特集 2017年6月14日
 

北限よりちょっと南のハブに会いに行く

宝島で俺の宝探しをします。
宝島で俺の宝探しをします。
前回の記事では、トカラ列島の小宝島でついに北限のハブ「トカラハブ」に遭遇した。その勢いでトカラハブが住むもうちょっと南のの島、宝島を訪れた。

※トカラハブは毒が弱いとはいえ立派な毒ヘビなので見つけてもむやみに近づいたり触ったりしないでください。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「加計呂麻島 筒がある暮らし」
人気記事:「夏は池袋で毒づくし! 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

おれの宝島

小宝島を出たフェリーとしまは南下して30分ほどで宝島へ入港準備をはじめる。
この図でいうところのA。今のうちに言っておくけどBはハブ見つからなかったので記事にしません。
この図でいうところのA。今のうちに言っておくけどBはハブ見つからなかったので記事にしません。
渋谷から乗って明大前で降りたみたいな感覚で宝島へ上陸。
渋谷から乗って明大前で降りたみたいな感覚で宝島へ上陸。
大迫力の壁画、中央に金色のハブが描かれている。
大迫力の壁画、中央に金色のハブが描かれている。
民宿「とから荘」へ投宿。
民宿「とから荘」へ投宿。
宝島という名の通り、この島にはなんと17世紀のイギリスの海賊、キャプテンキッドが財宝を隠したという言い伝えがあり、スティーブンソンの有名すぎる冒険小説「宝島」のモチーフになったとも言われている。
民宿にも配本されておる!シルバー!
民宿にも配本されておる!シルバー!
19世紀にはこの島にイギリス人が上陸し、島の牛をめぐって殺傷沙汰を起こした。後の「異国船打ち払い令」施行のきっかけになったといわれている「イギリス坂事件」である。
事件の舞台となった「イギリス坂」の傍等に建てられた碑。
事件の舞台となった「イギリス坂」の傍等に建てられた碑。
「このイギリス人は隠された財宝を掘りに来たんじゃないか、いや違うかも」という説もあるらしい。なんともロマンあふれる島に上陸したではないか。

しかし、私が宝探しのパイレーツの一味だったらボスにこう進言しただろう。
「親分、宝島って言いますけど、じゃあ宝ってなんなの?って話だと思うんですよ。人にはそれぞれ違った価値観があって、宝といってもそれはお金かもしれないし恋人かもしれない、世界にひとつだけの花かもしれないですよね。この島にはトカラハブっていう大変珍しいかわいいハブがいるんですけど、僕にはそれこそがお宝なんですよ。そっちを探してきていいすか?あ、金銀財宝?ほしいですもちろん」そっこく解雇されそうだな、エイホーラム酒だしばり首。
目指すはこのヘビ。島の売店で売っているハブ注意ステッカー。
目指すはこのヘビ。島の売店で売っているハブ注意ステッカー。
そんな感じで宝島を舞台にハブと、できれば金銀財宝(中古のマンションを買いたいので2400万くらい、最悪4万でも)を探すハブクエストが幕を開けた。
75人で海に出て、生き残ったはただ1人。
75人で海に出て、生き残ったはただ1人。

宝の地図をゲット!

宿で、トカラハブってどのへんで見られますかねえとたずねてみた。主人は長く宝島に住み、昔はハブ捕りもしていたという。

「動き出すのは夜だけど、昼のうちから見たければ島の反対側の水源地へ行くといい。木に登っているから枝を探すといいですよ」

「そうだ、これをあげましょう」と地図をもらった。なんだこの宝島的展開は!
またお宝が水源地っていうのがいいじゃないですか。 ※赤字は筆者の画像加工 ※宝=トカラハブ
またお宝が水源地っていうのがいいじゃないですか。
※赤字は筆者の画像加工 ※宝=トカラハブ

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓