特集 2017年6月17日
 

爆発メイク、実家風プラモ屋 人気記事まとめ

!
こんにちは。デイリーポータルZ編集部の古賀です。

このまとめは6/8〜14にデイリーポータルZで公開された記事からのよりぬきまとめです。

今週掲載して話題になった「中華街に続く地下道の長い長い詐欺」。めちゃめちゃに長い地下道のようで実はそんなに長くない、という意外な場所でした。

これ、最初は「中華街に行き着く地下通路が吸い込まれそうな遠さ」というタイトルだったのですが、ライター井上さんと、実はそんなに長くない、ということがタイトルで分かるようにしたいですよねえという話が出てこのタイトルになりました。

「吸い込まれそう」というのも記事にあっていて怖い感じが出てるのですが、「長い長い詐欺」という絶妙に声に出したい日本語が出てきたのでガッツポーズです。

!

今週の役に立ったりちょっとためになる記事


実家感のすごいプラモ屋を見た

2017年6月13日公開 ライター:大北栄人

“玄関開けたらプラモが山積み。なるほど、こういうことか。

“「どうぞどうぞご覧になってください」サービス精神がいきすぎてお風呂まで見せてくれる

“定休日は火曜日にしてたんですけど、みんな無視して来ちゃうんで、じゃあこっちもという対抗意識でこっちも勝手に閉めてますね
住宅街にある戸建て、なかは各部屋(廊下も!)ぎっちりプラモ! 1階は鉄道模型中心で2階はガンプラ。店だけじゃなくご主人の経歴も全部すごい。
住宅街にある戸建て、なかは各部屋(廊下も!)ぎっちりプラモ! 1階は鉄道模型中心で2階はガンプラ。店だけじゃなくご主人の経歴も全部すごい。

魅惑の甘いお茶「ウス茶糖」

2017年6月8日公開 ライター:鈴木さくら

“見た目は普通の冷茶に似ているが、飲むと口いっぱいにさわやかな甘さが広がる、ちょっと変わったお茶

“ うす茶あられはあられが入っているホットの甘いお茶で、ウス茶糖は主に夏に飲むアイスの甘いお茶だ。

“子どもの頃母が作ってくれた大好きな飲み物といったら、やはりウス茶糖だった
静岡ではメジャーだという粉末のお茶。東海地方だと名古屋の文化が目立ってますが、その影に隠れて静岡にも相当ネタが眠ってそうです。
静岡ではメジャーだという粉末のお茶。東海地方だと名古屋の文化が目立ってますが、その影に隠れて静岡にも相当ネタが眠ってそうです。

オリンピック競技になるかも知れない(?)「おはじきサッカー」とは!?

2017年6月14日公開 ライター:北村ヂン

“メチャクチャ細かくて繊細な戦いをしている!

“イタリアなんかにはプロの選手もいたりするんですよ。

“運動神経とか関係なく、おはじきサッカーの「才能」がある人がいたりするそう
おはじきと聞くと子供の遊びに聞こえますが、実は熱い試合が繰り広げられていました。アジア大会が足立区開催なのも意外!
おはじきと聞くと子供の遊びに聞こえますが、実は熱い試合が繰り広げられていました。アジア大会が足立区開催なのも意外!

古い機械を整備する悦びに震える

2017年6月12日公開 ライター:玉置豊

“これは自力で引き返せるかわからない道を進む、整備という名の冒険の旅なのだ。

“何十年物の汚れが簡単に落ちていく。

“これなら新品同様といってもいいのでは。
歯車、真鍮、鋳物…アナログ要素しかない機械を分解して洗浄してまた組み立てる。整備自体が趣味! という深い世界に触れる記事。
歯車、真鍮、鋳物…アナログ要素しかない機械を分解して洗浄してまた組み立てる。整備自体が趣味! という深い世界に触れる記事。

中華街に続く地下道の長い長い詐欺

2017年6月12日公開 ライター:井上マサキ

“わ〜い中華街だ〜という観光気分が20%ほど冷える光景である。先が全然見えない。

“地上に出て長さを確かめてみるとそんなに遠くないのだ。

“突き当たりの部分に鏡がストライプ状に仕込んであるのだ。
みなとみらい線の元町・中華街駅。中華街へと抜ける地下道が消失点が見えるレベルの長さ…のようで実際はそこまででもないというトリッキーなことに。
みなとみらい線の元町・中華街駅。中華街へと抜ける地下道が消失点が見えるレベルの長さ…のようで実際はそこまででもないというトリッキーなことに。

48文字以内!新幹線で流れるあのニュースの書き方を聞いた

2017年6月9日公開 ライター:古賀及子

“短いニュース原稿は社内で「短文」と呼んでいます。

“48字、2つの文章、4:6でまとめる。数字でのガイドラインがある。これは国語のパズルだ。

“青森・大間産の1億5540万円の本マグロ、ギネス世界記録に。「セリで落札された最も高額なマグロ」
48字で2つの文章に。文章は前に内容、後ろに情報の構成で4:6でまとめる。ぱっと見て頭に入るあのニュースの書き方とは。
48字で2つの文章に。文章は前に内容、後ろに情報の構成で4:6でまとめる。ぱっと見て頭に入るあのニュースの書き方とは。

おたのしみいただけておりますじゃろうかしら。

新幹線の車両内に流れる電光掲示板のニュースはずっと好きで読んでいましたが、あるということはつまりちゃんと中の人がいるんですよね。

そりゃそうなんですが、お話をうかがって現場の様子にほんの少し触れることができありがたみが倍増しました。いよいよ新幹線移動では富士山見てるどころじゃないです。

続いてはチャレンジ系の記事をご紹介していきますよー! どうぞ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓