているかのように振る舞うことができる。
BBQをやっているかのように振る舞うことができる。
ギラギラと輝くパチンコ屋も… 
ギラギラと輝くパチンコ屋も… 
某ねずみさんが大活躍のレジャー施設に行っているかのような、夢みたいな写真を撮ることが可能なのである。
某ねずみさんが大活躍のレジャー施設に行っているかのような、夢みたいな写真を撮ることが可能なのである。
東京メトロの駅の中も…
東京メトロの駅の中も…
「この前ロスに行って地下鉄乗ってきた」と写真を見せれば、信じる人もいるはずだ。ちなみにカッコよくいうためにロサンゼルスと呼んではいけない。ロスだ。もしくはL.A.と言おう。
「この前ロスに行って地下鉄乗ってきた」と写真を見せれば、信じる人もいるはずだ。ちなみにカッコよくいうためにロサンゼルスと呼んではいけない。ロスだ。もしくはL.A.と言おう。
渋谷の潰れてしまったドンキホーテも…
渋谷の潰れてしまったドンキホーテも…
クラブの入り口にいるかのような写真になる。リア充バリバリだぜ!!(クラブに行かないから、カッコイイ言葉が思いつかなかった) 
クラブの入り口にいるかのような写真になる。リア充バリバリだぜ!!(クラブに行かないから、カッコイイ言葉が思いつかなかった) 
どうだろうか?ここまで写真を見てきて「お酒」+「背景をぼかす」という力が以下におしゃれな写真を生み出せるのか、少し伝わってきたと思う。

写真を見てもらって気づいた人もいるかもしれないが、お酒はビンのものが一番おしゃれに映るということが色々と試してみてわかった。
特にスミノフとZIMAは絶妙に日常感もあって、よりリアルな写真が撮れるのでおすすめだ。
ちなみに写真がよければ関係ないので、自分の背景がいくら汚くても大丈夫なのだ。世の中、光があれば必ず影があるもの。
ちなみに写真がよければ関係ないので、自分の背景がいくら汚くても大丈夫なのだ。世の中、光があれば必ず影があるもの。

もはや家の中でもおしゃれな写真は撮れる

ここまでは全て外で撮ったものであるが、もはや外にでなくてもおしゃれな写真を撮ることができる。もう人類は外にでなくても、Facebookでいいね!がもらい放題な時代なのである。
空き巣に入られたのかのような僕の家のベッドの上も…
空き巣に入られたのかのような僕の家のベッドの上も…
友達と「友達と家飲みめっちゃ楽しい!」と胸を張って言えるレベルにまで進化させることができる。
友達と「友達と家飲みめっちゃ楽しい!」と胸を張って言えるレベルにまで進化させることができる。
家飲みをおしゃれに演出することができる。ただこれだと今まで見てきた写真と大差がないし、あくまで自宅にいるという写真しか撮れない。

僕は「休みの日に何もしていない」ことを隠して、いかに楽しそうに休日を過ごしているかが演出したいときがある。誰だって「今週の土日は家にいてシミの数を数えていたら終わっていた」とは言いたくない。

意地を張って「軽井沢で友達とBBQしてきたよ!」とウソをつきたくなる瞬間もあるはずだ。そういうときにおすすめの方法がある。
軽井沢なう!!
軽井沢なう!!
ニューヨークのタイムズスクエアなう!!
ニューヨークのタイムズスクエアなう!!
現実はGoogleMapで場所を探して、写真を撮っているだけである。
現実はGoogleMapで場所を探して、写真を撮っているだけである。
GoogleMapを使用すれば家にいながら好きな場所で「〇〇なう」と言うことができるし、休日に何もしていなくても、「この前友達と軽井沢でBBQやっちゃってさ〜」と遊んでいないことをごまかすことができる。小豆色のダサいスウェットを着ていても写真からは見えないので大丈夫だ。

人間誰しもが本音を晒して生きているわけではない。ときに人生には意地と建前も必要なのである。
ちなみに家で撮っているので…
ちなみに家で撮っているので…
こんな格好で足に挟んで撮っても写真はおしゃれ。切り取っている部分が美しいのであれば、それで良いのです。それが世界の姿なのです。
こんな格好で足に挟んで撮っても写真はおしゃれ。切り取っている部分が美しいのであれば、それで良いのです。それが世界の姿なのです。

ビン以外のお酒でもおしゃれは演出できるのか?

ここまでで、ビンのお酒を持って写真を撮ることができるのは証明できたのだけど、逆に疑問も湧いてきた。

「ビン以外のお酒でもおしゃれな写真が撮れるのか?」という点だ。世の中にはたくさんの種類のお酒がある。例えばビンではなく、缶類などでやったときにもおしゃれは演出できるのだろうか。
試す場所は我が社のおしゃれな屋上。
試す場所は我が社のおしゃれな屋上。
色々なお酒で試してみる。
色々なお酒で試してみる。
まずは何度も出てきているスミノフ。文句なしにおしゃれになる。
まずは何度も出てきているスミノフ。文句なしにおしゃれになる。
オランダ生まれのビールのハイネケン。ハイネケンという名前がすでにカッコイイしパッケージも夏っぽくて◎。
オランダ生まれのビールのハイネケン。ハイネケンという名前がすでにカッコイイしパッケージも夏っぽくて◎。
アサヒスーパードライはけっこう微妙だ。景色には合っているが「おしゃれ」よりも「おじさん」感が先行してしまう。
アサヒスーパードライはけっこう微妙だ。景色には合っているが「おしゃれ」よりも「おじさん」感が先行してしまう。
氷結もおしゃれなのかそうじゃないのか微妙なラインだ。やはり漢字や日本語が入るとダメなのかもしれない。
氷結もおしゃれなのかそうじゃないのか微妙なラインだ。やはり漢字や日本語が入るとダメなのかもしれない。
リポビタンDは一周回ってありな気がしてきた。頑張っている感がでていて意識高そう。
リポビタンDは一周回ってありな気がしてきた。頑張っている感がでていて意識高そう。
鬼ころしはダメだ。 
鬼ころしはダメだ。 
やはり日本語が入ると少しおしゃれ度が下がってしまう。こう見るとハイネケンのデザインってカッコイイな。

しかし一箇所しか撮影していないので、もしかしたら勘違いの可能性もある。データは多いに限る。会社の屋上よりも、もっとカッコイイ場所で撮影すれば、氷結や鬼ころしだってカッコよく撮れるかもしれない。
ということで、渋谷のスクランブル交差点にやってきた。日本人よりも国外の方に人気がある撮影スポットだ。 
ということで、渋谷のスクランブル交差点にやってきた。日本人よりも国外の方に人気がある撮影スポットだ。 
スミノフはやはり文句なしだ。むしろこのビンに色気すら感じるようになってきた。
スミノフはやはり文句なしだ。むしろこのビンに色気すら感じるようになってきた。
氷結もさっきより断然カッコよく見える。さすが日本のタイムズスクエア。
氷結もさっきより断然カッコよく見える。さすが日本のタイムズスクエア。
鬼ころしはやっぱりダメだ。千鳥足で歩き飲みしているおじさんが想像できる。
鬼ころしはやっぱりダメだ。千鳥足で歩き飲みしているおじさんが想像できる。

やはり僕が考えていたとおり、お酒を持ってぼかせば、どんな背景だろうとそれなりにおしゃれな写真を撮ることが可能だった。

やってみて感じたのは、予想以上に写真を撮るのが難しいということだ。こういったことにもおそらくノウハウが存在して、美しいやり方というのがあるのかもしれない。インスタグラマーの人に上手い撮り方を聞いてみたい。
鬼ころしは公園などで写真を撮ると最高にカッコイイ。
鬼ころしは公園などで写真を撮ると最高にカッコイイ。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓