特集 2017年6月12日
 

古い機械を整備する悦びに震える

歯車とか真鍮とか鋳物とか銅ハンマーにピンとくる人に向けた記事です。
歯車とか真鍮とか鋳物とか銅ハンマーにピンとくる人に向けた記事です。
組立家具のように丁寧な説明書通りに作るものならなんとかできるが、それ以上のことはできない工作の凡人である。

そんな私だが、どうしても整備方法を覚えたい機械が家に溜まっている。そこで整備が得意な友人に講習会を開いてもらったのだが、料理や釣りとも違った達成感が得られる体験となった。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「ヘビイチゴを食べてみる」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

家庭用製麺機という機械を整備したい

私が整備したい道具とは、家庭用製麺機という歯車を手動で回す昭和の台所道具だ。小麦農家などで自家消費用のうどんを作るのに使われていた道具で、今なお現役の家庭もある。

電気やエンジンを一切使わない道具なので、物理的な破損がなければだいたい復活させることができるため、ものすごく狭い範囲でだが家庭用製麺機のレストアがちょっとしたブームになっている。多く見積もっても20人くらいだが。
整備するのは小野機械製造所の『小野式製麺機1号型両刃型』という名機。
整備するのは小野機械製造所の『小野式製麺機1号型両刃型』という名機。
家庭用製麺機というくらいなので、私はこれで麺類を作りたいのだが、食べ物を作るにはちょっと汚れすぎている。

そこで気持ちよく使うための整備方法を教えていただこうと、友人に講習会を開いていただいたのだ。
おそらく30〜40年前の機械。近くで見ると錆や汚れがこびりついている。
おそらく30〜40年前の機械。近くで見ると錆や汚れがこびりついている。
真鍮部分には青錆も発生。
真鍮部分には青錆も発生。
意外とパーツ数が多く、自分でばらして組み直せる気がしない。
意外とパーツ数が多く、自分でばらして組み直せる気がしない。
整備を教えてくれるのは、小野式製麺機A型という機体をレストアしたばかりの山田さんだ。

プラモデルでもパソコンでも犬小屋でも、勘所を押さえてテキパキと組み立てられる人がいるけれど、きっと山田さんはその能力者なのだろう。

講習会といっても興味のある人が世の中にそうはいないので、受講者は私だけとなった。場所はテクノ手芸部という活動をしているよしださんの事務所をお借りした。テクノでも手芸でもなくて恐縮です。
講師の山田さん。IT系の会社員だというが、きっと鋳物テクノロジーの略。
講師の山田さん。IT系の会社員だというが、きっと鋳物テクノロジーの略。
よしだ:「僕は製麺機よりもオーディオを作りたいんですよねー」、山田:「オーディオっていいですよねー」と、私の知らぬところで分かり合っていく二人。
よしだ:「僕は製麺機よりもオーディオを作りたいんですよねー」、山田:「オーディオっていいですよねー」と、私の知らぬところで分かり合っていく二人。

整備に必要な道具について

山田さんが用意してくれた整備用の道具は、以下のようなこだわりのラインナップ。この中で一番値段が高いのは厚みのあるステンレスのバットだが、洗面器でもバケツでも事足りるとか。

ただ使ってみると、やっぱりマニアが選んだ道具は使っていて気持ちよく、なくてもいいんだけど欲しくなっていく。あぶない、これは整備という名の沼だ。
ドライバーやピンセットへのこだわりも追って説明します。
ドライバーやピンセットへのこだわりも追って説明します。
ハンマーだけで樹脂、鉄、銅と3種類もある。
ハンマーだけで樹脂、鉄、銅と3種類もある。
製麺機の分解には必要不可欠だというピンポンチ。素人には使い道がまったくわからない。
製麺機の分解には必要不可欠だというピンポンチ。素人には使い道がまったくわからない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓