みじかい記事 2017年5月26日
 

工場が店内にあるスタバのインスタ映えがすげえ

フィルターかけてません
フィルターかけてません
スターバックスコーヒーはシアトルが本拠地である。
空港から住宅街、スーパーのなかまで街中のあちこちにスターバックスがある。

そのなかでも特別おしゃれと言われている店に連れて行ってもらったのだ。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

店内に工場がある

その店は、スターバックスリザーブロースタリー。
入り口で妻とはしゃいで写真を撮っていたら中からガヤガヤと人が出てきたところ
入り口で妻とはしゃいで写真を撮っていたら中からガヤガヤと人が出てきたところ
このスタバがすごいところは店内に工場があるところである。

ビールにしてもまんじゅうにしても工場でできたてを食すのはわかりやすいエンターテイメントである。だから店内に工場を作ってしまったのだろう。

スターバックスの工場に店舗を作ったのではなく、店舗に工場を作ってしまったのだ。こういうところアメリカすげえなあと思う。
猫カフェならぬ工場カフェである
猫カフェならぬ工場カフェである
こんな機械がどーんと店内にある
こんな機械がどーんと店内にある
じゃーんと豆が出てくる
ここで大量のコーヒー豆を焙煎している。豆が多いぶん、香りもすごい。焙煎されたコーヒー豆は管を通ってカウンターに送られている。
釜から出た管がにょーんと伸びて
釜から出た管がにょーんと伸びて
カウンターへ。パチンコ屋のようだ。
カウンターへ。パチンコ屋のようだ。

袋詰めもしている

焙煎した豆はその場で飲むだけではなく、持ち帰り用の袋詰めもしている。袋詰のラインは焙煎にもまして立派な工場だった。
いかにも工場というコンベヤの上を袋詰されたコーヒー豆が進む
いかにも工場というコンベヤの上を袋詰されたコーヒー豆が進む
ラインを操作するためのパネルも本気の工場仕様である
ラインを操作するためのパネルも本気の工場仕様である
こちらは焙煎しているラインの操作盤。おもしろそう。
こちらは焙煎しているラインの操作盤。おもしろそう。
回転焼き(大判焼き・今川焼き)ができているところをじっと見てしまう気分である。
当然、このコーヒーは店内で買えるという抜かりなさだ。さすが消費社会の先進国。

しかしインスタ映えがすごい

店舗なのに工場があって変わっている!という記事にしたいのだが、まったく変わった店のように見えない。むしろおしゃれである。
どこを撮ってもインスタグラムみたいな写真になってしまうからだ。
なんも色をいじらずにこのインスタっぷりである
なんも色をいじらずにこのインスタっぷりである
木製のテーブルも金属の什器も色のトーンがあっている
木製のテーブルも金属の什器も色のトーンがあっている
従業員の服装がバラバラなのに色の彩度が揃っている。ショッキングピンクの人とかスーパーマンのTシャツの人がいないのだ。
コーヒーセットもまたキラキラしている
コーヒーセットもまたキラキラしている
コーヒーにあわせて、ドライフルーツ、チーズ、チョコレートを味わうといいよ、というセットである。食べる順番も指定されている。
コーヒー飲み比べのセットを注文したつもりだったが英語が通じずこれが出てきたが「旅の醍醐味だね!」と言ってごまかした。
こちら妻が撮った食べかけのセット
こちら妻が撮った食べかけのセット
食べかけだってとんだインスタである。ここは何を撮ってもインスタグラムになる星なのだ。

本社は少しおもしろい

シアトルには店舗だけではなく、スターバックスの本社もある。
スタバの総本山と分かる建物
スタバの総本山と分かる建物
引きで見ると、「痛快!スタバ学園」みたいな雰囲気
引きで見ると、「痛快!スタバ学園」みたいな雰囲気
ネット情報では本社の下にも店舗があっておみやげが売られているとのことだったが店舗は閉鎖されていた。
なのにずかずかとオフィス棟に入っていったら、通りすがりの男性が店はクローズしたけどダウンタウンの店に行けばおみやげあるよと教えてくれた。親切。

というか部外者が入ってきてしまったので言わざるを得なかったのだろう。
こちらはちなみにグッズが売られているダウンタウンの一号店のロゴ
こちらはちなみにグッズが売られているダウンタウンの一号店のロゴ
一昨年、住さんとこの一号店に来たときに住さんがずっと「見えてますよ!胸が!胸が!」と言っていた。

アメリカ人はコーヒーを特別なものと思ってないか

去年、アメリカで乗ったウーバーの運転手が「ダウンタウンのお気に入りの店にコーヒー飲みに行こう。コーヒーを飲むと気分が最高に冴えるぜ!」と言っていた。

コーヒーごときでなにを言っとるのかと思ったが、どうやら欧米人はカフェインの耐性があまりないらしい。だからコーヒーをエナジードリンクのように捉えているのかもしれない。
日本のおばあちゃんが日本茶でカフェインがぶがぶ摂ってるのを知ったらびっくりするだろう。

スタバがあんな特別なものになっているのは、バーみたいな感覚があるのかもしれない。ないのかもしれない。
本文と全然関係ないんだけど、スタバに行った帰りに見かけたamazonの箱。捨ててあるんじゃなくて配達済らしい。
本文と全然関係ないんだけど、スタバに行った帰りに見かけたamazonの箱。捨ててあるんじゃなくて配達済らしい。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓