特集 2017年6月8日
 

磁石で浮かせるハンドスピナー

これをハンドスピナーだと言い張ります
これをハンドスピナーだと言い張ります
ハンドスピナー、ほしい。くるくる回したい。

あれがよく回るのはボールベアリングだから、つまり抵抗が少ないからだ。

じゃあ何かを空中に浮かせて回せば、もっと抵抗少ないんじゃないの?

作ってみました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「今年も「役に立たない機械」がやって来た」
人気記事:「マクドナルドが一斉に閉店した日」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

ハンドスピナーと言い張る何かを作ってみる

ハンドスピナーは長く回るほどいいものらしい。

じゃあ、ボールベアリングじゃなくて磁気浮上式にすればよく回るんじゃないの?

なにせ回転を妨げるのは空気抵抗だけだから。

というわけで、磁石で何かを浮かせて、それを回す、というものを作ってみることにした。

できたのがこちら。
磁石で鉛筆を浮かせている。
磁石で鉛筆を浮かせている。
なんだかよくわからない器具みたいですが、ちゃんと回ります。
セットする
セットする
セットするとちゃんと浮く。いよいよ回してみましょう。
回す
回す
おお、回ってる!

でも全然ハンドスピナーじゃないぞ、と思うかもしれない。その感想は正しい。

でも、一応手に乗る大きさなんですよ。
手に乗る
手に乗る
手の上で回転してるんだから、ハンドスピナーってことでいいじゃないですか。それに鉛筆が宙に浮いてるなんてロマンじゃない?

もう一つ、レゴバージョンもあります。
磁石でレゴの歯車を浮かせている。
磁石でレゴの歯車を浮かせている。
回す
回す
こっちのほうが精度が高いので、長く回る。いい感じだ。ぼくはこれをハンドスピナーと言い張るぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓