特集 2017年6月9日
 

NYのかわいい給水タンクと屋上論

ニューヨークのビルの上にいる、とんがり帽子のかわいいやつ。この給水タンクを愛でます。
ニューヨークのビルの上にいる、とんがり帽子のかわいいやつ。この給水タンクを愛でます。
過日ニューヨークに行った。すごく楽しかった。

この街の名物と言えば自由の女神だったり、エンパイア・ステートビルだったり、ブロードウェイミュージカルだったりだが、ぼくが夢中になったのはもっと別のものだ。

それは給水タンク。

これこそ真のニューヨーク名物だ。けっこう本気でそう思う。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「NYの廃高架再利用「ハイライン」がすてきだった」
人気記事:「チェルノブイリは「ふつう」だった」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

単純でいてかわいい形

冒頭の写真に写っているのが、がビルの上の給水タンク。その名の通り、ビル内に水を供給するためのもの。

ニューヨークに限らず、日本はじめ世界中のビルの上にあるものだが、この街のものは特徴的だ。だいたい同じ形をしていて、かつ目立つ。

これのどこが名物だよ、とお思いかもしれませんが、以下にだーっと給水タンク写真を並べちゃうので、とにかくご覧ください。だんだんそのかわいらしさがわかってくると思います。たぶん。きっと。
けぶるマンハッタンに、台にのってすっくとたつ給水タンク。
けぶるマンハッタンに、台にのってすっくとたつ給水タンク。
春の陽射しを受けてほほえむ(そうぼくには見える)給水タンク。
春の陽射しを受けてほほえむ(そうぼくには見える)給水タンク。
手前のビルと合わせ、シンメトリーにキメる給水タンク。後ろにもうひとりひかえているのも見逃さすべからず。
手前のビルと合わせ、シンメトリーにキメる給水タンク。後ろにもうひとりひかえているのも見逃さすべからず。
これも後ろにちらっと仲間が見えている。
これも後ろにちらっと仲間が見えている。
たいていハシゴが付いている。いつか登りたい。
たいていハシゴが付いている。いつか登りたい。
ポンプからタンクに水を供給するパイプの接続具合もキュートだ。
ポンプからタンクに水を供給するパイプの接続具合もキュートだ。
この画面にいくつのタンクがいるでしょうか。
この画面にいくつのタンクがいるでしょうか。
見渡すと、マンハッタンはこうやって給水塔だらけなのだ。
見渡すと、マンハッタンはこうやって給水塔だらけなのだ。
かわいらしい。じっと見てたら、だんだん生き物っぽく感じてきた。給水タンクの模型とかアクセサリーってないのかな。現地で探せばよかった。しまった。

NHKで「摩天楼の上に広がる “異空間” ニューヨーク」と題してこのタンクが登場するドキュメンタリー番組が放送されたらしい。見逃してしまったのでくやしい。もしや、と思ってNHKオンデマンドを見てみたが配信されていなかった。ざんねんだ。

ぼくがこれら給水タンクに惹かれたのにはいくつか理由がある。まずひとつは、単純に良い形だからだ。

円筒形というのがいい。縦横比も絶妙だ。とんがり屋根を除いた本体部分の高さと直径はだいたい1:1か、やや縦長のものが多い。ときにずいぶんとひょろ長いやつもいたり、逆にずんぐりしたやつもいるけれど、おおむねシルエットは正方形だ。
ときにはこういうずんぐりしたやつもいる。下のやつとプロポーションが違うのがいい。
ときにはこういうずんぐりしたやつもいる。下のやつとプロポーションが違うのがいい。
こちらは細長いタイプ。右のほうはふつうの縦横比。往年の刑事物ドラマのコンビのようだ。
こちらは細長いタイプ。右のほうはふつうの縦横比。往年の刑事物ドラマのコンビのようだ。
時にはこういうイレギュラーな形のものも。
時にはこういうイレギュラーな形のものも。
これも同じようなタイプ。ブルックリンでよく見かけた。地域性があるのかな。
これも同じようなタイプ。ブルックリンでよく見かけた。地域性があるのかな。
変わった形のものでびっくりしたのはこれ。
変わった形のものでびっくりしたのはこれ。
なんだかいろいろ装飾されてる。きらいじゃない。きらいじゃないけど、ぼくとしては「普通」を大事にしたいと思う。何そのこだわり。
なんだかいろいろ装飾されてる。きらいじゃない。きらいじゃないけど、ぼくとしては「普通」を大事にしたいと思う。何そのこだわり。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓