特集 2017年6月16日
 

不動の絶叫マシン、宮ヶ瀬ダムを味わい尽くす!

まさにクライマックス
まさにクライマックス
先日、デイリーポータルZ新人賞の授賞式が行われた。会場は僕がダム好きになったきっかけになった神奈川県の宮ヶ瀬ダム。なぜ宮ヶ瀬ダムなのかよく分からないまま、授賞式のあとに行うダム見学の引率を仰せつかり、受賞された方々や当サイトライター陣をご案内した。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「重要文化財になるらしい日本初のダムを見てきた」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


いきなり流木に興奮

授賞式が行われたのは、ダム湖畔に広がる公園の中に建つ野外ステージ。天気にも恵まれ、ほどよく日焼けしつつ無事に授賞式が終わり、一同はバスに乗って5分くらいの場所にあるダム本体に到着した。
授賞式の全景
授賞式の全景
集合場所の新宿からわざわざ1時間以上かけてやってきたのだ。ダム見学も授賞式と同じくらいの重要イベントだろう。バスを降りるなり、いや降りる前からみんなダムという非日常に興奮していた。参加者およそ30人が、いきなり目に入った「流木無料配布中」の柵の中に突進。これがいい、あれにしようなど、思い思いに流木を選んでいる。

まって、これから約2時間ダム見学なのだ。帰りにしてはどうか。あと使いみち。
わー流木だ無料だ
わー流木だ無料だ
ダム湖に流れ着いた流木を引き上げて配布している
ダム湖に流れ着いた流木を引き上げて配布している

動かない絶叫マシン

みんなにかかっていた流木の魔法が解けるのを待って、ダムの説明をすることにした。宮ヶ瀬ダムは主に神奈川県の水源と相模川水系の治水、そして発電の目的で造られたダムだ。特に水源として絶大な効果があって、水源を利根川水系に頼っている一都五県が水不足に喘いだ昨年も宮ヶ瀬ダムは水たっぷりで、神奈川県は悔しいくらい余裕を持っていた。
貯水量は芦ノ湖と同じくらいある
貯水量は芦ノ湖と同じくらいある
高さは156mで全国6位タイ、向こう岸までの幅は375mで、コンクリートのダムとしては日本一の体積を持っている。ひたすら巨大なのだけど、言葉で説明してもいまいちピンと来ないかも知れない。ならば身体で感じてもらおう、とダムの上から下を覗いてもらった。
うわー!!
うわー!!
高すぎるのと吹き上げる風とでまともに立てない
高すぎるのと吹き上げる風とでまともに立てない
高所恐怖症とか関係なくなると思う
高所恐怖症とか関係なくなると思う
写真ではそれほど迫力が伝わらないかも知れないけれど、読者の皆さんもぜひ体験していただきたい。高いだけじゃない、150mクラスのダムの上から下を覗いたときに見える異次元の光景を。
右上に見える黒い粒々は人である
右上に見える黒い粒々は人である
たぶん笑っていないと正気を保てない
たぶん笑っていないと正気を保てない
しかしなぜか離れられなくなる
しかしなぜか離れられなくなる
一様に引きつった笑顔
一様に引きつった笑顔
それにしてもみんないい表情だ!
それにしてもみんないい表情だ
というわけで宮ヶ瀬ダムの高さを味わってもらったら、次はダムの中を通るエレベーターに乗って下へ降りる。宮ヶ瀬ダムはダムの上と下をつなぐ通路やエレベーターが解放されていて、珍しく下から見上げることができるダムでもあるのだ。上から覗くのもいいけれど、個人的にはダムは下から見上げてこそだと思っている。
ダムの中の通路が解放されている
ダムの中の通路が解放されている

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓